おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

カテゴリ:癌( 24 )


脳腫瘍が消えたno,2・・・手の振るえ

e0097212_11484731.jpg

「脳腫瘍の事は分からんが、確実に手の震えは減った」

「腫瘍との因果関係は不明ですね」


その後も色んな症状でコツコツとハリ治療を続け・・・

「○○さんは鍼が強いから治療が楽です」


「ズ~~ンとこないと頼りないからな」

初診から1年程も経っただろうか


「昨日写真を撮ったら腫瘍が消えたそうだ」

「良かったですね」


「もっと驚くかと思ったが・・・」

「以前にも消えた事は有りましたし・・でもまだ油断は出来ません」

e0097212_11572299.jpg

「病院では、すごく驚いていたぞ」

「これから成人病の治療もしましょう」

「同意書を書くから、これからも鍼に行きなさいって」


ハリ治療で治ったとは言わないが、根気よく治療を

継続することで癌が消えたり、医学で説明のつかない

寿命の延び方をする患者さんは時々有ることも事実だ


現在も予防とその他の未病を治すためにコツコツ通院中


[PR]

by pcsoukoukai2 | 2017-05-08 16:41 | | Comments(0)

脳腫瘍が消えたno,1・・・腕の振るえ

「会合なんだが・・手が震えて困る」

「何か薬飲んでませんか?」


e0097212_16582596.gif


「大学病院で何ヶ月も調べて・・脳腫瘍だそうだ」

「脳では良性でも良くないですね」


「震えの薬で震えが酷くなる事も多いです」

「新潟大学にも検査を頼んであるらしい」


「鍼で震えが減る事も有りますよ」

「確かに楽になってるが・・頭の出来物はなあ~~」


治療を始めて1~2ヶ月

e0097212_17280356.jpg

「震えが大分減った」

「腫瘍が有っても減ったでしょう」


「大学で話したらビックリして鍼の同意書を書いてやるって」

「ではもっと免疫が上げるように頑張りしましょう」


[PR]

by pcsoukoukai2 | 2017-04-29 17:33 | | Comments(0)

ステロイドで圧迫骨折

e0097212_9273284.jpg

後数日で90歳になる私の父

リュウマチの薬を希望した時に癌になっても
酷くなっても苦情を言いませんと誓約書を書いた父

「わしは何で腰が治らん?」
「癌も有るし、ステロイドの服薬で骨が脆くなっている」

圧迫骨折を何度も繰り返し・・・

本人は80歳になって薬を飲まないのは文明人ではないと思っている

本人の強い希望で骨セメントをする事に・・・・

骨セメントなら1日で退院できるはずだった

ステロイド使用の為ハイドロアパタイトしか使用できない

手術をしても余り変わらない事が多いのだが

3週間安静の間に動けなくなってしまった

ステロイドの服用で粟粒性肺炎
e0097212_9425178.jpg

2日後死亡

家に居た時はお灸をして肺炎は収まっていたが・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2016-06-02 09:43 | | Comments(0)

再発性の肺癌・・・CEAが4,6

e0097212_22484976.jpg

昨年の春に、最初は極小さな胃癌で手術をしますとの事で・・・

お腹を開けてから、全て摘出になったとか・・・

「わしは全部、胃を取った筈なのに、ご飯が沢山食べられる・・何でじゃろう?」
「思ったより軽かったのでしょう」

そうは言ってみたが・・・多分そのまま何も出来ず、閉じたのでは?

「脳梗塞も3回してますし・・・免疫を上げるのに、こつこつと針治療をしましょう」
「今から、如何なるのですか?」
e0097212_2253440.jpg

月に何回か・・・治療を継続・・・・何年も何年も前から、癌は在ったはず

去年の暮れには、肺がんが見つかり・・・内視鏡で摘出

そして今月
「肺癌が再発したらしいが、このまま様子を見ましょうって言われた」
「年を取ると、進行しない癌も有りますよ」

「血液検査の結果が、有ったら見せて下さい」
「・・・・・・・」

次回持参された結果を見て私が驚いた

なんと・・・CEAが4,6・・・普通なら、0が幾つか着いていそうな状態だ

「思ったより・・・可也、具合が良さそうですよ」
「そうですか?」

「今の結果を見ると・・・Mさん、癌では死ねませんね」
「あはは・・・もう死んでも構わんが・・・・嬉しいです」

以前も末期の肺癌の70歳の患者さんで、不自然に何年も生存された

私の祖父や何人かの患者さんで・・根気良く、針治療を継続し

病院の診断とは別の結果を見ることも有る
e0097212_0562220.jpg

癌になって突然、鍼治療って言ったり、逆に急に来院されなくなる患者さん

1センチの癌が出来るにも、何年も何年も必要だ。

自分の命は自分で管理出来る心が必要だ
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2013-10-10 00:56 | | Comments(0)

癌・・・即日検査可能な施設の筈

医療ミスの固まりの様なM爺ちゃん       
初回は筋膜炎で筋肉を削除され腰痛の悪化

10数年前には・・2箇所の整形『公立を含む』へ2年間も毎日通院
「ワシャ~脊柱管狭窄症で・・中々治らんが」
「Mさん。これは血管の病気です。もう1度検査してもらってね」     
e0097212_6124295.jpg

