おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


失神を伴う頚椎症

e0097212_18191983.jpg

2~6番の首の骨の両横には穴が上から下まで通っている。その中を動脈が通る・・・

つまり骨で守らなければならない程大切な血管なのだ・・・しかし事故で骨が歪んだり、ストレス、肩こりで首が引きつれば当然血管を圧迫する。

頭に血液が往かなければ・・当然ふらついて歩けなくなる。時には失神したり耳鳴り、頭痛、呼吸が出来なくなったり多彩な症状が出る・・・とくに大人になってからは強く出る。

何割かは予後「生存の可能性」が悪い・・脳梗塞の原因にもなりうる。
「先生昨日子供とバーべキュウをしていて突然意識が無くなり気付くと病院でした。」
頭は20針ほど・・・ホッチキスで止まっていた。

「フランケンシュタインだ・・・と女房が・・・」
確かに・・・

「・・・痛みますか」
「首から腕が痛くて寝返りは無理です・・力が・・・・」

「寝れましたか?」
「とてもそれどころでは・・・・痛くて薬も麻酔も利きません。」

「当分はそうでしょう・・・」
「でもすぐ骨を真っ直ぐにしなければと思い来ました。前回で懲りましたから・・・」
前回放っておいて4日後に突然大変な症状が出たからだ。

「まず患部を見てから遠隔操作で首を緩め・・・・痛いのを堪えて数箇所矯正」
「う、・・・う、う」
最初に幹部をいじると腫れたり大変なことになる

幹部の細絡から刺絡・・・怪我で破壊された細胞等は放っておけば正常細胞を破壊しもっと傷が広がり治癒を遅くする

「どうですか?」
「痛いですがやや動きます・・・痛みも少し・・・う、う・・・」

「未だ無理です。ジットして・・・10日以上絶対安静ですよ・・・寝ていて下さい。」
「それが・・・仕事はしなくても監督に行かんと・・・・」

「・・・・・無理に動けば後が大変ですよ。」
「しかし・・」
言ってもどうせ聞かないだろう・・・
e0097212_18382125.jpg


「ポリネックは絶対外さないように。」
「はい。」
長引くだろう・・後が大変だ・・・

「先生痛くて眠れん動けんし!!」
「だから言ったでしょう。」
毎日通院しているが無理をするので果々しくない・・・・

「少し休めませんか?」
「死んでも無理です。」
命と引き換えかな・・・・

「Iさんこの様に失神を伴う頚椎症では何割かは2~3年で亡くなることも有ります。」
「・・・・・」

「MさんやYさんNさんの奥さんを覚えていますか無用な手術で最後は・・・・」
「・・・・分かっています・・が・・・」
怪我から2週間ようやく少し動けるようになって来ただが・・まだまだ

「1ヶ月を考えていましたから経過は良いほうですが油断の無い様に・・・」
「ハイ」

しかしお得意さんとのトラブルで首が引きつり・・・またまた・・

「治りがけはもっと注意をしなくては4~5日戻りましたね。」
「ハイまた寝れません。」

大好きな酒ももう半年絶っているしかし・・・トラブルが多すぎる強力な安定剤、睡眠財を大量に服用するも?????

「薬を増やした分よりストレスを増やしては・・・・」
「分かっています」

他にもこの様な患者が昨今は特に多い・・・私も人のことは言えないが。

不況のせいばかりでは無いだろう。

本人が前を向くか後ろを向くか、ささやかな事が大切の様な・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-06-28 18:41 | 整形の治療 | Comments(0)

TIA(一過性脳虚血発作)?圧迫性末梢神経麻痺?


