おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


乳癌手術後の痛み

e0097212_16215612.jpg

半年前に乳がんの手術を受けたTさん傷口周辺の痛みをずっと我慢していたが・・・
しばらく来れなかったことも有り、ついに我慢が出来なくなり

「今日は傷口を中心に胸が痛くって我慢が出来ません」
ブラを少しずらし・・
「ああ!ここですか・・・随分硬くなっていますね」

「鍼は出来ますか?」
「大丈夫。傷口は放っておけば・・硬くなって、よく痛みが出ます」

「傷口周辺の硬くなったところにも鍼をしてから・・首を緩めましょう。すぐ治ります」
「あ!!本当だ大分軟らかくなってきました」

「でもまだ痛いでしょう」
「はい・・・」

「久しぶりの治療で肩が凝っているからですよ」
「肩のせいですか?」
耳の下を押しながら・・・

「あ!痛い!!」
「ほらこんなに凝ってます。背中から傷口の方向に肋間神経が通っていますから」

「え?・・??」
「背骨の隙間から肋骨の間を通って胸に神経が有ります。」
e0097212_16104459.jpg

「はい」
「肩こりでその神経を圧迫しているのです」

「今日はちょっと・・ひどいですから足の鍼をしましょう」
「え!そんなところ初めてですよ・・・肩じゃないのですか?」

「ハイ。体は続いています。あまり放って置いたので肩だけでは治りません」
「ああ!スウット痛みが引いていきます・・・不思議ですね」

きっと胸に直接治療しなければいけないと想い・・恥ずかしかった事もあったのだろう・・・
「今度からは我慢しないですぐ言います」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-26 16:22 | | Comments(0)

三叉神経痛

e0097212_10413963.jpg

2~3年に1度三叉神経痛で顔と歯が痛いと言うKさん。またまた久しぶりに来院

「少し前から膝が痛かったんだけど・・ほっとけば治るだろうと思っていたらひどくなって・・そしたら・・肩が痛くなってまた三叉神経痛も出てきました」
「いたい膝で我慢していたので体がねじれて首に無理がかかったのでしょう」

「そんなこと有りますか?」
「体は続いているでしょう。」

「??・・?」
理解できないようだ・・最も分かっていればもっと早く治療を受けるだろうが・・

「バケツを持てばバランスをとるのに反対側に傾くのと一緒ですよ」
「何でも良いから治してよ!!」
e0097212_11103546.jpg

膝は簡単に治ったが普段から我慢をしていた肩こりのためか・・三叉神経痛?はしばらく続いた

「先生今度は今日で3回目なのに三叉神経痛が有ります」
「だいぶ我慢していたのですね」

三叉神経痛に強い偏頭痛も混ざっていたようだ

「ほっとくと何処が悪いか分かりにくくなりますから今度は早く治療しましょう」
「・・・・・・・・」

やはりひどくならないと・・来ないかもしれない
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-22 11:10 | Comments(0)

富山の人は???(針の業者の言葉)

e0097212_18474458.jpg

富山県人は特に体を大切にしない“疲れは我慢”・・・・

Yさん所有の立派な家やクルーザー、高級車の話しは・・よく聞く。いわゆる箱物の話しである

命を削りながら・・家を残すために必死に建てようとする富山の人々

出入りの針の業者Nさんの話しだが・・

「富山では“当院は現金です”と言うと・・脱いだ服を・・すぐ着て帰るそうですね・・

他所では聞かない話しです!!
e0097212_184839100.gif

新潟では皆アパート暮らしでもオペラを楽しみますよ」

当院では今のところ・・まだだが、確かによく耳にする。

健康になる事は罪悪なのだろうか・・・

元気に働くためにも体を労わり、余暇を楽しむ事はない。

見えないものに金を払うことは無駄らしい

確実に残るもの・・したがって・・手術は安易に受けるし、薬は大好き?