バージャー病・・・2年もの間、簡単な質問もしていなかったのだ
医師は間違いを中々認めなかったが
問題を指摘後ようやく血管の手術で復活

昨年から10年ぶりによく来てくれている
複視などは直ぐ治ったが・・・
再三の脳梗塞で困っている

アスピリンの効果を疑って抵抗性の検査を依頼するも
鍼灸師からの依頼のため拒否
突然、勝手に薬を減らされる

今回は胃がん
以前から免疫が落ちているのだろうか

「ごく初期です・・内視鏡で簡単に取れますよ。」

1ヶ月半も放置の末に
「大分悪性ですから・・胃は全部取ります。」
e0097212_6143459.jpg

ところが・・・そのまま閉じてしまった
県内2番目に即日検査可能な施設の筈

進行していたのだろうが・・・何故最初に?・??
責任はどうするのか・・・・・・・・・・・・・・・

「わしは、全部胃を取った筈だが・・・いつも通りチャンと飯が食えて美味い。何でかの?」
「・・・・・・・・・軽かったのではないですかね?」
本人も気付いて来ている様だ・・・・
僕は嘘が下手
こんな事しか言えなかった

患者は主治医より私を信頼してくれ
私の言葉に・・・何も言わない

後は鍼治療で何処まで免疫を上げ、永らえるか
これ以上、無用な治療が無ければ・・・・
鍼治療により苦しまないで最後を迎える事が出来るかも
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2011-07-08 06:16 | | Comments(0)

「もうかる」癌と虚偽の告知 

e0097212_2145779.jpg
 
「もうかる」からと癌と虚偽の告知 元理事長が誘う 逮捕された元勤務医の証言

 奈良県の大和郡山市内の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)にて肝臓手術を受け死亡した男性患者で当時(51)の事件だが・・・

元勤務医塚本泰彦容疑者(54)で業務上過失致死容疑で逮捕済みの「元理事長に『肝臓癌という事にして手術しよう。もうかる』と言われた」と県警の逮捕前の事情聴取で話していたことが2月8日の捜査関係者への取材で判明した。

 当時、放射線科医が男性の肝臓腫瘍を検査して良性と診断していたことも判明。

 元理事長山本文夫容疑者(52)=同容疑で逮捕=らは男性にがんと告知し手術を受けるよう説得したとされ、県警は山本容疑者が持ち掛け虚偽の告知をし、手術したとみて捜査中で、手術に絡む診療報酬額も調べる。

 捜査関係者によると、塚本容疑者は2006年3月末、山本病院の常勤医として赴任し、男性の主治医になった。4月中旬、がんと告知した。6月に手術があり、男性は死亡した。
e0097212_21473432.jpg

 塚本容疑者は逮捕前の任意の事情聴取で、手術は山本容疑者の指示だったと説明。「腫瘍は良性と分かっていた。(病院に)来たばかりで断れなかった。長く勤めたかった」と話した。

 一方、放射線科医は塚本容疑者が赴任する前の同年3月、コンピューター断層撮影(CT)で男性の肝臓に影があるのを発見。がんの疑いもあったが、詳しい検査の結果、良性の肝血管腫の疑いがあると診断したという。

 男性の日記によると、病院側は告知後「手術するしかない」などと繰り返し手術を勧めていたとの事だ。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2010-03-07 21:47 | | Comments(0)

薬あるとて毒は飲むべからず

e0097212_1093192.jpg

子宮ガン再発のYおばあちゃん癌の転移の為かアチコチ痛みもひどく・・

「足も痛いし、腹も・・眼もだんだん悪くなって来る」
「あまり動かないで無理をしないように・・・」
聞こえてはいない

「癌が再発したら困るでしょう」
「え~・・・え!!ワシはそんなに悪いがけ・・何にも出来んがなら・死んだ方が良い」

「いっぱい仕事をしてるでしょう。少し減らしたら・・」
「な~んも・・しとらん」

家の人は誰もお婆ちゃんの作った野菜を食べず・・スーパーで買っているらしい

毎日畑で忙しく・・雪の降る日もいろんな事を・・蓄財はかなりあり何もする必要は無い

生き甲斐と言えば良いのか・・時間を惜しむように一生懸命に働く・・・命を削りながら
e0097212_1022318.jpg

もう使う薬も無く、先は見えている。死ぬのはそれでも嫌なのだと言う

気になると・・あちこち病院へ連れて行くまで駄々をこねるらしい・・・そして

「あそこの病院は何にもしてくれん」を繰り返す
勿論・・ハリで免疫を上げよう等とは、思ってもいない

「あ・・・の・・今日はシップだけ欲しい1袋だけ・・お金・・・いくらけ」
「はい250円」

財布には勿論、何万円も・・・イッパイに入っている・・・お婆ちゃん所有のアパートも何軒かある
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2010-01-31 10:23 | | Comments(0)

肺がん???

