おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


治った・・・? 肺がん

e0097212_22571697.jpg

15年も前のことだろうか、私の祖父の肺がんが、何故か治った話を聞きつけたNさん。

「私は肺がんの手術を数ヶ月前にしましたが・・その後が毎日大変つらくて・・・」
体の真ん中から右半分ぐるりと切ってあった。進行癌だろうか・・すごい切方だ・・・・

もっとも肺がんは初期も末期も大して変わりはしないが・・・

「痛みは強いし下から厚いものが湧き上がってきて苦しくて・・・」
「痛みはあちこち切った為です。そのうち治ります。」

「いや、麻酔やアルコールブロックもしたけど何にも変わらず・・」
ひどいと言うだけあって毎日必ず通院された・・・近所の医師を夜中に何度も尋ねたり・・・

約1年半あまり大騒ぎだったと記憶している・・・・

「再発しているらしいのですが・・・」
奥さんの話ではかなり進んでいるとの事・・・・やはり!!・・・

「辛いですか?」
「息が出来んし、死にたい。」
ついつい弱音も吐きたくなるだろう・・・・

しかし大騒ぎした後、突然2年ほどで見なくなてしまった。
「どうしたんだろう?・・やはり駄目だったのかな?」
ところが・・・家族がある日腰痛で来院・・・なんと!!

「今はなんとも無いみたいです。」
「エッ!!」

「本当なんです。家族中みんな諦めていたのに・・・今は平気らしく・・・・」
はりで治したとは言えない。しかし祖父に続いて2人目の奇跡だ。

人間、何が起こるかは分からない・・・とりあえず・・諦めないほうが良いみたいだ。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-29 22:57 | | Comments(0)

息子の食事

我が家の長男の食事らしいです・・・

自分で、全て作れとは言わないけれど・・

学食でも何でも・・せめて・・・

もうちょっとまともな物を・・・・食べてほしい。

あまり心配させないでほしい。

きっと普段は違うと信じたい。

新人の助手も何とか決まりそうだし・・・

PCを直せとか言わないから・・・・

せめて声でも聞かせて欲しいが・・・

e0097212_23461996.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-26 23:53 | 私の治療室 | Comments(0)

末期の肝臓癌 NO,2 根っこを取らずに葉だけをとっても

e0097212_23152198.jpg

「2回目からはあまり小さくならないけど・・治るよね!!」
「無理だ。たとえ全て消えても・・・癌幹細胞が在る。これはどうしようも無い。」
「?・・?・・何・・それ?」

「現在のどの治療も癌そのものは攻撃できるかもしれない、しかし癌の芽・・・“癌幹細胞”を攻撃できるものは今はない。」
「だって小さくなったんだよ!!」

「“癌の芽、癌幹細胞”を攻撃出来ないと言うことは草の根っこを取らずに葉だけを取っているのと同じなんだ。だから癌は病院では治らない。」

私の祖父の肺がんの完治した話などしてみるが・・・聞こえない。どうせ針も嫌いだし・・

「無理なものは無理・・それに薬だって、今の日本では利く薬はほとんど承認されていない。」
ほとんどは保険が利く、毒にも薬にもならない物しか使えない・・・効果は今が限度だろう。

「じ、じゃ・・・」
「考えて見なさい・・・人の幸せは、何歳まで生きたかではない。いかに満足して安心できたか?だろう。」
「・・・・」

「楽しい思い出を沢山作って上げれば・・・」
「・・・」
「そして苦しくないように、辛くない様に安心してもらう。」

「只苦しめるだけの治療は避けて・・・周りで余り、わいわい騒がず・・・そして自分が死ぬという覚悟を持つ・・」
決して隠さない。変な慰めは惨めになり・・・自分を知らない事は、ただ恐怖を、あおるだけに過ぎない。

「これは大変だが、どうしても必要だ・・しっかり自分を見据えて自覚を持って安心して死ぬこと。慰めは邪魔になる。」

「どうして?」
「赤穂浪士はどうして誇りを持って死ねたか・・・満足出来、はっきりした死期が分かったからだ。」
「?・・?・」

「いつ順番が来るか分からない死刑囚が恐怖におののく姿を考えてごらん。」
「・・・・」

「その為にはどんな協力もする・・・良い思い出を作り満足してもらおう。」
「・・・・」
当然、誰も・・・なかなか覚悟は出来なくて当たり前・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-24 23:16 | | Comments(0)

末期の肝臓癌 NO,1 破裂?


e0097212_0215529.jpg
恥ずかしながら私の義父のことです。

だいぶ進んだ糖尿だということは知っていたが・・

針が嫌いで一度も診たことがなかった。とはいえ・・・

ある日妻が突然に・・・・

「お父さんの事なんだけど・・肝臓の上に血豆が出来たんだって、大したことないと思うけど何だろうね?」
「そんな事は普通は起きない。何か前兆とか心当たりは?」

「お父さんが背中が痛いと言うので・・妹が背中を押したら・・お腹が痛くなって日赤で検査を・・」
たぶん肝臓がんの破裂による血腫だろう・・・・今まで何をしていたのかな?

