おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


訂正 心臓のステント治療 (それでも発作はおきる)

e0097212_23252993.jpg

前回Nさんがステント治療で大変経過が良いと書いていましたが・・・・

安心しきったNさんついついはり治療の回数を減らしがちになっていた。

加えて仕事のストレス・・本日終了間際にあわてて駆け込んできた

「先生実は今日かなり強い発作がおきました・・ニトロを3錠なめても発作は止まらずひやりとしました。」
「ステント部分は再狭窄は無いのですか?」

「未だ有りません。実は少し前から何回も軽い発作はあったのですが黙っていました」

ステントが成功して全ての血管が良く流れてもやはり発作がおきるとは・・・・私は決して心臓病にはなりたくないと思ってしまった。

「マグネシュウムは捕っていますか?」
「ハイ乾燥ワカメなども良く食べていますし・・だいたい下剤にマグネシュウムを飲んでいます。」

「ミネラル不足で無ければ後はストレスですね・・ステントの効果はどうしたんでしょうかね?」
「安心して少し無理をしました・・もう大丈夫と思いましたので・・」

「針だけで頑張っていたときと余り変わりませんね」
「ええ・・・」

「やはりちゃんと来ます。」
またまた怖がりのNさんの治療は再開されるだろう・・やはり予防が第一なのでしょうか・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-10-29 23:27 | 心臓の治療 | Comments(0)

針でケロイドは治るの?

e0097212_2382115.jpg

長年50肩、坐骨神経痛、腱鞘炎、めまい,頭痛とよく来てくれているFさん・・・・

初めの頃はなかなか肌を見せようとしなかった。ほんのチョコッと痛い場所だけを出して・・

「お願いします。」
随分恥ずかしがり屋なんだろうな~でもこれでは治療が、し難くてしょうがない。

「Fさん恥ずかしいでしょうが、服を取ってもらえませんか」
もじもじとなかなか言うことをきいてくれない。

「これだと治療がしにくいし、針を取り忘れると痛いでしょうし」
再度お願いする・・・ようやく服を脱ぐがタオルでしっかりと背中を隠し・・・

少しずつ慣れていって何回目か背中全体の治療に移る
「先生すごいでしょう」

背中一面に真っ赤なケロイド赤や青い血管が、いくつも浮き上がり・・・ああこれだったのか・・
「どうしたのですか」

「昔のやけどの跡です」
詳しくは語らない。それでも治療には良く来てくれる・・・

Fさんの治療をさせてもらってもう何年だろう?

「Fさん最近背中の色が大分消えてきましたね」
「えっ!!本当ですか?」
さもうれしそうに

「見たこと無いですか?最初の頃とは赤みや引きつった皮膚の感じが可なり治ってきていますよ」
取り立ててケロイドの治療はしていないしかし・・

長年の治療でいつしか私も予想しなかった程に回復してきている

「有り難うございます後で見てみます。」
最終的にどこまで良くなるかは不明だが今後も治療は続く・・継続は・・・やはり力なのだ
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-10-27 23:18 | 皮膚科の治療 | Comments(2)

ストレスで手が動かない

e0097212_1815045.jpg

いつも来てくれているS病院の相談員Tさん色んな仕事を引き受けすぎておまけにトラブル続き

「先生手がはれて強張るんです・・・痛くて動きません。」
「いつから?」

「直接は先日転んだのですがその後からだんだんひどくなってきました。」
「どれどれ」
見ると手もそうだが肩から背中がパンパンになっている

「又ドクターや上司に虐められてるんじゃないんですか?」
「そうなんですよドクターはわがままだし上司はまったく働かないし・・・」
いつも一人で問題を抱え込んでいる

「患者の家族も無理を言うし」
そのせいだろう左の首から肩が靴底の様だ

「まず肩こりを取りましょう」
「あっ!!ずきずきしなくなりました・・でも未だ動きません。」

「ジャ、ここに針をしましょう」
全く関係の無い右の足首に針を・・少し動かしながら・・・

「ちょっと手を動かした見てください」
「ええッ!!動きます・・不思議~どうして!」

「急がしいから足も良く使うでしょう。」
「そうですけど」

「これは大昔の鍼の仕方で“ビュウ刺”と言うんですよ」
「先生はいつも考えもしないところに針をして治してくれるけど」

「痛いところをいじるのは誰でも最初に考え付くでしょう。痛い処は他で治らなきゃいじっても良いですがあまり大した効果は出ないことが多いですね。」

「やっぱり注射をする気がしないですね。」
安心して又来て下さいね。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-10-25 18:18 | 整形の治療 | Comments(0)

再興デッサン教室開催?・・??

