おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


口が動かず・・・喋れません

e0097212_18191735.jpg

当院で何度も脳梗塞の治療をしているTさん
「し・しし・う・・しゃ・べ・・れな・くな・り・ま・し・た」

「いつからですか?」
「さ・さっ・き・き・かか・ら・・」

「手と足は動きますか」
「は・は・い・・」

「めまいや吐き気はは?」
首を横に振る。聞けばご主人が、大きな声で怒鳴ってかららしい・・・非常に不安そうな顔だ・・

「大丈夫ですよ。今回は頭からではありません。落ち着けば直ぐ良くなります。安定剤が在りましたら飲んでください」
私の大丈夫の言葉に少し安心したようだ
e0097212_1849272.jpg

「でも・うま・くしゃべ・れません」
「さっきよりずっと上手にしゃべれていますよ」

「ショックで顔が引きつったり1次的に話せなくなることは良くあります」
「お・父さんが・急に近く・で大きい声で・怒鳴る・ものだから」

「脳からでもこういったことはよく起こりますが、その場合は手や足が動かなくなったりしますから、心配せずにここでユックリ休んでいきなさい・・Hさんお茶を持ってきてあげて」
「ハイこれを飲んで薬もあれば一緒に飲んでください。」

私の説明でだいぶ安心したのか・・見る見る顔の色も良くなって言葉も安定してきた。こんなときに変に検査をしたりして脅かすようだと・・・どんどん悪くなっていく。信用している治療家の声だけで十分だと考えられる。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-02-28 18:49 | 脳外の治療 | Comments(0)

肝臓癌と瀉血

e0097212_1525369.jpg

慢性C型肝炎Hさん
「先生先日新聞で読みましたが・・・血を抜くと肝臓に良いのですか?私は肝臓癌になりたくありません」

「アア名古屋大学で数年前からやっている方法ですね・・・肝臓には鉄分が溜まり易く溜まった鉄分で肝炎や癌を進行させるのです。血液を抜くと溜まった肝臓の鉄分が肝臓から出て行って進行を遅らすのです」

「鉄分が悪いのだから・・今まで体に良いと言っていたモツやシジミ、サプリメントも良くないことがあります」
「へ~え・・すごいことを考える人もいますね!!」

e0097212_1545576.jpg

「イエイエ、本来ははり治療で何千年も前からやっていた方法を名古屋大学でやっただけです。」
「鍼ってすごいんですね~!」

「膨大な経験の歴史がありますからね・・・2年前から保険の適用も出来る様になりまして、もう何人もの患者さんに主治医にやってもらいなさいと勧めましたが・・・県内では全て(内ではやっていない)と断られました」

「でも効くんでしょう」
「はい、薬の効かない人でも効果はあると思います」

「私もやってほしい」
「とりあえず貴女の主治医に聞いてみて・・・それから又考えましょう」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-02-21 15:06 | | Comments(0)

肩が動かん

e0097212_21525347.jpg

「Sさんに、ここが良かったと聞いてきました。肩が痛くて寝返りも出来ん」
「服を脱ぎましょうか」

「え!!なんで!!」
「針をしますから服の上からでは無理です」
セータのえりだけをひっぱて

「これでいいですね」
「肩が痛くても肩だけ悪いわけでは有りませんから」

「ああうるさい所だ。今まで整形と接骨院にずーと行っていたがこんなことは無かった」
「でも治らないので来たんでしょう」
ぶつぶつ言いながら服を脱ぐ

「ああ!!そこじゃない肩が痛い言うとるじゃろ!」
「痛いところだけではだめです」
またぶつぶつ言い出す

「ちょっと我慢してね信用してくれたらすぐ良くなるから」
「・・・・・・・・・・・」

「どうですか動かしてみて」
「なんとも無い」

「じゃこれで良いですよ」
「痛いところをやってくれん!!」

後日紹介者のSさんに尋ねたところ
「何もしてくれん・・ほっといたら治るというのは本当じゃ」
とのこと取り合えずめでたし
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-02-17 21:54 | 整形の治療 | Comments(0)

アスピリン抵抗性の循環器障害

e0097212_12243986.jpg
前述の脳梗塞のTさん
「先生この薬を飲んでいれば再発はしませんね!!」
通院中の病院でもらっている薬を見せて・・・・安心?

