おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


目から“血”が・・・

e0097212_2324131.gif
10年前の真夜中2時位だったろうか? 4歳の娘が、鼻を押さえて泣いている。気丈な子で、チョットの事では、泣かないのだが・・・・違った・・涙ではなく・・血だった。

「どうした?」
「父さん、目から血が、出てきた~。」
見ると本当に、目から“真っ赤な血”がポタポタと、流れ出ている。
「どうしてなった?ぶつけたのか?」
違うらしい・・・

「鼻血が出て、抑えたら、目から血が出てきた。」
小さな子供は、よく鼻血を出す。うちの娘も4~5歳の頃は、多分に漏れず、よく鼻血を出した。
e0097212_2395850.gif
「よし、直ぐ治してやるぞ。下を向いて。」
普通は(簡単な治療)で、直ぐ治るのだが・・・・・止まらない・・・?

「じゃ、横になって、ちょっと我慢しなさい。」
確かに鼻血は、普段良く診るだが・・・目を真っ赤にして、ボタボタ血が流れ出ているのは、初めてだ。

「我慢できるか?」
「・・・・」
じっと、堪えている。左右7~8本、ハリをする。首が緩んできた。・・・・

「これで良くなるから、もう少し座っていてね。」
座らせる。・・・・寝ると、出血が多い時は、咽を塞いでしまう。目からは、すでに出ていない。

「もう大丈夫か?手を離してみて。」
恐る恐る鼻から手を離してみる・・・・出てこない。娘も私もホッとした時・・・残っていた血の塊が、大量に“どろり”と出て来た。・・・・・びっくりするが・・・

「大丈夫。鼻に残っていた分だから、もう治っているよ。拭いてあげるから寝なさい。」
「うん。」
安心して横になる。・・・やっぱり気丈な子だ。お兄ちゃん達では、こうは行かないかも?

「おい。母さん“美佐が“鼻血を出したから、拭いてやってくれ。」
“爆・寝・中の妻”は、この大騒ぎの中でも、全く気もついていなかった。

「眠い。明日、明日、・・・むにゃ~・・・・・。」
「美佐が、すごい鼻血だから、何とかしてよ。起きて!!」
e0097212_032618.gif
チョッと脅かす。・・寝たら、まず起きないのだ。そのくせ、目覚ましのベルが鳴ると、サッと起きて、かって見ないスピードで・・・何か・・やる?「目覚ましを、サッと止め・・寝る。」・・・だが・・当人“朝”には、全く覚えていない。

夜遅くまで作業をしている時等、寝れない私は・・時々からかう。(7時だ、起きて!!)とか言ってみる。・・何故か・・時計をくるくる回している・・? “7時”を認識したいのか・・・? 寝ぼけて、何をやっているのか・・分っていない。先日は、懐中電灯を目覚ましと思い、カチカチやっていた。・・・

「何だ・何だ・この血は、どうした?」
でも、今日は偉い? これだけの騒ぎで、やっと起きたけれど・・・大したものだ・・・・?

e0097212_042479.gif「さっきから起こしてるのに、何を言っとる。何とかしてくれ。」
ようやく? 状況が・・わか・り?・・・行・動・へ・と・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-29 23:30 | 耳鼻i咽喉科の治療 | Comments(0)

気?

“若さ”とは、ただ其れだけで、すばらしい。・・・・今信じられなくても、どんな辛い事だって,必ず解決してくれる“時間”がある。“生きている。”それだけで、良かったと、思える時は必ず来る。例え体が、動かなくとも、色んな可能性を秘めて、・・溢れるエネルギー、みずみずしい肌、命の象徴・・・・
e0097212_23461146.jpg

これが“気”と言うものか?・・と思える時がある。・・・気分も明るく、鉛筆も軽くなる。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-28 23:56 | 昔の絵とデッサン | Comments(0)

耳鳴り・・・あの音を消してください。

e0097212_2245767.gif
「あの~、いつも何か音が、聞こえるんです。」
まさか・・・天の声では。当院では幻聴、幻覚を天の声と呼んでいる。

「どんな音ですか?」
「ブーンとかキーンとか、ですけど、」
ああ、良かった。普通の症状だ。

「いつから?」
「2~3週間ぐらいですか・・・」
よく来ている患者なのに・・・・

「前回どうして言わなかったの?」
「悪いところがあまり多くて申し訳なくって・・・。」
最近はだいぶ具合が悪そうだ。無理をしているのかな?

