おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


肝臓癌での義父の死


e0097212_14405159.jpg
先週義父が亡くなった。昨年の秋偶然見つかった巨大な肝臓癌・・・

判った時にはすでに肝臓の3分の2が癌になり手遅れだった。

当人も家族も解ってはいても血管塞栓術でいくらか癌が縮めば・・

このまま治るのでは?・・・と希望を持つ

いくら癌の芽(癌幹細胞)を消す方法は医学では無い事を告げても認めたくは無いものだ。

2006年12月
「1回目はだいぶ縮んだ今度はもっとよくなるね?」
「・・・・お父さんは“末期だ”治る事は無い。」
冷たい様だが真実なのだ・・・心臓にまで転移している・・仕方が無い。

2007/4
妻が頻繁に実家に出向いている・・ようやく心臓の転移を知った・・・血管塞栓術も何度試しても強い副作用が出るだけである。

「もう良いだろう痛みを取って楽にしてあげれば。」

2007/6
腹水も溜まり自力で起きれない・・本人も解っているようだ。

「家族がただ落ち込んでどうする・・本人はもっと怖いはずだよ」
「・・・・・」

「楽しい思い出を作ってあげて・・家族に愛されていることを解ってもらいなさい。」

孤独は痛みを倍化する。つらくても家族の思いやりで不安と苦しみが和らぐ・・・

2007/7
看病疲れで皆限界に近付いている・・・夜中のトイレ等で寝れないらしい。

「足がすごく太くなって動けないんだって。」
「もうすぐだから一度子供たちを見せにいったら?」

日曜日ハリーポッターの映画を見て帰りに寄るつもりだった・・・しかし実家には誰もいず・・

何かあったのだろう・・親戚、病院に電話を掛けてようやく救急車にて運ばれたこと、家族が必死で連絡を取ろうとしていたことを知る。

e0097212_14322820.jpg

「我が家はいまどき珍しく誰も携帯を持たないから・・・」
「日赤に急ごう!!」

何とか間に合ったようだだが病室内では母親と妹がひたすら泣くばかり・・・

「あ・う・・う・・お姉ちゃん・・・もうだめみたい。」
「どこ行っとたんけ・・連絡も取れんし・・・」

「・・・・・」
今は・・とてもハリーポッターの映画とは言えそうに無い・・・・

「いつから?」
「2~3時間前から」
言葉は聞き取れず・・・かすかに目が開いて微笑んだような・・・・

「解ったかね?」
「どうだろうか・・・?」
しかしそれが最後だったようだ・・・・やはり待っていたのかな?

苦しまなかったのが何よりだった・・癌が判ってから半年間家族と充実して暮らせたし不幸ではない。

只、なんと人間の命とは、はかないものだろう・・多くの思い出の中を一瞬で過ぎてしまうなんて・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-07-26 14:34 | | Comments(5)

過去の中に

e0097212_059587.jpg


学生時代の友人が家族とともに訪ねてくれた。彼の車で能登など周る。車の中は20歳の頃の懐かしいフォークソングがズート・・・流れている。

彼の心は30年以上前のままだ。変わったのは家族が増えたこととお腹が出てきたこと・・・気持ちはちっとも変っていない。

私は随分汚れてしまったような気がする・・・以前の仕事でも、仕事とはいえ醜い駆け引きもあり・・・

結果は見事に破れ・・少し前までは其の頃の返済もあり・・今はしがない鍼灸師の其の日暮し・・・

悔やみきれない、つらい思いをさせた人も居る・・・・しかし過去には戻れない。

老眼と白髪と深いシワは、その他諸々・・汚れた私の心が固まった物のように感じる。

e0097212_113114.jpg

この心の汚れを消すのに自分の出来ることは、やはり精一杯病気の人を治し・・心のケアをする事位しか無いのだろう・・・・しかし、それもお金を受け取っての作業だ。

心の汚れは取れそうにも無く・・さりとてインドの山奥に行く勇気も持ち合わせず・・・

「先生、未だ良くなりません。」
「そうですか困りましたね!もう少し頑張りましょう。」

決して気持ちの良い治療だけではない・・私の安定剤はまた増えていく・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-07-19 01:15 | 私の治療室 | Comments(0)

