おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


創処八処の灸 NO,2

e0097212_11582214.gif

患者さんにばかり養生と言っている私が又ミスを起こした。

最初は膝の前十字靭帯を切ってしまった。溜まった画像ファイルを何十枚もDVDにパソコンで同じ不自然な姿勢にて焼きこみ・・・変な音がしたときには・あっけなく切れていた

膝がガクガクするが歩けないことは無い手術は面倒だし・・・暇も無い。まあいいか・・・

1ヶ月も経った頃自分の余りの体力の無さにびっくりして・・・・少し走ろう・・・

家から往復1キロぐらいだろうか歩いたり、よたよたと走ったり、・・・帰ると足が痛い。な・なんとふがいない

膝に違和感を感じながら溜まった雑誌をもって15~6回も階段を上り降りしたろうか?夕方には膝が腫れて座れない。これでは仕事にならない・・・・どうしよう
e0097212_11585642.jpg

そこで思い立ったのがまたまた(創処八処の灸)ここで試さない手は無い

両足をそろえ、自分で足の周りを紐で測る・・・手の幅を引いて・・よし

「お母さん済みませんが背中に灸をしてくれませんか?」
「いや、眠い」

「そんなこと言わずに・・・僕が仕事にならないと君たちは飯が食えないのだよ」
「アア面倒くさい」
ぶつぶついいながら何とかやってくれた・・・よその奥さんのほうが優しいに決まっている・・・

何とか痛いながらも仕事をし、痛いながらも座れるようになったのは10日後であった・・今度はパートさんにやってもらおう
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-05-29 12:00 | 整形の治療 | Comments(0)

瘡瘍八処の灸NO,1

e0097212_1728043.jpg

県境から来てくれているOさん整形で何年間も苦しんだ膝が初回の治療で劇的に奏効した・・・ところがそれが好くなかった治ったと思い油断して無理をしたのだ

「先生、本当に治ったと思ったんですよ」
「未だ治っていないから慎重にといえばよかったですね・・・無理をして、こんな事はよく有るんですよ」

「今度はまじめに来ます」
「でも随分腫れましたね」
溜まった水で大きく腫れ上がって変形してしまった膝・・・痛そうだ

「Oさん今度は少しかかりそうですね」
「頑張ります」
遠くから毎日よく来てくれた・・・早く治してあげたい何か良い方法は・・・・
e0097212_17292291.jpg

「こんなに遠くまで来るのは大変ですから自宅でも出来るお灸をして見ましょう」
「膝にですか」

「いえ昔から伝わっている瘡瘍八処の灸と言う方法で、体の寸法を紐ではかり・・・灸は背中にします」
「えっ!!背中にして効くんですか」
e0097212_17293981.jpg

「おできや水が溜まったりしたものに使います。体の部分によって少しずつ場所は違いますが、皆背中ですね」
「やってみます」

「へ~こんな風に測るのですか」
この灸が良かったのかまもなく腫れは引き・・ついでに足首に水の溜まった奥さんも同伴され

「主人のを見てびっくりして来ました。私も何回か整形で水を抜いたのですが直ぐ溜まります」
結局二人とも家では余り灸をされなかったが・・・経過は満足できるものでした
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-05-22 17:29 | 整形の治療 | Comments(0)

手術で脳梗塞 

 
e0097212_22195067.gif
            
いつも来ている患者のKさんから相談を受けた
「父が不整脈の手術をしますついでに弁膜症の手術もすると言っていますが良いですかね」

「お父さんは普段は畑や田んぼもされていましたよね」
「ええ」

「だったら不整脈の手術だけにした方が好いでしょう」
「なぜですか」

「手術が必要なくらいの弁膜症なら畑は無理でしょう。それに年齢が70歳を超えています」
「ええ」

「当然動脈硬化も在るでしょう。血管はモロクなっています。カテーテルを通したり開胸手術に耐えれるでしょうか」
「だめですか?」

「今まで普通に生きてきたのだから今のままでも好いでしょう」
「でも“ついで”なんですけどね~何か悪いことがおきますか?」
e0097212_22213990.jpg

「よく有るのは、血管をカテーテルでつついたり、手術の際の血栓が詰まって脳梗塞などが発生します。せめてフットポンプで血栓がつまらないようにしなくてはいけませんが、その病院ではそのような処置は望めません」

しかしTさんの家族は鍼灸師風情の言葉が信じられず・・ついでの手術を決行

「先生親父が手術の後、手と足が動かなくなりましたどうしよう」
「残念ですが忠告を無視されたのですから仕方がありません」

「でも医者は・・・・手術とは関係ないと・・」
「何とでも言えます。あとはどこまで回復するかですね。針は当然嫌いでしょう。」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-05-15 22:22 | 脳外の治療 | Comments(0)

禁断症状

e0097212_13495726.gif

今年もうつ病など精神の症状の患者さんが何人か続いた.