「今まで糖尿でどこかに掛かっていなかったっけ?」
「○島に行っていたけど・・・その日もお腹を触って、お!!肝臓も万々と言っていたし・・・」

また“あそこ”か!! お婆ちゃんの時で懲りてないのだ・・お婆ちゃんは内視鏡で血管を2度も破られ・・大変苦しんで死んだ筈だったが・・・

「たいしたことはないと思うのだけど、主治医が話があるって!!」

「バカ、末期の癌だ。血液検査はしてないのか?解らないはずはないのに・・・」
「エッ!!何で・・・血豆が出来ただけだよ!!」

「背中を押しただけでは肝臓に血豆は出来ない。余程の状態なのだろう・・・」
「どうしよう・・・?」

「いつ亡くなるかは解らんが多分半年位じゃないのか?」
「・・・・」

「いや、血管を潰して肝臓に栄養を行かなくして・・抗がん剤かアルコールでも入れれば少しは・・・」

「治る?」
「無理だ、しばらくの延命効果だけだが・・・・」
やはり協議の結果それしかなく・・・

だが1回目は割とよく効き・・・肝臓の3分の2を占めていた癌はある程度小さくなった。

素人のぬか喜びで、すでに治ったように、喜んでいるが・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-22 00:25 | | Comments(0)

足の治療を手で

e0097212_22534845.gif

「足の骨が崩れてるって言われて1年半前に手術をしたんですが全く変化が無くて・・・」
時々治療に来ているお父さんに伴われて、高2の女の子・・前に腰痛で治療したかな?

「治るって言われたんだけど、ひどくなったみたいで・・・」
少し腫れているかな・・・・・

「針は我慢できたっけ?」
「うん。」

「こうゆうのは、痛いところだけ治療しても治らないよ、まず全体のゆがみを取ろうか。」
「どうやって?」
腿、足、背部を丹念に調べ・・・・

「全体のゆがみを鍼で治し・・・どう変化は?立ってみて。」
「なんとなく減ってきてる。」

「ハンドボールだったね?」
「はい。」
では、手も良く見て・・・・大昔からの“はりの当然の治療法”で・・・・

「何で手に針をするんですか?」
「だってハンドでしょう・・手に無理がかかっていますよね。」

「チョト我慢して・・・はい立ってみて」
「あっ!!かなり痛くない。」
体は全部で1つなのだ西洋医学の1番忘れているところだ。

「片方の手ばかり使って同じ足に負担がかかる・・・悪くなって当然だ」
「なんか治るって自信が出てきた。」

「手術もして、こじらせてるけど必ず治るから」
「ジャあの大変な手術は必要なかったんですか?」
e0097212_22564264.gif

全てはバランスなのだ!!

「不要だったね・・なぜ鍼に早く来なかったの?」
「だって、レントゲンに・・・・」

実際、思ったよりも早く・・・8~9回で完治した。

縁が無かっただけだろうか?
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-17 23:00 | 整形の治療 | Comments(0)

初めての自画像   脳の血行障害でもう駄目かと・・・?

e0097212_113983.jpg

これは40年も前・・高校2年時の頃・・・脳の血行障害から?の目眩で1年間休学し・・・もう駄目か?・・・と思いつつ・・・・

絵を始めた頃の懐かしい・・・ほぼ初めて絵の具を使った頃の小品です。変なところも多くあり、技術的にも稚拙なものですが・・・

真剣に取り組んだがゆえに、思い出も深く“小器用さのない”新鮮な魅力があると思い出してみました。

あの時に現在の自分のような“ハリ師”に会えれば休学等せず済んだものを・・と思いますが…

そのためか・・・・生きると言う事を・・繰り返し何度も考える時間をもてました・・・

やはり只生きていて・・只それだけで良かったと考えます。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-15 11:20 | 昔の絵とデッサン | Comments(0)

動こうとしなければ、死はそこにある


e0097212_1624430.jpg
1年ほど前から・・突然治療を始めたTおばあちゃん。

家族も一通りは診ている。だが針が怖くて来れなかったのだ・・・しかしいざ来てみると・・

「どんどん良くなっていくのが分かります。今まで痛くて寝れなかったのがうそみたいで・・・」
乳母車を引いて、よく来てくれたし、随分治って来た・・・

しかし、この冬になってからは・・寒くて一人では来れない・・・家でジットただ寝ていたらしい。

「もう2ヶ月は来てないね、どうしたんだろう?」
そう思っていた矢先・・新聞に名前が載ってしまったのだ・・・・残念!!

人間は体を動かすことで、各器官を維持している。

足を1回曲げれば心臓が1回動いたくらいは血液が流れる。

若くどんな鍛えた人でも2週間も寝ていれば骨粗鬆症に成ってしまう。

年寄りは1週間で歩けなくなる・・そしてもっと動かなくなる。

動かなければ心臓に負担がかかり、脳にも血液が行かなくなる・・・

有名な“エコノミー症候群”だ・・・・当然梗塞、多臓器不全・・・

私は、こんな患者を随分見てきた。

皆ちゃんと天国にたどり着けたろうか?・・・

こんな小さな治療院にも今まで多くの別れがあった。

危ないから何もさせない・・本当にそれで良いのだろうか?

