おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


沖縄旅行NO,3 首里城にて

e0097212_095459.jpg

2日目の朝・・我々はレポートの提出不能な長男を残し・・・お定まりの首里城へとやってきたのだ。

思っていたよりはずっと大きく立派で感動 !! でも・・沖縄旅行中唯一暑い日で・・・

お城の中はムーッとして・・・それでも係りのおじさん達は民族衣装で大変そうでした。

お決まりのお土産選び・・・私は小さく可愛い?シーサー君を一つ

e0097212_0131750.jpg
e0097212_0165756.jpg

現在治療院の鉢の番やPCの前で偉そうに私をにらみつけ“はよ仕事せんかい”

と言わんばかり・・・・お、お助けお~っ!!

アンちゃん教授に会えたかな~・・・・ホンマにたのむよ・・・遠くからやってきたんだから・・

その後は前述の如く寮の掃除をさせられました・・・・我々の家族旅行はどこへ行くのだろう・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-30 00:18 | Comments(2)

女子高生2人組

e0097212_175326.gif

やや退屈を感じていたある午後玄関のドアが2~3度開いては閉まる・・なんだろう子供のいたずらかな?・・・・いや女子高生だ・・・また吹奏楽の募金かな?・・・

「あの~針って痛いですか?」
「そんなに痛いことは無いと思うけど・・」

「いくら位ですか?」
「自由診療だと治療の内容とか多くの部位をするとかで変わるのだけれど・・」

「自由診療って何ですか?・・・」
「保険を使わない治療」
ちょっと事務的だったかな・・・?

「えっ保険証持ってくると安くなるんですか・・?」
「それがね~安くはなるけれど・・・どこかの病院ではり治療に賛成しますって書類をもらう必要があるんだけど。」

「お金は後で持って来ても良いですか?」
「いいですよ。」

ところがすっと消えてしまった・・・やっぱり怖かったのかな・・・・
しばらくしてもう一人後輩を伴ってやってきた。

「痛いですか?」
「大丈夫怖がらないで・・」

「あなたもシンスプリントですか?」
「私は腰です。いたいですか?」

「針はしないでも良いかも知れないし・・とりあえず見せて」
「じゃどうやって治すんですか?」

「骨の調整とか」
「痛いですか?」

「大丈夫、皆やってるから」
「ああ怖い・・・」

「大会に出たいんでしょ!!」 
「・・はい」

「ちょっと見るだけだから・・」
「痛いですか?」

「大丈夫・・はい横を向いて」
「きゃあ!!怖い・・・」

「あっ!!」
「痛いですか?」
「いいえ」

「今度は下を向いて」
「痛いですか?」
「あっ!!」
「痛いですか?」
「いいえ・・」

「じゃ立って見て」
「えっ・・・痛くない」

「あのーハリもするともっと良くなりますか?」
「そうですよ」
e0097212_1038.gif
「痛くないですか?」
「大丈夫、さっきから同じ事言ってますよ・・ハイ横になって」

「あ・ああ・怖いよ~。」
「どう痛いですか?」
「ううん。」

「ハイ立って見て・・初めてだし特に痛くない針をしたんだから・・」
「本当は痛いんですか?」

「そうゆうのもあるけど今は必要ないでしょう・・大丈夫。」
「今度は痛くするんですか?」
「しません。」

「ジャまた来ます。有り難うございました。」
最後まで怖がっていたが無事二人とも終了
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-26 01:01 | 整形の治療 | Comments(1)