会員の中の熱心な歯科医Kさん私などよりズート遠くから来ているのに・・

Kさんが中心になって教室を再開したい旨を伝えてきた。

私はと言えば・・・採算が取れるかどうかばかりを考えて再開に踏み切れなかったのだ。

多分自分の医院では面倒な事務的な事等やったことも無いだろうに・・・

自分から言い出すとは、よほどの熱意だ。恥ずかしながら当然私も参加を了解。

試しに2年ぶりの再興教室第一回目を開催した。最初は私の希望を入れて固定ポーズにしてみた。

しかしほとんど全ての会員は素人の集まりである・・・

じっくり長時間の固定ポーズは描きたがらない。

仕方が無い当然だろう・・描けもしないのに同じポーズばかり退屈なのだから・・・・

ここはやはり私が折れるしかないだろう・・やや割高なのもしょうがない。

月1回と言うのも仕方が無い・・皆忙しいのだから・・無いよりはましだ・・

次からは10分ごとのクロッキーになるだろう・・とりあえず見切り発車なのだ・・・

Kさん本当に有り難う。そしてご苦労様私には出来ません。
e0097212_22383197.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-10-21 22:45 | 昔の絵とデッサン | Comments(0)

咽のポリープ


「先生咽にポリープが出来まして、もうすぐ民謡の大会なんですが・・針で何とかなりませんか?」
写真を見せながら・・・・
e0097212_2120333.gif


「ここに、こんな風なんですが・・どうですか?」
「何時からですか?」

「半年ぐらいで・・以前にも小さいのが出来たんですが治りまして今回はなかなか・・・・」
「ではちょっとやってみましょう。」

1通り終わり
「どうですか咽の様子は?」
「少し良いような???」

「毎日来たほうが好いですか?」
「治療はしたほうが良いでしょうがそれより悪くしないように・・余り大きな声をたくさん出さないようにしてください。」

「でも大会はもう直ぐですし・・踊りの人と何回も合わせたり・・・」
「声を出すのは本番だけとかは無理ですか?」

「勝ちたいですし」
「ポリープはどうしたいですか?」

「先生が治してください。」
「本人の協力も無いとね~」

何の病気もこういった方は随分多いものだ・・放っても置けないけれど・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-10-18 21:20 | 耳鼻i咽喉科の治療 | Comments(0)

新しい助手Hさん医学の進歩のために・・・それでも治った

e0097212_18434919.jpg

10月9日より新しい助手Hさんがようやく来てくれた求人の募集をしてから1ヵ月半・・・少し遠くからで、車がすいていれば15分・・みんな良くわかっていて・・

「先生新しいパートさんが来たんだってね!!」
皆安心してきてくれるようになった・・・久しぶりに忙しい1日だった・・

最初は“上手く出来る”はずも無いが・・でも必死で頑張っていてくれる・・長く続いてほしものだ。

「Hさんここ電気をつないでください。」
「はい。」

「Hさんこっちはお灸お願い」
「は~い」

「Hさんその人はお灸が苦手だから慎重に試験管を使ってね」
「え~と」

「ワァ!!あちち・・」
「あ、ごめんなさい」

「良いんですよ・・熱くなきゃ効きませんから」
「初めは誰かが犠牲になるモンですよ!!」

「医学の進歩に協力してくださいね。」
「医学の進歩と関係ないようだけど。」

「じゃHさんがこのまま上手にならなくても良いんですか?」
「そりゃ困るが・・私でなくても・・・・」

そうこう言っているうちにお灸が苦手なKさんのお灸も終わり
「あっ!!それでも痛いのが治ってる」

「Hさんよかったね一生懸命やると少し変でも治るでしょう」
「でも・・すみません」

「良いよ・・皆そうやって上手くなるんだから」
「先生にやってくれ」

「私は忙しいから後で」

でも早く上手くなってもらわないとみんな「先生午後から来てもいいですか?」と・・
なって私が大変なのだ・・・やはり後で私の体で練習してもらおうかな・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-10-11 18:44 | 私の治療室 | Comments(0)

手術後の三叉神経痛

7~8年前だったと記憶しているが
e0097212_18281148.gif
「先生、鼻の手術をしてから顔半分がシビレてどこへ行っても治らないのですが・・・」
「Yさん何時からですか?」
「10年ほどでしょうか・・」

「物持ちのよい人ですね神経が死んでなければ好いのですが・・やってみましょう。」
「いつもこの辺がシビレテもうあきらめているのですが・・・」
顔を押さえてとてもつらそうに

「いや、あきらめるのは未だ早いですよ・・それにここは初めてでしょう。」
「えっ、治るんですか?」

「でも治すつもりで来たのでしょう。」
「はい。」
信用していないらしい・・当然だ10年も治らなければそうだろう。

「Yさん大丈夫ですよチャンと治療すれば良くなります。」
「・・・・」

「では体のねじれを取って・・首のこりを取ってみましょう。」
「ハイ横を向いて」
一通り終わり三叉神経痛の治療をしようと考えていたところ・・・

「あっ、シビレが無い。」
ほんとうの三叉神経痛の治療をするまでも無く症状は消えていた。

以来私を信用して動悸、不安感、咳、腹痛、五十肩と何でも言ってくれる。
e0097212_18301594.gif

「先生ここに来るようになったら昔から悩んでいた下痢も治り風邪も引かなくなって・・すごく体力がつきました。」

「良かったですね。確かにこつこつと鍼をするとみんな体調が良くなりますよ。」

「でも張り切って一度にそこら中掃除をしたら腕が痛くなりました。」

「Yさんおかげで内は仕事が増えるけどあまり無理はしないでね。」

Yさは今も健康維持のため定期的に治療に来てくれている。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-10-04 18:32 | 整形の治療 | Comments(0)