おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


三叉神経痛?歯隋炎?

e0097212_20155834.jpg

「もしもし針で歯痛は治るって有りましたけど・・本当ですか?」
「ハイ。痛みだけなら歯医者より良く効きますよ」

「一年程、歯科に通っていますが・・良くなりません・・悪くなったような?」
「歯髄炎は有りませんか?」

「今治療中ですが・・・次々と・・・」
「肩凝りがあるでしょう」

「はい・・・?」
「そのせいですね・・・肩の鬱血で歯茎の血行が悪くなり・・歯髄炎になったのでしょう」

「そんな事って有るのですか?」
「良く有ります・・・とりあえず、歯の痛みは必ず治りますし・・歯髄炎も良くなります。」

「肩や背中がバンバンで息苦しくって、不安で、動悸もあって・・・」
「良くあるパターンですね・・1回では無理ですが・・みんな治ります。」
e0097212_20271368.jpg

初めての治療だったため・・・不安感で少し大変だったが・・・・・

鍼が嫌でなければ体の歪みを取っただけでも歯痛は治る
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-31 20:27 | 歯科の治療 | Comments(0)

カード詐欺

e0097212_10435455.jpg

ついに私はカード詐欺なるものに当たってしまった。

事の発端は、日本政府の突然の発表にある。
「対面販売の出来ないインターネットでの薬品の販売を禁止する」

表向きはこのようだが・・ネット販売の影響を受けた薬局や製薬会社の意向ではなかろうか?
政治家はきっと多額の献金を受けているのだろう。

ネット販売業者への課税について調べ、次いで今回の処置に成ったと信じている。

そこで必要な薬品を入手出来なくなった時の事を考えて・・・私は
「ヨシ!それでは規制の緩いアメリカからの輸入にしよう・・・まず練習にサプリから・・」

ところが私の頼りない語学力でアメリカのホームページを調べるのは容易ではなく
第一に他国のホームページは日本のように親切ではない

大変不親切で何処に何が書いてあるのかが分かり難く・・・

あっちこっちページを移動し隅々まで・・この老眼を酷使しての作業

毎日数箇所の会社を探し自分の条件に近いところへ(輸入は送料が異常に高い事もあり・・)
一回ごとにメールのやり取りを行いながら2~3週間

試しに3社にて購入。しかしアメリカに“代引き”は無く・・銀行振り込みも無い。
注文しても購入確認メールも・・あまりない。

日本の楽天のように"大本で管理して販売会社にカード情報を知らせない"といったシステムは少ない

平和ボケした私は全てにカード番号を渡したのだ・・・

その内の1社vitagloから届いた製品は使用期限が非常に少なく・・
再三抗議するが連絡は無い・・・

3週間後、突然メールが届いた・・全く記憶に無い注文・・・それは・・
「Thank you for your order again.」から始まるvitaglo-557190($156.21)だった

またまた抗議するが返答は無く・・カード会社に報告

「その社では1度しか購入していない。2度の引き落としは拒否して下さい」

しかしカード会社の社員には良く伝わらず
「($156.21)の引き落としはございません」

しかし不審に思った私は・・・カードの履歴を調べることを・・ようやく思いついた
やはりあった”金額を変え”引き落とされていた・・・夜中であったがすぐ電話

「私は“日中のその件”には関わっていません。分かりませんので・・明日のご連絡を」
「私は構いませんが,そちらの会社に迷惑が掛かるかもしれませんよ」

「ではお受けします。ご用件を・・・・・」
ようやく聞く気になったらしい・・・カードは停止、カードの消去依頼の書類も送ってもらう筈だったが
e0097212_1037492.jpg

未だに届かない・・おかげでカードの消去も出来ず、自分のカード情報にアクセスも不能。新規加入も当然不能。

あまりの対応のまずさに少々いらだってきた。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-29 10:44 | 私の治療室 | Comments(0)

申告で・・くたびれもうけ

e0097212_15394015.jpg

完璧主義で頑張り過ぎのため・・先ごろ癌の手術を受けたばかりのNさん

少し症状も落ち着き始めたころ・・・申告のシーズン・・・掛かった医療費の還付請求でも・・・

どんなに得をすると思ったのだろうか?

資料を集めるのにまず一苦労、記入とまとめで・・・・役所へ持っていって、色々貼り付け記入・・よし

「ところで保険から下りた分はいくらですか?」
還付分もあれば・・支払い分もある・・・・知らなかった

そもそも高額医療で健康保険から可也戻っている分をもう一度還付は出来ないだろうに・・・・

「保険の分・・申告するんですか?」
「当然です。」

結局・・・還付どころかもっと税金が増えただけだったようだ。

医療費の還付請求をしても・・思ったほど得をしない事を、みんなは余り知らない

癌で体力を無くし・・休めなければいけない身体・・・さして得にもならない無理をして・・
e0097212_15453581.jpg

再発でもしたら如何するのだろう

昔から難病では、助かるか如何か?は・・このような生活姿勢が治せるかどうかに掛かっている。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-26 15:44 | | Comments(0)

癌の手術の必要性は?

e0097212_0103213.jpg

日本でも最近は、胃、大腸。乳癌の初期が治るように?成って来た

原因として昔は発見出来なかった極初期の癌がカメラの発達により発見し易くなったからだが・・

アメリカで癌死が減ってきたのは胃、大腸。乳癌の初期の発見に努めてからだ。

それ以外では余り治療の意味が無く、胃がんでさえ初期以外の10年生存率は50年前と変わらない

手術前に病理で癌の悪性度・・・つまり周りの細胞に対する浸潤性(正常細胞への溶け込み方)を見るのだが・・・

悪性度の低いものも一様に切除してはいないだろうか

放置してもあまり変化の無い腫瘍も有るのでは?