e0097212_0585099.gif

うっかり机で腕を押さえて寝てしまい腕がしびれたり動かなくなってしまう。重いのは1ヶ月も続く・・・よくある症状だ・・・

今だに、どちらの症状かは不明だが先日・・自分で体験してしまった。

うつ伏せで・・うっかりとスヤスヤ・・気がつくと手に力が入らないどこかで抑えていたのだろうか?・・・

ならば20~30分もすれば回復する筈・・・しかし1時間たっても動かない腕を触るが感覚は無い・・・少々あせってきた。

と言うのは・・万一脳梗塞の場合特効薬の“T-APの使用期限が3時間以内” 脳外に行くのに30分検査に30分・・・時間が無い・・午前2時

「母さんちょっと起きてくれ・・・・腕が動かない梗塞かもしれない。」
「エッ!! いつから?」

「1時間は経つ、すぐ刺絡をやってくれ・・時間が無い。」
さすがに起きてくれた・・・・モーターを使おう・・ブブブ・・・・・

何箇所かやってみる・・少し動くようになるが未だとても・・・・・

「仕方が無いH先生に連絡してくれ・・・最悪の場合を考えなくては・・・・」
運転がちょっと荒い

「こんな時こそ急がないでくれ・・事故を起こしてはもっと悪い。」
眠そうなH先生・・・・とりあえずCTを・・・・

「大橋さん腕をどこかで押えていたのでは?」
「私も最初はそう思ったのですが・・うつ伏せですし、可能性は低いかと・・・」

「それなら本物かもしれないね・・」
「先生T-APの使用はどうですか?」

「回復して来ているから良いでしょうリスクも多いし、それに手だけだし・・・」
「しかし線条体動脈や内頚動脈なら足は大丈夫でしょう。」

「う~ん・・・でもあなた未だ50代でしょう80も過ぎていれば解らんが、突然内頚動脈が詰まる事もないでしょう。」

「線条体動脈は・・・」
自分の事になるとつい心配しすぎるのが人情と言うもの・・・・

「様子を見ながら明日MRにしましょう何かあれば連絡を。」
「・・・・」

それでは遅いような・・・・・・・何かしら舌のモツレや足の動きも・・・・

e0097212_0413699.jpg

私はリスクを覚悟でやって見ようと思ったのたが・・・

「そうですね合理的では有りませんね・・自分のことになるとつい・・・・すみません。」
「冷静になれましたか。」

MRの結果MRIもMRAも今のところ大丈夫だった。しかしそれは“刺絡”のお陰で塞栓が取れたのかもしれない・・・と今も考えている。

珍しい症例だが以前、T市民病院の臨床検査技師さんが“手の親指のみ麻痺の脳梗塞”といったのもあった・・・・今は進行して足も引きずっておられるような・・・

「念のため頚動脈エコーもお願いします。」
「MRかCTのほうが解りやすいから・・それで好い?」
「ハイ結構です。」

しかし未だに原因不明のまま症状は回復してきている・・・取り合えず良かったが・・

TIAの場合10年生存率は50パーセント・・・子供はまだ小さい。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-06-21 01:21 | 脳外の治療 | Comments(0)

結果の良かった心臓のステント治療


e0097212_22184583.jpg
家族皆で通院してもらっている・・・Nさん一家のご主人“ハリは大嫌い”一番細いハリで1ミリほど皮膚につけるのが精一杯・・でもお灸は何とか出来る。痛い刺絡も大丈夫。

立派な体格の人ほど震えながらやってくる。

心筋梗塞のバイパス手術をしてもう20と数年・・・時々遅くやってくる。以前終了時の来院を断ったことがある・・・・

ところが帰宅直後に心臓発作があったことを後から知り・・・・・それ以来Nさんだけは多めに見ている。2週間治療を空けると、たいてい心臓発作を起こす・・私の方が怖い。

バイパス手術をしても何年かするとまた血管の狭窄はほぼ起きる。

ハリを1ミリほど皮膚につける程度の治療でも、しないよりはましと思っていたが・・20年以上持つとは思わなかった。おまけに肝炎もなぜか進行していない・・・・上出来だ。
e0097212_22434999.jpg


しかし最近無理をしてからあまり良くない・・・・・我慢して狭窄部分を数箇所広げることになった。

怖がりのNさんにとっては大変だったろう。以前はカーテテルの検査中に死亡といったことも良くあった・・大変苦しい治療だ。

ドリルで削り風船で広げ血栓を溶かす薬を塗布したステント「金属の土管のようなもの」を入れる・・・・・・・それでもまた詰まるかもしれない。

「Nさんステントを入れてからあんなに硬かった肩の凝りだいぶ良くなりましたね。」
「ええ、最近は息切れがだいぶ無くなって生きる希望がわいてきました。体が楽ですし・・」

「決心して本当に良かったですね」
「おかげ様で・・」
私もこんなに効果が出るとは思わなかった・・・もしかすると昔柔道で鍛えた体は狭窄した部分以外は丈夫だったのかもしれない。

しかしストレスと不摂生は必ず動脈硬化を起こす・・・いつどうなるかは判らない・・・・

そこで予防のため恐怖をこらえながら・・・今も来てくれている。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-06-14 22:44 | 心臓の治療 | Comments(0)

ムチ打ち後遺症

e0097212_23175668.gif


ムチ打ちの後遺症状は結構大変なものも多い。それは骨のズレはレントゲンなどにはまず写らないからもある。

そこで病院では「何とも有りませんよ。」の言葉で放置・・その結果・・

神経を傷つけ大変な目にあう“骨がズレただけでは痛みは無い”ズレた骨が神経を傷つけ痛みが出る。おまけに神経の傷は特に治りが悪い。

骨のズレがレントゲンに写らないのを良いことに保険会社は“レントゲンを撮ってください”を連発する・・・・うっかり言うとおりにしようものなら・・・

保険金詐欺のように言われ嫌がらせは続く。会社へおしかけたり・・やくざのようなのも居る。

大体事故の保険は自賠責(国家が管理する強制保険)を主に使用する

自賠責の“請求権は被害者と加害者である”したがって任意の保険会社に治療の邪魔をする権利は無い・・・

ところが外資系の資本が入ってからは特に強く妨害行為がある。あたかも自社が支払いをしているかのように・・・・しかし外国には日本のように(国家が管理する強制保険)は有るだろうか?