「それに忙しくって」
「お父さんも具合が悪いしね。」
「はい。」
梗塞の後遺症でご主人の具合が良くない。仕方が無いか?

「疲れとストレスでしょう。チョット、うつ伏せになってね。」
「あの~何かブーンと言っている、あれ何ですか? 音止めてください。」
何のことだろう?今は機械も止まっているし、冷蔵庫も・・・
e0097212_2222144.gif
「ピーとかウーとか・・」
「えっ、あの音楽のことですか?」
ここは治療院だから、静かな音楽しか鳴らさない。曲もゆったりした、シンセサイザーの曲だ・・・

「これでも、五月蝿いですか?」
「ええ、頭が痛くなってきて、めまいが・・・」
CDをすぐ止める。

「よほどのストレスですね~。無理して働いてるんでしょう。」
「お父さんが働けないし・・・」

「夜もあんまり寝てないんです。」
「大丈夫、必ず良くなります。今日は寝れますよ。」

「ハイこれで横を向いてね。」
背部と横の治療が終わる。
「あ!!やっと普通に聞こえる。吐き気もなくなってる。嬉しい。」

「今は治っていますが、無理をすると、本当の病気になりますよ。養生が一番ですよ。」
「私が働かないと食べて行けないんです。」
・・・短き紐の端切るが如し・・・・よく言ったものだ。

「そうですね、我々庶民は誰も守ってくれない。食べるのが精一杯の世の中ですね。」
「この前、お父さんが梗塞になったときも施術代が無くて、止めたんです。」
確かにそうだった。

「アハハ・・今度なったら放っとくか、一緒に死ぬかです。」
「・・・・・・」
e0097212_2213475.gif
「大丈夫ですよ。世の中そんなに捨てたモンじゃないですよ。それに助成制度も有りますし。」
言った後で気がついた。助成制度なんて殆ど役に立たない。この人たちはどうなるのだろう?

「今回だって、死んでいたかも知れない位だって、言われたんです。」
「じゃ、ここへは、来なくていいから“毎日お灸”をしたら、実験でも手と足にお灸をすると“頭の血管を広げる酵素”が何倍にも増えるって、分かっていますよ、ご主人は普通とは逆に、お灸は怖くないのだし。」
ご主人は怖くて、発作の時しか来ないのだ。

「今度発病したら、僕では無理かもしれませんしね。」
「そんな事言わないで・・・」

実際かなり、動脈硬化は進行しているのだ。次はどこで治療しても難しい。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-26 22:14 | 耳鼻i咽喉科の治療 | Comments(0)

中国古代鍼研究会 ― 予防医学

やはり20年前に、年賀にした原稿です。私が所属していた、中国古代鍼研究会(別名→原典会)にて使用していた、テキストを使ったもので、昔の人はみな100歳までも、元気で長生きをしたが、今の人は、ストレスなどで、すぐに死んでしまう。といった予防医学についての内容だが(4千年前の編集らしい。)・・・・何千年も前も、やはり同じだったのだろうか?・・・・
e0097212_14303135.jpg

今は無き、柴崎先生の折角のご努力の、皇帝内経の解説書、全48巻、当時私は、お金が無く買えませんでした。申し訳ございません。(実は、今も有りません。・・・・県組合も、所蔵していますが・・・)
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-23 14:54 | 年賀になったイラスト達 | Comments(0)

子宮ガン?

e0097212_14255964.gif
前回登場して頂いたパニック障害のAさんのおばあちゃん。
「足の付け根がいたくって、内科の紹介で総合病院でずーと検査しているのですが・・・」
痛そうに腰を曲げて。下腹部から陰部を押さえて・・・・