眼瞼下垂の治療


e0097212_083535.jpg

誰でも歳と共にまぶたが下がってくる・・・まぶたの皮が余ってなのか・・まぶたを持ち上げる筋肉(=眼瞼挙筋)の働きが弱かったりあるいは両方のためなのか・・

まぶたをちゃんと持ち上げれず、ものを見るとき苦労をする・・・疲労や体力の衰えで増強されるのだ・・

たぶんに漏れず・・私も物を見るのがつらくなり・・視界が暗い・・頭痛や眼の疲れがひどくなってきている。

背中などにハリをするとしばらくは、私でも若い頃のようにパッチリとつぶらな瞳に戻れる・・・

しかし二重まぶたが災いしたのか・・人より皮が余っているのか・・・すぐに元に戻ってしまう。

そして遂に私は自助努力に終止符を打ちメスを入れることを考えた・・・

大した手術でもないだろう大門のS病院でも良いかな・・・と考え受診

なんとなく話がちぐはぐ・・心配だ。よく考えれば目は微妙な場所だ・・どうしよう・断わろうかな・・

ああ怖い・・心配だしばらくはお岩さんのようだろう。

完全に晴れが引くのは半年後と言う説も・・・それは仕方が無い・・しかし
e0097212_06919.gif

考えているうちに・・朝にはとうとうその時が来る・・職人というものを良く知っているだけに心配でならない・・もう少し慎重に医師を選べば良かったような・・・

今日はちょっと弱気な私です・・・

・・後日結果をまた載せます。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-23 00:18 | 眼科の治療 | Comments(0)

沖縄旅行NO,2 蝶々園にて

e0097212_0563497.jpg

蝶々園に入り老眼の私は“おっ!!季節外れの花に蝶々が群がっているぞ”とつい言ってしまった・・・

しかしすぐ“父さん造花だよ”の声に・・・“離れて見ると判らんもんだね~”

おまけに造花に蝶々がたくさん群がっているのを見て・・蜜も無いのになぜ寄って来るのか不思議であった・・・

そこでふと“蝶々なる物はきっと匂いではなくて色で寄ってくるのだろう”と言った。しかし・・・・問題はすぐに解決したのだ。

係りのおじさんが造花に何かをスプレーしていたのだ・・・大きい声で言わなくてよかった・・・“ホッ!! ”

e0097212_0581799.jpg

そしてしばらく回るうちに・・黄金色の楕円形をした大きい何かを見つけた・・・

なんと“オオゴマダラと言う蝶々のさなぎ”であった・・実に綺麗だ・・・とりわけ老眼の目には何かの金属か宝石のように映ったのだ・・・

そこでふと私は結婚して以来・・家内に何か買ってあげた事が無いことに気がついた。

これはきっとニスで固めてリングをつければ・・・“絶対にばれない”・・・“きっといい指輪になるのに~”
e0097212_114914.jpg

後ろ髪を惹かれる思いで蝶々園を後にしたのだった。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-19 01:02 | 私の治療室 | Comments(0)

沖縄旅行 NO,1思考の変化


e0097212_0525876.jpg
入学後3年目に今回初めて・・・私は長男の大学と様子を観光がてら見に行ってきた。

確かに考えていた以上に部屋は汚れ観光どころか部屋の掃除にいってきたような気がする・・・

本人しか分からない書類の山その紙の中から出てくるペットボトルや植物・・・?・???

私が行くことは1ヶ月以上前から分かっていたはずだ・・・

にもかかわらず未提出のレポートのおかげで観光は一日掃除に変わってしまった・・・周りに迷惑をかけ、親として穴があったら入りたい位の寮の部屋と行動であった。

しかし一緒に観光をして・・箱物好きの私にも少し分かる・・彼の考え方の変化を見ることが出来た。
e0097212_0545151.jpg

私のように元図案家は・・無より有を探し作り出す作業であり、はっきりとした成果や形が無ければいけない。

しかし長男との観光では何の形も無く、綺麗でもなく・・と言った観光地へ?・・・連れて行かれることが多かった。

何も無いものに歴史の価値や思想を視る・・はじめは戸惑いながらも彼の関心事に少しずつ目をやり・・・

私には、かってなかった観光の仕方だ・・少し退屈だが箱物とは違う彼の思考の変化と研究者としての発想への変化を見たように思える。
e0097212_0561820.jpg

何も無いヤンバル樹林の中テントを持って歩く彼・・植物の採集

そういえば送ってくる写真のデーターが少しずつ変化していたのだ・・・気付か無かった自分が恥ずかしくもある。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-18 00:58 | 私の治療室 | Comments(2)

契約


近頃私は随分疲労感を覚えていた。

それは毎日ハウスメーカーの人が毎日、昼となく夜となくやって来て大切な“お昼ね”の時間が無くなっていたのだ。
e0097212_022635.gif


おまけに仕事の入力も進んでいない・・・助手はどうしたかな・・・?

