おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


α星シリウスAからやってきた神

e0097212_118364.jpg

先日テレビで人類滅亡後の環境を想定した番組をやっていた

100年後には堅牢さを誇る巨大なビル群がほとんど崩壊し・・

1000年後には人類存在の跡形も無く地球はもとの自然のままになっているらしい

サルの惑星どころではない。確かに人類の歴史など宇宙規模で見ればほんの瞬きほどで・・増してや1000年位は時間としての感覚も無いくらいだろう

地球の年齢は45億歳から50億歳と言われているが1000年で人類存在の跡形も無くなれば今までに幾度と無く新人類が誕生しては滅亡を繰り返してきたとしても少しも不思議ではない

我々人類が1番などとはおこがましい・・・我々よりもズート文明の発達していた時代が在っても何等不思議は無い

現実に数万年前の地層から銃で撃ち抜かれたと考えられる頭蓋骨や核兵器を使用したかのような地層その他、数々のオーパーツも出ているようだ

熊野神社の神様の御名は「クナート・サマラ」と言い地球からおよそ8.6光年の距離にある「おおいぬ座」の「α星シリウスA」からやって来たとされる
e0097212_11125579.jpg

真実は不明だが、シリウスAが発見されたのはごく最近であり・・・数百年も前の望遠鏡も無い古代には見えもせず、人間が知りえたはずは無い・・もしシリウスAからやって来た生物に遭遇すれば当然神と崇めたであろう

私の夢は限りなく膨らんでゆく・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-30 11:13 | 私の治療室 | Comments(0)

鞭打ちの老人NO,2 訂正

e0097212_2204612.jpg

前回息子が老人に"せっかん” した事のみを書いてしまったが真実は・・・老人の義理の妹さんから伝わった

「先生先日はご迷惑をおかけしました実はあの後、妹さんがパンパースをもってすぐ御兄さんの所に行かれたのですが」
「はいはい」

「本人が自分はそんな人間ではないと大変怒り、妹さんに殴るけるの暴力を振るい・・息子は激怒するはで・・大変だったのです。」
「何でそんな・・・・」

「本人はボケたのか、何故自分が濡れているのか分からないらしく・・・・」
「そうらしいですね」

「本当は検査に言った病院や普段通っている病院でも苦情は強く言われていたらしいのですが・・・本人が認めず放ってあったらしいのです」
「そうですね他の場所にも行かないといけませんしね」

「体は大変元気な者ですから・・施設に入れるにも言うことを聞かず・・・」

今後もっとこのような社会現象は増えていくだろう・・・我々全てが関わっていく事になる問題だけに深刻だ

もしかすれば3面記事に載る事になったかもしれない問題でもあったが・・・ひとまず安心
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-28 22:15 | 私の治療室 | Comments(0)

鞭打ちの老人

e0097212_16122647.jpg

2~3年前家族を通じて止めた弁膜症の手術・・・田や畑仕事が出来るのに70歳になって弁膜症の手術は必要だったろうか???

おかげで手術時に血栓が発生し脳梗塞の後遺症で苦しみ・・片手で運転中・・自損事故

針が信じられず大嫌い3日間痛みで寝れず・・・遂に息子に伴われて来院

「どこが痛いですか」
「全部!!」

「たくさん痛いのは分かりますが特に足とか首とか?」
「ぜ~んぶ!!」

全身真っ青・・痛みで横にもうつ伏せにもなれず・・だが治療で即座に症状は大方解消

しかし脳梗塞の後遺症からか・・動かず痴呆になったためか・・毎回ベットをたっぷり濡らして帰宅

奥さんでも生きていれば・・・こっそり「パンパースでも」と伝えたいのだが・・息子との二人暮らし

「息子さんは・・ちょっと話がややこしくなるから折を見て本人に話すから」
と家内と助手をなだめ・・毎回シーツの交換と臭い消しに一苦労・・・

しかしせっかちな家内が・・スーパーで合った老人の義理の妹さんにうっかり話してしまった

話はすぐ本人の妹に・・・女性の話は微妙なもので・・・甥っ子と本人に指導

「先生、親父が迷惑をかけたそうで絶対に来ないようにしましたから」

「もうハリには絶対行かない。」と言うまで執拗な・・・“せっかん”で大変だったらしい
老人には大変申し訳ないことをしてしまった
e0097212_1655318.jpg

本当は当院のシーツの問題ではない・・よそへも行かなくてはいけない・・

このままでは本人も可哀想・・問題は何も解決していない
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-27 16:06 | Comments(0)

ストレス性の湿疹

e0097212_11535222.jpg

私の母は気性が激しい。父とよく言い争いをする・・・父がボケていると言う

「あまりしつこく言わない方が良いよ・・・」
「でも、理解できん様だし・・話がまったく通じん」

「では,なお更に無理に言わない方が・・・」
「でも違っとる事を言うのは改めさせんと!!」

「ボケたんでしょう!! 言っても仕方がないのでは・・」
「それでも・・・」

そんな風でストレスから鬱になり・・当然、肩も強くこり
「あちこちが赤くなって来たけど・・・カブレたんかね?」

「安定剤は飲んでる」
「すごくイライラするけど・・副作用が怖いから・・・・」
e0097212_11545471.jpg

「あれは、弱い薬だから大丈夫・・ストレスからの湿疹だから・・こんな時の薬ですよ」
「判った。でも・・」

「じゃ針をしてあげるから」
「わかった」

怖いステロイドをすぐ使用しなくても・・・ストレス性の湿疹も、やはり針は良く効く
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-23 11:55 | 皮膚科の治療 | Comments(0)