結果・・手術の後遺症や薬物の副作用、後遺症で苦しむ人はたくさん見受ける
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-19 18:50 | Comments(0)

パーキンソンの治療

e0097212_11231971.gif

"パーキンソン”よく耳にする病気だが・・脳内細胞でもタンパク質は常にフレッシュなものに置き換わりながら細胞を維持しています。

古くなったタンパク質を分解することは重要です。不要なタンパク質の分解に必要な“ユビキテン(コエンザイムQ10)が不足しますと・・

不要なタンパク質が細胞内に蓄積されて・・脳神経細胞では、UCH-L1の遺伝子異常によりパーキンソン病が発病します

小脳の黒質のドーパミン神経が減ってしまうと・・ドーパミンが出なくなり手足の振るえや、歩行が止まりにくくなる
e0097212_1125190.jpg

鍼治療としては手足にハリをしてもあまり効かない。しかし・・・頭にハリをすると良く効く

左右の首のコリを見て・・凝っている方の頭に鍼をするとパーキンソン患者の不足しているドーパミンという脳内物質が放出され治療後数時間位から効いてくる

根気よく治療すれば薬が要らなくなる患者さんもいる

「手が震えて困ります。特に心配の有るときは」
「ええ・・ズート震えていますねいつからですか?」

「病院で風の薬をもらってからかな?・・・」
首を緩め頭にハリをし・・・
e0097212_11343494.jpg

「いかがですか」
「なんか良いみたいです」

時々しか治療には見えないが・・発症パーキンソンとは違うかもしれないが効いてきている

薬物服用後に手足の振るえの出る人はよくある。そしてパーキンソン以外でも勿論ハリは適応する
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-15 11:34 | 脳外の治療 | Comments(0)

“迷?謎医”の可哀想な・・治療

e0097212_1492082.jpg

半年前の医師の同意書をやっと持って・・久しぶりにやってきたYさん。遠方からの通院も嫌だし・・安くて良い所は無いか?と(医師の同意書が無ければ保険適用は無理なのだ)・・・・偶然会社の女の子が捻挫

「Yさん針に行ってるて・・言ってましたね。紹介してください」
「よし分かった。今から行こう。」

初めは当院へくる予定だった。しかし休日であることを思い出し・・・・・よし・・

「わしは“もう一件”知っている。いつもと違うところへ連れて行ってやる」
「大丈夫ですか?」

「中国の針やし・・いつもの処より良く効くかもしれん・・・わはは・・」
「そ・そ・う・ですか・・・・・」

「連れて行ったのですが・・・わしは怖くて途中で見れん様になって・・・」
「何をやったのですか?」
e0097212_1403044.jpg

「青く腫れとる処へ針をいっぱい刺して・・・痛がる足をぐるぐる回し・・押したり曲げたり・・」
「そんなひどいことを・・一番やっては駄目な事ですよ」

「イタイイタイ言うて、止めてくれ言うのを無理にぐるぐると・・・・」
「余計ひどくなったでしょう」

「ああ・・一週間寝たっきりになってしもうて・・・おまけに(あなた! うるさい!!。 黙りなさい。)言われたそうです・・泣いてました・・」
「あなたは、そんな目に合わせて心が痛みませんか?」

「ワシは、全然痛くないし・・でも“自分は絶対あそこへ行かんぞ!! ”と思いました」
「あんまりだ。捻挫の患部はいじらない。患部は刺絡だけで良いのですよ。ほとんどすぐ歩けるようになりますから・・」

「ワシもそのつもりだったが・・休診日があかんのじゃ・・あれは、二度と針には行かんな~~!!」
e0097212_13585855.jpg

あのマスコミにも出て・・“有名なJ先生”捻挫治療の基礎が分かっているのかな、免許は?他の治療でも時々似た様な話を聞く事がある・・・でもテレビで有名だから患者は・・行っている

「もう他所へ行かんから・・先生もう一度・・同意書の紙下さい。」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-11 14:09 | 整形の治療 | Comments(0)

針治療とは・・NO,6脳出血後遺症

e0097212_10593449.jpg

先日不思議な患者さんが来院
「だいぶ前に脳出血を起こしたのだが何回で治るか?料金は?休みは?・・・・」

ホームページを見ての連絡らしいが毎日・・同じ質問・・脳出血後遺症で記憶の混乱があるらしい

「あなたのホームページに1回で100血圧が下がった話があったが本当に下がるのですか?」
「あれは急性期の・・・突然上がった血圧ですから長年の間、ズート高い血圧は根気が必要です」