現在の家族に借りている治療院の代替地も昨今の時勢のため・・・新治療院を建てても成功しにくいと思い放置してあったのだが・・・

あまりの税金の高さもありアパート建設構想なるものが沸いて出たのだ。

各ハウスメーカーが連日のごとくそれぞれの思惑をもって・・嘘や真実を交え長時間にわたっての話で動こうとしない

いい加減辟易していたところへ・・色々な条件が提示され・・・e0097212_035674.gif

私の家は代々建築を生業としていたため私も当然品物を見れば価格や品質はある程度判るつもりでいた。

しかし敵も去るもの様々な数字のトリックを用い・・業界から遠く離れていた私には洋としてつかめない。

そこへD社からの値引きの提案・・・思ったよりも多く・・すぐ乗った・・・・が・

いざ調印という時に記された“坪数が可也足りない”・・・・もともと小さな物件ではあるが・・・

「これは如何したのですか?2LDKと3LDKが2つのはずでしたが・・・・」
「いえ金額のかからない方法で利益率のよい方法をご提示しました。」

「そうじゃないでしょう・・・坪数が足りないと言っているのですが・・」
「その分グレードを上げて高い家賃を取れるようにしています。」

「最初の物件も最高の品と聞きましたが」
「・・・・いや・・それ・よ・りももっと・・」

「どんなにグレードが高くても2Lと3Lで同じ家賃が取れるとは思えませんそして最初の物件は良いものと聞いていました」
「・・・・」

「これは値引きではなく単なる縮小でしょう・・・そちらがこの価格でよいといったのですよ。」
「・・・・・」
e0097212_052524.jpg

「今後も信用ができませんこの話は・・・」
「大変心象を悪くいたしまして・・すみません。M君謝りなさい。」

「すみません私の説明不足でした・・元に戻しますので・・何とか話はこのままお願いします。」

無事契約は終わった?・・・・・しかし今度はグレードを落とされていた。今となっては私が何を注文したのか・・もう分からない釈然としないまま・・騙された気持ちで一杯・・気分は落ち込んでゆくのだ・・・

今度はどこを誤魔化されるか数字のトリックの前に我々素人は心配でたまらない。

明日から遠くの大学に行っている息子の様子をはじめて見に行くつもりだが・・・このままでは何か落ち着かない。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-12 00:05 | 私の治療室 | Comments(0)

そりゃ、風邪も引くでしょう・・・・デジ物に弱いJさん


e0097212_2315122.jpg
今回Y電気店のチラシ(取付け込み48,600円)にてもうすぐ20年になる治療室のエアコンを4台買い換えた。

最初は通販で安いのを買って自分で交換しようかと考えたのだが・・・・(取付け込み48,600円)では自分の労力を考えても買ったほうが安いし楽に決まっている・・・安くなったものだ・・・

初期はインバターエアコンが買えず冷専の出力一定のもの2台を買い寒くなると1台を消したり点けたりの簡易インバター・・だった。

しかしさすがに室内機のひび割れ等も目立ち、待合室の冷えすぎやカビに悩まされ・・ついに交換した・・しかしカビ防止機能はお粗末でやはり使用後は手動で送風にして内部を乾燥させる必要がありそうだ・・

前機ではカビにノイローゼになるくらい散々悩まされ大変だったのだ。

ところで院内の安いエアコン交換を見た助手のJさん早速購入していたのだ・・・・しかし極端にデジ物に弱いJさん・・ON/OFFしか知らなかったのだ・・・

数日後・・・当然
e0097212_23201721.jpg
「今日は熱ぽいので休みます。」
あの元気なJさんどうしたのかな・・?・・?