「いつから?」
「だいぶ前からなんだけど。ハリに行こうと言うと怖がって・・」
心配そうにAさん付き添いながら・・あなたも最初は、随分怖がっていましたよ。

「だいぶ検査を続けていますが、まだ良くわかりません。子宮ガンですかね?」
「じゃ、ちょっと上を向いて。」
痛いらしく、膝を曲げながら・・・・おなかを触ってみる。

「たぶん腰でしょう。子宮ガンなら、この痛みでは、触ってもわかると思いますよ。」
「えっ、腰で“こんなところ”が痛むんですか?」
こんな症例は、たくさん有るのだ。
e0097212_14181853.gif
「でも近所でも総合病院のNでも判らないと・・・」
「内科でしょう?」
内科では無理かも・・・・それに病院はまず検査をするのが仕事だ。病名が確定するまでは、何もしない。

「じゃあ、治療して見ましょう。うつ伏せが、辛ければ横向きでも、好いですよ。」
当然横向きで・・・

「ハイ、ちょっと押すね。」
マッサージをしてくれると思っているらしい・・・

「あっ、ああ、驚いた!!」
「でも、痛くなかったでしょう?」
ちょっと骨を矯正したのだ。

「これで上を向いて。もうちょっと我慢してね。」
「はい。」
足は、もう伸びていた。

「はい立って見て。」
「でも・・・」

「大丈夫、今は足を伸ばしても、痛くないでしょう。」
「本当だ。????」
恐る恐る立ってみる。・・・・
e0097212_14191918.gif
「痛くありません。」
「ほら大丈夫だったでしょう。子宮ガンじゃ無いと、思いますよ。」


「じゃなんで今まで、判らなかったんですか?」
「なんとなく判っていても?病院では病名が決まるまでは、何もしないんですよ。・・・其れに、内科でしょう。」
少し安心出来たかな?

「大丈夫だったら服を着て良いですよ。これで様子を見ましょう。」
「はい、そうします。」
その後2~3回で、例の症状は消え、酷くならない様、予防の治療に見えている。・・・・後から判ったのだが、・・幹部に直接針をするのかと思い、余計に来づらかったらしい。

折角だからと、検査の継続を勧めたが、その意思は、すでに無くなっていた。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-23 14:28 | 婦人科の治療 | Comments(0)

20年前の長男です。

神奈川へは、絵の道具は何も、持って行ってなかったので、1粒1粒ペンで点を書いて、何とプリントゴッコで、作ったのでした。
e0097212_20553428.jpg

35歳になって、出来た長男・・・ただ可愛かった。一生懸命にペンで・・・・・つん・つん・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-21 20:55 | 年賀になったイラスト達 | Comments(2)

赤ちゃんの激しい下痢

e0097212_1837875.gif20年前、私が今より“ズート未熟”な・・・・・パソコンで言えば、やっとワードとエクセルが使えるようになった位の、初心の時・・・私の子供が“激しい下痢を起こした時”の事です。

「お父さん大変。20~30分毎に水様便が出て止まらんよ。赤ちゃんが死んじゃう!!」
「そりゃ、直ぐに病院に連れて行かなきゃ。」
・・・私は動転していた。・・・・急いで小児科へ・・・・
e0097212_18385470.jpg
「もう大丈夫かな?」
「うん・・どうだろう?」
しかし、いくら待っても、一向に変化は無い。

「ああ、もう3日になる。・・・・・どうしよう。・・このままじゃ大変だ。」
子育てに慣れていない“親の私”は、・・・とにかく不安だった。

「よし針をしてみよう。」
・・・自分が“鍼灸師で有る事”もすっかり・・・・・忘れていたのだ。・・

「こんなに“ひどい下痢”鍼で治るの?」
「やって見なけりゃ、判らんだろう。」
新米の鍼灸師とその妻は、赤ちゃんの服を脱がせ、・・・必死だった。・・

「抱っこしてて。・・・」
「えっ!! 刺さなくていいの?」
そう、赤ちゃんには、まず刺さない。・・・それで大抵は治っていく。刺激が強ければ、逆に熱を出したりして・・悪くする事もある。

「赤ちゃんに刺して、どうする。痛くないように擦るだけで、治るものだ。」当然と言う風に・・
しかし当然?・・・?・・・1回目の治療・・・・?