老老看護   入院NO,2

e0097212_16105165.jpg

今度もお年寄り二人暮らしの事です

数年前はり治療を恐れて腰の手術をした御主人・・今は自力では立てず・・

引っ切り無しに怪我の連続・・・・

「先生一人では危なくてとても置いておけません」
「あなたもその体では限界でしょう」

「限界はとっくに過ぎてますが」
「介護施設にお願いしたら」

「本人が嫌がりますので」
「どこも同じですね・・でも無理をすれば必ずあなたに掛かってきますよ」

「ハイ今も主人を持ち上げて膝と腰が痛くって寝れません」
「すぐ治りますからね」

その後1週間ほど後・・他の患者さんからKさんの話題が・・
e0097212_16162521.jpg

「先生Kさんがご主人の看病中に手と足が動かなくなり救急車で運ばれたそうです」
「あんなに言っていたのに・・脳梗塞ですね・・ひどくなければ良いのですが」

今日・・大きな後遺症はないとの報告が有り・・一安心・・・・本当に良かった
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-20 16:17 | 病気とは | Comments(0)

老老看護   入院NO,1

e0097212_11522784.jpg

小子化の時代同居を嫌う人の多いこともあり残った老人が老人を介護すると言った事がよく起こる

病人も当然動けないが・・・・看病する方も具合が悪いといったことは良くある

あまり動かず菓子を好み結果体重も重く・・あちこちが痛くやっと動いているSさん

「お父さんの肺気腫が急にひどくなって・・看病してますので大変つらいです」
「その体で看病は無理でしょう」

「トイレにも行けず食事も食べさせていますから」
「主治医に言って入院を・・・」
e0097212_1225966.jpg

ところが病院の対応に満足できずすぐ退院・・・家に帰り、またわがままを・・・・

「先生ひどくってひどくって足もずーとしびれて痛くて寝れません」
「坐骨神経痛はすぐ治せますが・・・ご主人には・・やはり入院を・・」

「あの手この手で逃げ出すことを繰り返して・・私が死ぬまで無理です」
「では娘さんか弟さんのところへでもしばらく行ってご主人をあきらめさせたらどうでしょう」

娘さんに連絡をとり説明するも・・・今は家の新築中でお舅さんも居るとの事で1ケ月の入院となりました
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-16 12:29 | 病気とは | Comments(0)

首と鉢との交換?


e0097212_13152960.jpg

首がグラグラで、引っ切り無しに怪我をし・・いつも大騒ぎをしているMさん・・今日も・・

「怒らないでね、先生またやりました・・・痛くって痛くって・・」
「体を交換したら」

「有れば交換したいです」
「家に余っている鉢がありますが・・あなたの首と交換しましょうか」

「鉢では格好が悪く・・恥ずかしいです」
「もう体裁なんか言っていられないでしょう」

「何でもいいですから楽にしてください」
「ハイ・・裏の鉢を持ってきて」
e0097212_13155629.jpg

「・・・・・・・・・・・やっぱり・・・」
「えっ、全部パ-ツを交換します?」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-13 13:18 | 私の治療室 | Comments(0)

人間は機械ではない

e0097212_2011299.jpg

しばらく疎遠になっていた患者さんが時々来てくれるのは嬉しいのだが・・・治ってもよい頃なのになかなか思うようにいかない・・よそで治らなくて来たのだから当然かもしれないだが・・・・

そんな患者さんや少し頑張りすぎるような患者さんの中に癌だったりすることが多々ある

1センチの癌になるまでに7~8年はかかる。どんな人間でも・・必ず毎日何十個もの癌細胞を自ら作り続けてている

そしてそれを打ち消すために免疫がある・・(癌細胞が出来る⇔免疫で消す)・・・といったシーソゲームの様に人間は生きている

その中で医療の出来ることはささやかだ。私のやっている治療も方向が違うだけで微力な事に変わりはない。

今月だけでも何人の患者さんに悪性度の高いものや進行癌その他予後不良な病気の相談を受けただろうか

悪い宣告を受けた人ほど突然足繁く治療に訪れる・・・だがそんな人は普段は疎遠だ。
e0097212_20142180.jpg

ハリで免疫を上げるのは比較的たやすいのだが・・・・のどもと過ぎれば熱さは無い

微力だからといっても120パーセントの治療を期待される・・・・私は1本のわらで在り続ける
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-06 20:15 | 病気とは | Comments(0)

舌痛症 

e0097212_953345.jpg

「アノ~・・舌痛症なんですが・・ハリでいくらかでも効果ありますか」
「治ると思います・・怪我でもされたのですか」

「多分息子が外国へ行ったときに心配で・・・それからだと思います」
「心配からの痛みはよくありますよ」

「10数年も治りません・・いっぱい色んな病院を回りました・大学病院の紹介で横浜まで行ったんです」
話は続く・・・

「大丈夫ですよ。ハリは病院とは違う理論体系もありますし」
「?・・??ちょっとでも良くなれば・・」
まったく信用してなさそう・・・

「舌も乾いてひび割れし・・物も飲み込めません」
開けた口の中は赤く腫れ傷もついている・・時間の経過を感じる

「うつ伏せになって見ましょう」
「舌なんですよ!!」

「心配からでしょう・・肩や首もこったでしょう」
「はい?・・?」
e0097212_9544441.gif

「舌の神経は首の後ろから頭蓋骨を通って前に出るのです。神経の圧迫を取り除きましょう」
「そうですか?・・・」

「今日で3回目の治療ですがどうですか」
「痛みが引いてきました?なんで?」

8診目・・・下の赤みも引いてきて傷も減ってきた

「何でハリでこんなに良くなるのですか今までの治療は何だったのですか」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2008-11-02 09:56 | 耳鼻i咽喉科の治療 | Comments(2)