私は歩いて、前に倒れて、死にたい・・・今を真剣に生きる。

くよくよ考えても、しょうがない事はしょうがないのだ。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-12 16:29 | 心臓の治療 | Comments(0)

私は何者なのか?

漆黒の闇の中を瞬きもせずただ見つめる・・・

何も見えず、何も聞こえず、誰も答えはしない。

私はなんとささやかなな存在なのだろう。

トラブルを避けるために人々が勝手に決めた複雑怪奇な掟。

弱者を法が守ってくれた事などどれほどあったか?

善も無ければ悪も無い・・これが真実

私たちはどこから来たのか?そしてどこへ行くのか?

そして・・・私達は何者なのか?

e0097212_18173520.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-10 18:54 | 年賀になったイラスト達 | Comments(0)

私は諦めない・・・あの・・PCが復活

e0097212_15322431.gif

ただケチなだけなのでしょうか・・?

6年間もの長い間、数々のトラブル、不調等で散々悩み続けたウインドーズME

毎日ヤフーに出そうか?ディスプレイと分けて出せば・・せめて2~3万くらいにはなるかな?

次の瞬間には・・・箱に詰めて庄川にでも捨ててこようか?・・・毎日思い続けた忌まわしいPC・・

しかし諦め切れず「実は買ったとき30万以上したことにこだわっていただけかもしれない・・

先月はクラスタ等に異常が無いことを知りつつもHDの交換をし・・・・(当然、不可でHDは外付けHDにしてあります。)

しかしここに来てXPに入れ替えてみた。これ以上このPCには費用をかけたくなかったのだが・・安価なOSが手に入ったこともあり・・・・

結果は大成功。

ビスタも発売されたが、当PCにはスペックが遠く及ばない・・・・・

でもチョットまずい事もある。インストール後オフイス等を入れるのが面倒で、無知ゆえに他のPCのバックアップ用のイメージを戻してみた・・

当然・・再インストール・・・そして必要なソフトを全て組み込んだ後・・・

な・なんと!!OSがダブルブッキングしてしまったのだ。おかげで起動時にどちらかOSをいちいち選択する羽目になったが・・・

だがトラブルは無くなった。以前リナックスとダブルブッキングしようとして失敗したのに・・・思いどうりにはいかない。直し方も解らないし、さして不都合も無いので当分はこれで良しとしよう。

子供はビスタの後のOSに注目しているらく・・意見も会わない・・だが・・
私は、やっぱり捨てることが出来ない・・せこい世代なのだろう・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-08 15:36 | パソコン | Comments(2)

渡り鳥・・・?信じれなくとももう少し辛抱を


e0097212_037259.jpg

やはり今年は重症な頚椎症の多い年らしい・・・・

「背中から腕が痛くてしびれます・・・痛くて昨日も寝れなかったので・・・」
「何時からですか?」

「数日前、突然肩が痛くて整形外科で注射を2本ずつしてもらいましたが痛みもだんだん酷くなります。」

日ごとに痛みは強くなり・・1月もすれば薬やブロック注射も効かなくなってくる・・・

「シビレは?」
「2~3日前からで、それまで無かったのですが・・・仕事はとても出来ません。」

「頚椎ヘルニアでしょう。骨棘やがん等も有りますが、この症状の場合ほぼヘルニアでしょうね。」
「治らないんですか!!」

「イイエ、今なら安静にして治療をすれば大丈夫です。まだ指も動いていますし、小便もちゃんと出てる様ですし・・」
「如何すればいいんですか?注射も効きませんし・・・」

「ここに治療に来たのでしょう・・・私が信じられますか?」
「今のところ一番納得がいきます。」

1通り治療が終わり・・・
「どうですか?」
「痛くないです、何とも有りません・・・・」

「でも暫らくするとまた腕はジーンとしてきますから・・最低10日間はじっと寝ていてください。動いて神経に触れると悪くなります。」
「でも子供や妻の送り迎えや・・仕事が・・・」

「さっきは仕事など出来ないと言っていましたよ。」
「今は痛くない。」

何度同じ事を、言い続けても無駄なのかもしれない・・・
e0097212_038637.jpg

私の話しなど誰も聞いていない・・・そして安静と治療を怠っては・・・

「なぜ治らない下手くそ!!やっぱり手術をしないからだとか・・・うそだとか」

みんな自分勝手なことを言い出す・・・・

1回のハリで治る位なら・・今まで、とうに治っていたのでは・・・

「手術をしたと考えて・・ほんの少し安静と鍼を試しても良いのではありませんか?」
「・・・・」

「手術をする時は・・準備、手術、安静期間、リハビリ、とかなり長期間かかりますし、思っている程の“期待”は出来ませんよ。」
「はい・・・」

しかしやはり当院の設備の関係か?・・・医師でもない者の言葉は信じられないのか?無理をして悪化したのか・・・診ていない。

言葉は通じると思うのだが・・治療する気の無い渡り鳥はあまり診たくない・・

まずは信じてみてください。

私は本気で治すつもりです。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-04-06 00:45 | 整形の治療 | Comments(0)