「治らんな~?・・」
・・気を取り直して・・・・どこが、悪かったんだろう?・・もう一度・・・・

「よし今度は・・・・」
赤ちゃんをよく観察。そして触ってみる。・・・・・・嫌がらない箇所が在った。
“よし、此処だ。”
「今度は、嫌がらないし、・・・どうだろう?」
またまた、痛がらないよう、丁寧に針先で、2~3分擦る。・・・・・
e0097212_18421764.gif
「しばらく様子を見よう。」
30分後・・・また、下痢・・・

「ああ、駄目なのかな?」
あまりの無力さに、焦燥感がこみ上げ、我と我が身を哀れみたくなっててくるが・・・

「ひどい下痢だものね~。薬もまったく効かないし・・・・」
しかし、治療の後・・最後の1回の下痢だった。・・・ぴたりととまったのだ。・・・

「“バンザイ”・・やった。・・・効いたぞ。・・」
「ああ、良かった。」
正に“ホッ“とした。・・・・・・・

「子供が治った。本当に良かった。やっと安心して休める。」
治ったと言うより“助かった”といった感じだった。
e0097212_1844133.gif
「諦めずに、“ハリを信じて”治療してよかった。」
「そうだね!だいぶ心配だったけど。・・・」

赤ちゃんの治療に全く慣れていない私に、ようやく自分が鍼灸師である事の実感が、沸いてきていたのは、だいぶ後からだった。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-21 18:45 | 小児の治療 | Comments(0)

蕁麻疹?アトピー?

e0097212_21531936.jpg
もう10年も前の事、以前に立山中腹から来てくれていたHさん。
「うちの孫が、蕁麻疹で毎日注射か薬を使わないと・・・ひどいんです。」

「蕁麻疹ですか?いつ頃からですかね?」
「3年前からで、」
「何歳?」
「4歳なんです。」

「Hさん蕁麻疹は、罹って2週間位までですね。それ以上長引いているのを“アトピー”と言うんですよ。」
「えっ、本当ですかアトピーにもう、成っているんですか?」

「蕁麻疹とアトピーは同じものですよ。“長い間治らない症状”をアトピーと言っているだけです。」
「じゃ、大変ですよ。どうしたら善いんですか?」
案外みんな病名で、良い悪いを決めてしまう。・・・病名が付くと安心する・・・?

だから医者は、何でも好いから、適当に病名をつける。これが病気を治りにくくしている。
「一回診てみましょうか?」
「針で治りますか?・・・・?」
不思議そうに・・・

「やってみなければ判りませんが、でも体は本来一つの物でしょう。」
「????」

「頭が自分で、足がお母さん。なんて事は無いでしょう。」
「そうだけど・・・アトピーですよ。」
ますます解らなさそうに・・・
e0097212_2156934.gif
「漢方では、病名は関係ないのですよ。風邪だって初期と、こじらせてからでは別物なんです。」
「どうして?」

「大抵、初期はゾクゾクとして寒いでしょう。それから熱が出て、咳も出て、痰や鼻もでる。」
「ハイでも風邪です。」
免疫マクロファージやN K細胞が、活躍するときだ。

「初期のゾクゾクとして寒い時は、体の表面が悪い。だから汗が出ないでしょう。」
「あ~、そうですね。」
気化熱が働かないから熱が出る。・・・・「葛根湯」を飲んで、汗を出す時。・・・針も汗を出す治療をする。

「それをほっておくと、中に熱がこもる為、頭や腰も痛くなる。」
適度の体温でウイルスが増えてくる。・・・熱が高ければ「麻黄湯」  
もう、マクロファージは働けない。・・新しく獲得系の免疫を作る時。・・・・

「ばい菌が増えて、だんだん酷くなると咳、鼻、痰、と出ますね。」
そろそろ、「小青竜湯」かな・・・
「はい。」
しかし新しく抗体を作るのに2週間は、掛かる。だから長引いてくる。・・・・「小柴胡湯の証だ。」