「Tさんまずこの血圧の薬ですが好きなグレープフルーツなどと一緒に飲むと作用が強くなりすぎます。はり治療を続けると血圧は下がってきますからもう少し脳に優しく弱い薬に出来るようになりますから頑張りましょう」
「これは脳に悪いのですか?」

「今の状態では必要ですが、脳にはもう少し優しい薬がありますし、薬というのはどんな薬でも副作用はありますから理想は飲まなくて良いようになるのが一番でしょう」
「・・・・・」

「そしてバイアスピリンが出ています。安くてよい薬ですが、やはり副作用のことを考えれば一番の適量にする必要があります」
「頭痛の薬じゃないのですか?」
e0097212_1229332.jpg

「同じ薬ですが少しの量を飲むと血栓の予防になります。平均するとこの薬で予防できるのは1割ほどでしょう」
「ほとんど効果は無いんですね!!」

「そうでもないんです。アスピリン抵抗性の人を除けば4割くらいの効果は出るでしょう。アスピリン抵抗性の検査はしましたか?」
「?・・・?・?」

「簡単な検査で耳から少し血液を取って固まる時間を見ます。4人に1人はアスピリン抵抗性の人がいますから漫然と出された薬を飲むのではなく、検査をして薬を選ぶ必要があるかもしれません」
「え!!そんなこと言えません」

「自分で言えないのなら看護婦をしているお嬢さんに言ってもらえば」
「そうします。でも皆そうしてるのですか?」

「そうじゃないから困るのです医師ももっときめ細かにやってほしいですね」
「アア・・どきどきしてきた・・どう言おう・・自分のためには言わなくちゃだめですね」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-02-14 12:31 | 脳外の治療 | Comments(0)

脳梗塞になりまして

e0097212_185226100.jpg

最後に来院されたのは5~6年も前だろうか待合室にも大きく書いてある“未病を治す”という言葉は説明しても理解は出来ない・・・・・しようともしない

「先生4ヶ月前に脳梗塞になりまして体が半分しびれたままです。」
「どうしてすぐ治療しなかったのですか?」

「病院に行ったらなんとも無いといわれて・・・次の日もっと酷くなったと言ったら、よそへ行けと言われて・・2週間点滴をしたんですけど何の変化も無くて」

「ひどい病院ですね脳梗塞は3時間以内にT‐APを使うのですよ」
「?・・?・」

「脳梗塞の詰まりを取る薬です。」
お婆さんのときやご主人の時で懲りているはずなのに・・?・??
e0097212_18535554.jpg

「それならまだすぐ当院に鍼をしに来た方が良かったですね」
「H子には先生のことは聞いていたのですが・・」

「体が半分しびれてつらくてつらくてすぐに治りますか」
「少しづつ治りますが直ぐは無理です。さっき言ったように直ぐでなければ効きにくいです。」

「じゃ2~3回は来なきゃだめですか?」
「それより根気よくズート来てひどくならないようにしなくては・・・」

「まだ悪くなるんですか?」
「Tさんあなたの症状はまだ軽めの脳梗塞です。TIA(一過性脳虚血症)かも知れません。其れでもはっきり言って10年生存率は50%です。大切なのは予防ですよ」

「10年も生きんでいいです。4~5年生きたらいいですからシビレを取ってください」
「10年生存率は50%というのは、ただ死ぬということではなく何回も何回も梗塞を起こし、だんだん悪くなって最後には死ぬのです。身体が半分動かなくなったり喋れなくなったり・・・」

「じゃ最初は週2回来ます」
「・・・・・・・・其れでもいいですから取り合えず治療しましょう」

「どうですか?」
「ああ!!楽になった頭の重いのとシビレだいぶ減りました有難うございます」
あれから10日未だTさんを見ない
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-02-07 18:54 | 脳外の治療 | Comments(0)

骨がずれた?

e0097212_23125945.gif

やはり2~3年ぶりに思い出したかのように家族に肩を借りて何とか治療室へ・・・

「先生骨がずれたみたいで痛くてうつぶせも上向きも無理で・・・」
「重いものでも持ちましたか」

「体を鍛えようと思って腹筋やらなにやらしまして・・それからです。」
「どの辺ですかね?」

「こここの辺がボキント言って・うう・・」
右腰あたりを押さえて

「ずれとるでしょう」
「いや骨は特には/・・・それに音は骨のずれとは一致しませんよ」

「でもボキンと・・痛くて・・」
「ボキンと言うのは骨の周りの靭帯が動くときに気泡が破裂する時の音がほとんどです。」

「イヤほんとに痛いんで」
「分かりますよ、でもこれはただの凝りからの筋膜炎ですね・・じゃそこに寝て」

「は、針ですか?」
「そうです凝りをとって・・それからです」

ちょっと嫌そうにうつ向く・・・久しぶりに見るが相変わらず立派な彫り物だ・・・しかし威勢の良い男性ほど割りと怖がるものである・・・・

たぶん他人に痛い思いをさせられたことがほとんど無いから痛みの比較の仕様が無いのだろう・・とりあえず怖い

「どうですMさん動いてみてください」
「おっ!!だいぶ痛くない・・もうちょっと・・こうするとこの辺が・・・」

「久しぶりに刺絡でもしますか?」
「えっ」

「怖いですか」
「治るなら、やっていきます」

「如何ですか?」
「おおっ、治った・・またくるわ」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-02-03 23:13 | 整形の治療 | Comments(4)