安心を得る

e0097212_1446401.jpg


得てして患者と言うものは自分の症状を大変危惧する余り懐疑的になってくるものである。

先回の私の圧迫性末梢神経麻痺?でも書いたように本職から見れば全く何でも無い様な軽い症状に大変不安になる。医師とすれば予後が悪くないから安易に診察しがちで有るし「他人だからでもあろうが・・・」

毎日真剣になって治療をしても遅々としてはかどらない症状もあれば、安直に治ってしまうものもある。

重症な症状もほとんど最終的には快癒するのだが、人々は生活に忙しくキッチリ治療を受ける前に“治らない”を繰り返し懐疑的にもなってくる・・・・

それならば医師など頼らずに自分で徹底的に医師以上に自らの症状なりを勉強し努力をするのも良いだろう。安心を得るため検査をするのは大賛成だ。

しかし人は何もせず他力本願の如く渡り鳥のように駆け回る・・・・そのような患者は一目瞭然、当然誰も真剣に見てはくれなくなる。

いくら丁寧に説明をしても信じられず・・・自分の症状を悪く悪く考えていく・・・当然免機は下がり、気持ちの上ですでに自身を病気にしてしまっている。自分の思考パターンを変えなければ良くなるはずは無い。

e0097212_14522978.jpg

最初は只の肩こりと心配事であったとしても・・・・雪だるまのように病気を作る事だって十分ありえる。
「先生私は癌ですか?」
「癌でこんなに痛きゃもうおしまいですよ。」

86歳の老婦人動かず食べるのみで75キロ立つのがやっとなのに・・・どうしてもお爺ちゃんを看病をしたい・・・・お爺ちゃんを見取り1日でも後から死にたい。気持ちは良くわかるだが無理なこともある。

「家族や介護の職員にもう少しお願いしたら?」
「でも申し訳ないし・・みんな忙しいし・・」

「それではあなたが先に参ってしまいますよ。」
「・・・・」

「お爺ちゃんが大切ならなおのこと自分を大切にしてください。」
「?・・・・?・?」

「あなたは動かないから骨がぼろぼろになっています。お爺ちゃんを動かそうとすれば自分の腰の骨がつぶれて当然です。癌じゃ有りません。」
「本当ですか?」

「安静にして治療をすれば、もう少しで良くなります。今までだってそうだったでしょう。」
「はい・・・」

ここ2週間毎日同じ会話をしている・・・もまた明日も同じ会話が続くのだろう・・・私を信じてはいるらしいのだが・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-07-08 14:55 | 病気とは | Comments(0)

私は犯罪の片棒を担いだのだろうか?

e0097212_23465281.jpg

最近私は過去の図案の整理をしながら、画像の重さで今まで使用していた1Gのフラッシュメモリではとても使いにくく感じ、ポータブルハードがほしくなった.

Y店やJ店を見て回ったが昨年暮より随分高価なように感じ、ヤフーオークションにて“色むらあり、アウトレットで新品”と表示の商品を総量込み6000円にて手に入れた・・・・

しかし届いたものは色むらではなく、何か会社のマークを削ったような品物であった。

昔のポータブルよりは又小さくなっている・・さすがだ・・・・しかし気分の良いことではない。当然抗議をするも・・・姿の見えぬ相手からは何の返事も無く・・

新品の筈がこれでは・・・・補償も受けられそうに無い。おまけに少し犯罪のような気もしてくる。

早速Y電気店に事実を話し相談に・・・・しかし明るい店員は・・
「大丈夫ですよ!!何だか見たことのない文字が見えますが・・メーカーが保障しますよ。」
e0097212_23503224.gif
「盗品ではないですか?」
「違うでしょう。」

「警察に行かなくて良いですか?」
「心配要りませんよ・・・なんでしたら交換しましょうか?」

「あのーさっきから言っていますがヤフーのオークションで買ったもので・・・」
全然聞いていない

「レシートはどうしましたか?」
だめだ、話してもしょうがない。諦めよう・・・

でも話を聞く限りでは・・どうも犯罪とは関係なさそうな感じだ・・・保障は諦めてしばらく使ってみようかな。

「データーも入っていますのでこのまま使ってみます。」
「そうですか何時でも来てください。」

「ハイ、ありがとうございます。」
困ったな・・・・傷は自分で塗装でもしようか・・・

削り取った名前の部分を埋め・・塗装と研磨を繰り返し・・・最初からこうだったと言えばそうかと思える位にはなったが・・・手間を考えると随分高価な無保証HDDになった・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-07-01 23:51 | Comments(0)