「でもあなたは、大抵パッと熱が出て、直ぐ治るでしょう。」
「そうですが・・?」

「だから、葛根湯で良いけれど、お宅のおばあちゃんは、汗は出るが、何時もあまり熱が出ませんね。」
「はい。」

「汗を出す必要が無くなっている。だからゆっくり治す時には『桂枝湯』と、同じ風邪でも違うのです。」
ドンドン解らなくなって来た。・・・でも、私のことを信じているらしく・・・・

「先生、孫です。診てください。」
「へ~、大きくなったね。いくつ?」
「4さい。」
指でやってみせる。・・・・後ろでお母さんらしい、・・・心配そうな姿。

「チョットくすぐるよ。こちょこちょ・・・・」
「あはは・・・」
その間に服を取ってもらう。もう一度・・・
「あはは・・・」

「抱っこしててください。」
針を見せずに、軽く全身を擦る・・・よし・・上手く誤魔化せそうだ。・・・

「もう一回くすぐるよ。こちょこちょ・・・・」
背中を擦りながら、こっちを向いてもらう。

「くすぐったいかな?」
「うん。」
「もう一度・・・こちょこちょ・・・・」


「ハイおしまい。面白かった?」
「うん。」
その間約5分・・・こんなんで良いのか?といった風のお母さん。

「またおじちゃんと、遊んでくれる?」
「うん。」
次も来てくれるかも?
e0097212_2215516.gif
5~6診目、
「先生あれから、蕁麻疹が出ません。」
良かった。効き始めたかな?

「もう薬はいりませんか?」
「もう少し様子を見てやめましょう。」
次回は、もう止めていた。・・・それ以後、あんなに続いていた蕁麻疹?は出ていない。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-19 22:28 | 皮膚科の治療 | Comments(0)

大切な・・・線

私は、線を大切にする。曖昧さは一切無く、しかし・・・やわらかく・・・・やさしく・・・
e0097212_2129352.jpg

線だけで、立体憾・重量・空間など、すべてが、描けていなければ、職人とはいえない。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-19 21:41 | 昔の絵とデッサン | Comments(0)

目が暗くて見えない!!

e0097212_034721.gif立山中腹から来てくれていたHさん。

「目が暗くてよく見えません。」
「どんな風に?」
「すごく暗いんです。」
多分、脳梗塞前兆。

「じゃ、チョット診せてください。」
いつもどうりの、私の治療をして・・・・・

「どう今は?」
「あ、見える。」
「普通どうりに?」
じゃ、余計悪い。脳梗塞の治療をしたのだから。・・・

「脳外科へ行って検査して下さい。」
しかし、意味が解からず眼科へ・・・・・e0097212_045423.gif

数日後

「目の奥の血管を焼く手術をすれば治るって・・・」
「いやHさん、それも、して良いですから、脳外科も行って検査して下さい。」
何回か、はり治療をすれば、眼科の治療よりは、良いだろう。しかし、あんなに遠方からでは来れないだろう。
「???」
何で?といった感じ・・・

「じゃ今はちゃんと見えるの?」
「やっぱり暗いです。」
「そうでしょう。じゃ、もう一度治療しますね。」
一通り治療をして・・・

「よく見えるようになりました。」
結局、脳外科へは、次回も行かなかった。・・・うちは何の機械も無いからな・・・・

その後ぷっつりと、来なくなってしまった。心配になって電話をすると・・・ご主人が・・・
「今いません。」
「前回、脳外科も行って検査して下さい。と言っていたんですが・・・・」
「脳梗塞で入院しています。」
あんなに言っていたのに。ご主人の話では、眼科では、4回同じ処置をして・・・不変・・・ある日、突然麻痺が、起こり入院したとの事。
e0097212_064468.gif
「こんにちは。」
「あ、Hさん体はどうですか?」

「退院したけど余り良くなくって・・・・」
仕方が無い。発病してしまってからでは・・・治療も大変だ。その後・・・・不自由な体では、此方までは来れず・・・・診ていない。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2006-11-19 00:07 | 眼科の治療 | Comments(0)