時には整形で事故などの痛みを理解してもらえない為に感情が内に向かって・・・うつ病にといったこともよくある

1年も整形をアッチコッチ回って理解してもらえず・・・変化の無い痛み・・・つらかっただろう

当院にたどり着いたときにはもう立派な大鬱病となり、生きる希望を失いかけていたYさん

「こちらへ来てから大分良くなってきました。そろそろ薬をやめようかと思います」
「強い薬ですから主治医に相談してからにしてください」

しかし勝手に服薬を止めたYさん、針の効果で抑えられていた症状が戻り始めた
「先生、仕事も出来ると思ったのですが・・・大分ひどいです」
e0097212_1348553.gif

「主治医に相談したのですか」
「いいえ・・・精神科では止めるときはそのまま止めても良いと言っていました」

「本当に精神科専門ですか」
「内科と併設しています」

「専門家で無ければ本当の副作用とかは良く解らないことも多いですよ」
「いけなかったのですか?」

「Yさん貴女のお薬ルボックスはマイレィン酸フルボキサミン=(セロトニン再取り込み阻害剤)でSSRIと言っています。昔の薬ほど副作用は強くないものの、やはり副作用はあります。効いてくる時も1ヶ月くらいかかり又抜くときも徐々に抜きます。急に止めると禁断症状でひどくなることもあります」
「そうなんですか?」

「とりあえず元に戻して落ち着いて好くなったら、まず半分にして暫く様子を見ましょう。それから次に進みましょう」
「先生のほうが詳しいですね・・そうします」

「医師にも色んな医師が居ます。適切に指導してくれる、そして専門家を選びましょう」
「はい」

「せっかく鍼でここまでよくなったのに・・元に戻って又死にたいを、繰り返すのは困るでしょう」
「良くわかりました」

よく似た事例が重なりましたので報告します
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-05-11 13:50 | 精神科の病気 | Comments(0)

お灸は熱いのか?

e0097212_15243436.jpg

少し前から自分でお灸を頑張ってもらっているお嬢さんがいる

「Sさんお灸は熱いですか?」
「早く病気を治したいですから、大丈夫です」
皮膚に只火をつければ熱いだけの拷問だが、病気のためと考えれば我慢できることもある

お腹の具合が悪くしばらく治療を続けているSさん
「具合はどうですか?」
「体はだいぶ元気になってきたし、お腹もなんとなく良いのですが・・・・ゲップが」

「会社で嫌がらせを受けるんです」
「ゲップ・・で、ですか?私はSさんを何回も見ていますが。聞いたことは無いですけどね」

「気のせいではないですか?」
「・・・・・」
完璧を求めると些細なことが気になってしまうこともある。もしかすれば緊張で・・・かな?

いまどきの若者とは少し違い・・ちょっと気が弱そうで、清楚な感じだ

趣味は着物の着付けと・・最近聞いたのだが焼き物の鑑賞らしい・・・・ウ~ンン

「明日休みが取れたので九谷焼の骨董市を見に行きます」
私も連れて行ってほしかったが・・何か良いものは有っただろうか・・・

「ほらTさんあんな若い女の子でもお灸を頑張っているのですよ、貴女は脳梗塞の再発を起こさないために来ているのでしょう。少しは頑張ってください。」
怖いらしい・・・
e0097212_15261916.jpg

「ハイ、でも忙しくて・・それにあの人は足の裏でしょう」
「足の裏は熱が通ってくると、だいぶ熱いですよ」

「命とどちらが大切ですか?」
「ハイ、お灸をすると脳や心臓の血管が広がってリンパ球なども増えて免疫が上がるんですね!!」

「良くわかっているんですね」
やっぱり自分で灸はしないだろう・・・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-05-08 15:28 | 心臓の治療 | Comments(0)

神々と陰陽図

e0097212_108310.jpg

インドにはよくこの様な像や模様がたくさんある。形のみを見ないでほしい。

真言密教立川流の様な考えでは、世の中がおかしくなってしまう。

男女は陰と陽の象徴として表され・・・

世の中は全て裏と表があり、それを扱う人により善にも悪にもなってくる。

今の日本で人を殺せば罪人だが戦争では英雄となる。

良いことだけでは世界は成り立たない。

腹を立てることがあっても良い。しかし直ぐに気持ちを切り替えることが大切だ。

同じことでも前を向くか後ろを向くかで自分の気持ちも変わってくる。

そして憎しみ争うチベットでも今もなお密教の流れもまた続いている。

e0097212_106630.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-05-04 10:41 | こころ | Comments(0)

Oさんの胃がん

e0097212_18413533.gif

自分は癌にならずにこのまま生きるが口癖のOさん遂に初期の胃がんが発見された

「毎年胃カメラをしていたからこんなに初期に発見できました内視鏡で簡単に終わるそうで・・・」
「初期でよかったですね。粘膜上のものは外国では癌と言わないそうですよ」

「じゃあ来週行ってきます。簡単だそうで又報告に来ます」
「そのていどでは100パーセント再発は無いでしょう。安心してください。」

2週間ほどして報告に来たはずのOさん・・・・
e0097212_18524944.gif

「先生手術が終わったあと首がバンバンになって、寝返りも出来んようになりまして・・その上足が痛くて寝れません。どうしたんでしょうか」
「手術の後は良く有りますよ」

「病院の整形でも診てもらったのに全然良くなりませんどうしたらよいか相談に来ました」
「大丈夫、整形に行かなくてもハリ治療で直ぐ治ります。安心してください」

「こんなにひどいんですよ」
「ハイ、よく有ります。大丈夫私に任せてください」
e0097212_18443413.gif

「手術の後は色々心配になって緊張から決行が悪くなって肩や腰がバンバンになって神経を圧迫してほとんどの人がこうなります」
「本当ですか?」

「皆そうですよ」
「今度はまた他の何か悪い病気になったんでは無いのですか」

「安心してください信用してくれないとよくなりませんよ」
「・・・・・・・・・・・・・・」

その後・・・数回の治療であっさり完治してしまいました
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-05-01 18:53 | 整形の治療 | Comments(0)