e0097212_0212761.jpg

1ヶ月ちょっと前から時々腰痛と足の痛みで来院の僧職Kさん常に軽い咳が初回から継続している。

聞くと・・・可なり以前かららしい。風邪の咳とも違う、喘息やアレルギー性でもない・・・・

暫く様子を見ても、変化が無いので・・・咳の鍼をしてみる事3回普通なら治っても良さそうな筈だが、効果が少ない。

初期のギックリ腰はすぐ治ったものの、足も少し治りが悪い・・・この様な時は良くない病気が隠れている事も多い

若い頃屋根から落ち首を痛めたまま・・との事。確かに頚椎7番辺りが悪いと咳は出易い。しかし・・それとも・・

「Kさんこの咳は少し変です。大きな病院で検査を受けてみませんか。」
「イヤ・・私は声を出す職業だからハハハ・・・」

10年前に検査をすすめて、6~7年間も必ず毎月T大学付属の呼吸器科で受診されていたNさん3年前にようやく肺癌が見つかり・・
e0097212_03443.jpg

その時はすでに5センチ。かなり大きく成長(担当医の顔が見てみたい・・指導医も一緒に )・・即、切除はしたが、可なり転移が心配だ。

せめてもの救い?は高齢であり、そして女性は肺がんの生存率が何故か比較的に良いといった根拠の無い望みのみ・・・・

夫婦そろって癌になり・・・数日前ご主人を見送る事に・・どんな気持ちだったろうか・・・・

他にも検診を何回も勧め何年間も放っておいた、故(Tさん)ついには家族に連絡をして検査をしてもらうが

すでに末期で治療の仕様は無く・・・・担当医は・・

「ハリで楽に、なるなら・・・ハリの先生に治療をしてもらって下さい。」
確かにハリは麻薬が効かない呼吸の苦しみも、いくらか楽になる。だが・・・・

くり返し奥さんにも“悪性腫瘍ですから受診して下さい。”と言った筈だが・・・

多くの苦しみを越え亡くなった時・・・「癌なら癌と言って欲しかったです」

いまさら何と言うことを・・・私の話は何だったのだろう・・・・しかし最後の医師の言葉は
「なぜ今まで生きられたか分りません。数年前に無くなっていた筈です。不思議なことです。」
e0097212_0424983.jpg

「先生、私は満足です。苦しいと言うことも無く・・こんなに長く生きていました。本当にハリのお陰でした。」
それが意思も通じず・・たいした事も出来なかった・・・私の唯一の救いだった。

何も出来ないなんて・・・人の死にめぐり合う機会の多い仕事ではある。だが、もうこんな思いはしたくない。

治療法が無いからこそ、やはり検査が必要なときもある。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-12-21 00:43 | | Comments(0)

申告で・・くたびれもうけ

e0097212_15394015.jpg

完璧主義で頑張り過ぎのため・・先ごろ癌の手術を受けたばかりのNさん

少し症状も落ち着き始めたころ・・・申告のシーズン・・・掛かった医療費の還付請求でも・・・

どんなに得をすると思ったのだろうか?

資料を集めるのにまず一苦労、記入とまとめで・・・・役所へ持っていって、色々貼り付け記入・・よし

「ところで保険から下りた分はいくらですか?」
還付分もあれば・・支払い分もある・・・・知らなかった

そもそも高額医療で健康保険から可也戻っている分をもう一度還付は出来ないだろうに・・・・

「保険の分・・申告するんですか?」
「当然です。」

結局・・・還付どころかもっと税金が増えただけだったようだ。

医療費の還付請求をしても・・思ったほど得をしない事を、みんなは余り知らない

癌で体力を無くし・・休めなければいけない身体・・・さして得にもならない無理をして・・
e0097212_15453581.jpg

再発でもしたら如何するのだろう

昔から難病では、助かるか如何か?は・・このような生活姿勢が治せるかどうかに掛かっている。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-26 15:44 | | Comments(0)

癌の手術の必要性は?

e0097212_0103213.jpg

日本でも最近は、胃、大腸。乳癌の初期が治るように?成って来た

原因として昔は発見出来なかった極初期の癌がカメラの発達により発見し易くなったからだが・・

アメリカで癌死が減ってきたのは胃、大腸。乳癌の初期の発見に努めてからだ。

それ以外では余り治療の意味が無く、胃がんでさえ初期以外の10年生存率は50年前と変わらない

手術前に病理で癌の悪性度・・・つまり周りの細胞に対する浸潤性(正常細胞への溶け込み方)を見るのだが・・・

悪性度の低いものも一様に切除してはいないだろうか

放置してもあまり変化の無い腫瘍も有るのでは?

手術によって悪化を招くと分かっている患者に対する手術の横行・・・

我々が新米の医師の練習代になる必要も無く、病院経営の助けをする必要も無い
e0097212_0223978.jpg

日本で治ったと言っている“初期の粘膜上の腫瘍”は外国では癌とは言わない。

日本人も自ら免疫を上げる事を学ぶこと・・・

治療を選ぶ権利を行使する事

“未病を治す”・・・・数千年前からの声である
e0097212_0192880.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-22 00:22 | | Comments(2)