「月に1回の治療で良いですか?」
「近くの治療院で治療を受けたら如何ですか?」

「そちらへ行く。」
だいぶ若い人だし・・障害も比較的軽い・・治療は一通り終わり・・・

「すぐ血圧を測ってくれ」
「だいぶ高いですか?」

「薬を飲んでも180以下になった事はない」
「へ~薬を見せてください」
いろんな薬、強い薬も多くある・・・

「糖尿も有りますね・・だから若いのにこんな事になるのですよ」
「?・・????」

「糖やコレステロールで血管がボロボロになっていますから・・根気よく治療を続けて血管を治し再発を防ぐのが大切ですよ」
「針で血管が治りますか?」
e0097212_11185067.jpg

「根気良くすれば段々良くなります・・・ア・・エ~ット今は150-86です」

「この計算で行くと後2回で治りますね」

今までに話した事は何だったのだろうか?・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-08 11:20 | 内科の治療 | Comments(0)

針治療とは・・NO,5 空腹と寿命

e0097212_15211242.gif

体調不良を訴えて頻繁に来院されるMさん
「昨夜おやつを少し食べたところ胃が重くなって、目眩がして・・・その後息苦しくて動悸と吐き気も・・・癌でしょうか?」

「先日検査をしたところですし大丈夫ですよ・・・自律神経が不安定になってパニック症状になったんでしょう・・・夜食べると悪い夢もよく見ますし、よしたほうが良いでしょう」

「どうしてですか?」
「膨らんだ胃が心臓を圧迫しますから」
e0097212_15555555.jpg

「パニックって・・治りますか?」
「すごく怖かったでしょうが危険は有りません・・・すぐ治ります」

胃の不調、目眩、息苦しさ、動悸、吐き気は治療ですぐ消失。しかし・・・

人間は“体のために”と食べる事に執着する・・・だが胃も含めて内臓も体なのだ

入れ物を大事にするなら中身も大事にしてほしい、食べすぎは体を壊す

断食をすると普段2週間ほどの寿命の赤血球が1ヶ月ほどに延びる。

同様に(断食で寿命が伸びる事を実験で確認)とのニュースも有った

糖尿や胃腸の弱い人等に食事を減らしたり、せめて週末の夜だけでも食べないことを勧める・・と・決まって

「そんな事をしたら力が出ない、体が弱って体が持つわけがない」
e0097212_15564512.jpg

しかし実際に“厳格な糖尿食”を実行しても空腹を感じるのは初めの1~2週間だ・・後は気にならなくなる

特に体力が落ちる事もない・・・それより糖尿から腎不全にでも成れば肉などは食べれず

砂糖しか食べられなくなる事を知っているのだろうか?

体のために"食欲もないのに無理に食べる"当然消化はしないので胃が不調に成る

不調に成ればもっと食べれなくなって体は弱る・・・胃が休まらないからだ

一度胃を空にすれば"消化能力が復活”して結果的にちゃんと食べれるようになる

鍼で胃の具合はすぐ良くなる。しかし・・悪循環を断って身体回復させる事も大切だ
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-05 16:06 | 内科の治療 | Comments(0)

針治療とは・・NO,4 舌痛症原因の治療

e0097212_17122043.jpg

長い間苦しんだ舌痛症で時々通院中のYさん・・最近少し良くなってからは・・何故発病したか?原因はどこか?もう気にならず

「先生、治療は舌だけで良いです」
「急がしいのですか?」
鍼が好きではない事もあり・・舌に3~4本程、鍼をして帰って行く

「なんか・・・最近はあまり改善して行かないようです」
「Yさん発病の原因は覚えていますか?」

「??・・息子がイギリスへ行って・・心配で・・歯が痛くなって・それからですよ」

そう彼女は心配で"血管を閉める神経”が働き・・肩がこり、首の奥の三叉神経の圧迫から舌痛症に進んだのだ・・よく有る話しである
e0097212_1793998.jpg

針が好きでないことも有り、つい局所の治療で終わりたいらしい・・だが根本は良くなって行かない

「Yさん肩は懲りませんか」
「肩こりは当たり前です・・我慢します」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-02-01 17:12 | 耳鼻i咽喉科の治療 | Comments(0)