心配で3時4時6時と電話をする・・早ければ風邪は針が大変よく効く。

初めてで怖がるだろうが・・こじらせて長期の休みは困る・・家内に迎えに行かせるか・・・自分で往診をするか・・・

だが片時も携帯を話さない筈のJさん・・全く出ない・・・変だ・・よほど悪いのかな・・・

心配・・明日のことも心配だが・・・あるいは私と話したく無いと言うことだろうか?・・・嫌われたかな?・・・・

頭の中は・?・・?・・?・だが次の日すっかり元気になったJさん

「おはようございます心配かけました。」
「携帯離してたの?」

「電話は分かってましたけど・・電話をかけるタイミングを逃したら・・夜になって・・・」
ま、好いか元気な顔も見たし・・・

「エアコン入れたんですけど寒すぎて・・・だんだん頭がボートしてきて・・・」
「JさんリモコンにはON/OFF以外に冷房、除湿とか安眠とかあるでしょう・」
「・・・?」

「ボタンは3つしか有りません。」
「他に何か書いてないの?」
「何にも・・」

手元のリモコンを見る・・・確かにボタンは余り無い・・・・しかし・・
「JさんON/OFFのボタン以外のこの辺のボタンとか動かしてみた?」

e0097212_23251955.jpg
「全然。」
きっぱり

「リモコンのカーソルを動かして除湿とか安眠とか探してごらんよ。」
「でもボタンは・・・」

「分かった。せめて取扱説明書でも読んだら・・」
「そうします。」

「それに風邪の初期にはハリがすごく効くんだけどな~・・」
「先生こっちの書類はどうしましょう?」
聞こえないふり・・・

「Jさんハリは痛くないよ。」
どこかへ行ってしまった・・・当院のデジ化はやはり遅々として進まない。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-08 23:40 | 私の治療室 | Comments(0)

心配する事の恐ろしさ!!

e0097212_0205425.jpg

「先生息子が脳梗塞になりました体は少し動くようになりましたが・・力も入らないそうで治りますか?」
「いつからですか?・・まだ若いですよね」

「3週間ぐらい前からです・・・52歳ですけど・・」
「発病して二時間位なら良い薬もありますし・・ハリでも効果の出るときも多いですが、遅いと後は本人の努力と自然に治る力と運でしょう。」

「当院で詰まったゴミを取ったとしても時間がたっていれば・・詰まった処から回りの脳細胞をどんどん壊してもっと悪くなります。とにかく早くなければいけません」

「どうしてですか?」
「脳細胞も血管が詰まり酸素と栄養が行かなければ死にます詰って10分後から死に始めるのです」

「ええ~っ、ジャどうしようもないですね・・」
「はじめは詰まった所が少しだけ死にます。2~3時間までなら・・つまりを取れば良いのですがそれ以上では死んだ細胞が解けて周りの正常な細胞を広く壊します。だから早くなくては・・・」
e0097212_0223043.gif
「ジャ 家の息子は・・・!!」
「運と努力だけです。」
本人も薬の副作用で手が震えるようになって動けないのに息子と孫の心配で余計ひどくなりそうな気配・・・

「お父さんも息子さんの心配で血圧が上がって発病したのでしょう。」
「そうですね・・・」
かわいい孫はなぜかライターのガスを吸うのが大好きで(ボーとして気持ちがいいらしい)

だが何度も救急車で運ばれるうちに脳はかなり破壊されてしまった(半分以上は)・・まともな言動は望めず記憶の無いまま自分より弱い寝たきりの祖父や妹に暴力を振るう・・・

お孫さんの治療も頼まれたが脳自身が半分を割っていれば私の力ではどうしようもない・・・治療をすれば少し良さそうな素振りはあるが・・真実は伝えなくてはいけない・・・

「元には戻りません強い安定剤で他の人に迷惑をかけないようにするのが精一杯でしょう。」
真実を告げたのが悪かったのか・・申し訳ないが父親まで梗塞になってしまったのが現実だ。

しばらくして退院されたお父さん・・・これなら治るだろう・・良かった。

e0097212_0175254.gif

しかし私が閃揮暗点や内頚動脈のスパズム様の症状を起こした時も強いストレスからだった・・

やはり心配は一番良くない。

ハリの4千年前の古典にすら最近の人はストレスですぐに死んでしまうと言った戒めは既に在る。

解って居ながら・・どうしようもない人間とは情けない・・・皆他人のことは良く判るのだが・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-08-02 00:24 | 脳外の治療 | Comments(0)