世間で保険会社の不払いがあんなに騒がれる今もなお、まさに“保険会社は濡れ手にあわ”の様である。

e0097212_23505462.gif

「先生Nさんは症状固定で後遺認定でしょう。」
「当院で治療してからまだ1~2ヶ月しかたっていませんよ!! こんなにこじらせてから来たのだし、しびれは1~2ヶ月では治りません。」

「だから症状固定で後遺認定でしょう。」
「だいたい鍼治療は保険が効かないなどと嘘を言って治療の邪魔をしたのはあなたでしょう」

「そんなことは言いません実際に保険は使用されているでしょう。」
「それは私が忠告したからですね。」
このような嘘は日常茶飯事・・・

「とにかく患者は良くなってきているし確実に治ります。2年も3年も治らないならともかく・・」

「被害者は治療をしない日は痛みで生活に著しい障害が出ているのですよ。もう少し待てませんか?」
「レントゲンではなんとも有りませんでしたよ。」

「それを承知で患者に迫ったのでしょう。MRミエログラフィー位なら写るかもしれません。しかし危険ですから何かあれば、貴社は責任が取れますか?」
「・・・・・・」

今日もまた嫌がらせのように(完治見込み日はいつか?)等・・十数項に上る、“答えにくい質問状”なるものを送付してきていた・・・

口とは裏腹に患者のことなど全く気にも留めず・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-06-08 00:07 | 整形の治療 | Comments(0)

アサーナ

昔の図案を整理していたところ、当時しばらく練習していたヨガのアサーナ(ポーズ)を描いたものが出てきました。やや大きく見えますが高さわずか16センチの小品です。

一般にヨガとは、このような体操や呼吸法のように思われていますが、本来の目的は自己の開放つまり解脱を到達点にし、体操やその他は目的のための準備です。

当然私には描くことも・・自己の開放の手段になります。

e0097212_17255467.jpg


私も日々自己の開放を考えていたと思いますが・・・絵の表情の硬くきついのは仕事や生活への不安感からの現われだったのでしょう・・・

しかしヨガや道教に逃げようとしていたのではなく・・・私にとって自己の開放は描くことを含め50年間、抱き続けている目標です。

つかもうとすればふっと消え・・・でも私達が本気なれれば・・いつでも到達出来うる場所でもあると思います。

後ろを向くか前を向くか只それだけなのだから・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-06-03 18:11 | 昔の絵とデッサン | Comments(2)

相対的なもの・・“痛み”


e0097212_23332377.jpg

治療中はみな不安なものである。まして初めての治療院・・・始めての治療法なら当然だろう。

怖がりの患者さんが来ている時などチョッと(痛い)と誰かが言おうものなら・・・

突然次々に他の患者さんまで・・・今まで痛いと言った事など全く無かった人まで(どこかが痛い)とか言い出す。

随分奇妙な感じだが・・・実は当然のことなのだ。

「Kさん随分ハリに強くなりましたね。」
「“我慢しないと治らない”と解りましたから・・」

医療関係者はすごく怖がるか・・・・全く平気かほぼどちらかだ。
解剖など理解しているから・・なおの事だろう。

「以前は肩に一番細い針を数ミリ付けただけで大騒ぎだったのに・・今は評判の悪いお尻のハリも我慢できますしね。」
「あれをやらないと・・本当に楽にならないから」

簡単な症状の患者さんが何かのきっかけで大変な症状になり・・どんな医療を受けても治らなくなって本当に困ったとき・・

人は初めて “本気で治療を受ける気持ち”になる・・本当につらい時は“かなり強いはり”も痛くない。

心筋梗塞等の時は何も感じないようだ。

こんな事でも無ければ、本気で治療を受ける気持ちにはなれない。

本気の日が来るまで私はなるべく本人の希望を尊重し・・無理はしない様に心がけているが・・・・・

嫌なものは嫌なのだ・・・

e0097212_0114571.jpg

「ところで奥さんは・・まだ入院ですか?」
「ええ・・・もう1ヵ月半ですが、まだ目眩もきつく起きれずに・・・」
当然針は絶対嫌 !!

「背中はバンバンで吐き気もするし検査は何も出ないし・・・ハリに行けばと言っているのですが・・」
「薬は効かないでしょう?」

「ええ!! それにアトピーや喘息も有るし・・」
「それなら尚の事、喘息なら簡単な治療でも良くなりますよ。」

薬は気休めぐらいだろうし・・ご主人がもう限界・・・
「すごい怖がりでしたよね。」
「ハリはカユイとか・・怖いとか・・・」

「まだハリの痛みよりも症状が軽いのでしょう・・・」
「仕事をしてから・・家事や買い物で・・もう私がくたくたです。」

「とくに主婦が入院すると家中が大変でしょう・・・。」
「おかげでお婆ちゃんにも随分無理をしてもらっています。家族中めちゃくちゃです。」

長らくご無沙汰だった、お爺ちゃんやお婆ちゃんも・・・また治療させていただく事になった。

遠くから年寄りが自転車で通院・・・事故に遭わなければ良いが。

私の最も得意とする症状だがハリの嫌いな方にはどうしようもない。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-06-01 00:16 | 整形の治療 | Comments(0)