手術によって悪化を招くと分かっている患者に対する手術の横行・・・

我々が新米の医師の練習代になる必要も無く、病院経営の助けをする必要も無い
e0097212_0223978.jpg

日本で治ったと言っている“初期の粘膜上の腫瘍”は外国では癌とは言わない。

日本人も自ら免疫を上げる事を学ぶこと・・・

治療を選ぶ権利を行使する事

“未病を治す”・・・・数千年前からの声である
e0097212_0192880.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-22 00:22 | | Comments(2)

人はどこまで癌と戦えるか

e0097212_1882761.jpg

最近読んだ医療サイトのアンケートの結果では一般人では最後まで癌と闘うと答えた人は80%だが・・最後まで癌と闘うと答えた医師はわずか16%だった

また、抗ガン剤の有効なガンは一部しか無い・・・・と言う事もご存知だろうか?

そして高価な最新の抗がん剤を用いても、5年後に抗がん剤を用いた人と、用いなかった人の寿命の差は(わずか3~6ヶ月間)の差しか無いとの結果であった

厚生省が新薬を認めたくない理由の1つに・・月に何十万円と費用がかかる割には効果が少なすぎることもある。

また痛く、つらい治療や・・激しい副作用に長期間苦しんで・・・せいぜい3~6ヶ月間の延命効果しか無いと分かっていれば・・果たして何人の人が治療を望むだろうか?

(初期の胃、大腸、乳癌以外は)手術などで癌細胞を“いじれば”・・・逆に“活性化”する事の方が多い

それ以前に癌幹細胞(癌の素)に至っては対処の方法は皆無であり・・次々と新しく出てくる

私は初期以外の癌の家族には・・(患者には何も伝えず・・・ただ優しくしてあげて、良い思い出をたくさん作ってあげて下さい)と言う事にしている
e0097212_186658.jpg

自分を思ってくれる家族の心が伝わり・・免疫が上がり・・良くなる事も有るように感じる。

今まで治療をしなかったために癌の死期に苦しんだ人は見たことが無い・・・・そう・・癌はいじるから苦しいのだ。

初めから分かっていれば治療を希望する人は可なり減少すると思う

免疫を上げるために毎日のお灸を勧めるのだが誰も実行しない
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-19 18:08 | | Comments(0)

不調のパソコン復活

e0097212_13304058.jpg

昨年にAVG(ウイルスソフト)のバージョンアップ後スパイメールにも対応できるようになってから?・・

何故かPCの不調が目立つようになった。

メモリが不足しているのだろうと512メガからバルクの1G2枚、計2Gにした。良いように見えたが・・・だんだん症状はひどくなり。電源を入れてから30分ほど放っておかないと動かず・・フリーズに次ぐフリーズ・・

DVDドライブも・・必ず2度焼きするようになり・・・エクスプローラーも起動しなくなった

ウイルスソフトの種類も変え何度も調べるも異常なし・・・そしてハードのチェックも当然異常なし

システムの復元で2ヶ月以上前に戻しても・・まったく変化なし・・・エクスプローラーの初期化・・再インストール・・不変・・・

やはり安いバルクのメモリだし(一応キングストーンなのだが)多分検査なしの製品を大量に買いつけ・・初期不良があれば交換に応じる・・・を繰り返しているのではと思った

メモリを1枚ずつ外しての検査は大変だし・・・フリーのメモリ検査用ソフトは検査に大変時間が掛かるからやりたくない。

それにもとの症状はメモリの交換前からの様な気もする・・・
e0097212_1347538.jpg

・・・メモリ以外?・・・マザーボード?・・・そうなら部品だけで1万5千円位はするだろうか?

OSなしのPC本体だけを買ったほうが・・・後のことを考えれば良いように思える

しかし駄目元で・・・保存してあった最適時の状態に戻してしてみよう・・・・

ところがブータブルCDからも起動しない・・やはり駄目かな?・・

最後にPC内にあったアクロニスにて起動、ようやく何とか復原・・・成功?

恐る恐る動かす・・・なんと不思議な事に今まで何をやっても駄目だった、エクスプローラーもテキパキ起動

DVDドライバーも正常に動く・・・ハード面の故障に見えてもこのようなことも有る。

人間に針をする場合と同じく決してあきらめず色んな方法を試みれば何とか成る事は多い

PC初心者には、まだまだ不思議な事ばかりでした・・・・
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-15 13:44 | パソコン | Comments(0)

耳鳴りが再発

e0097212_1646641.gif

時々耳鳴りが発生するFさん奥さんを亡くして・・2年前まで普段は義理のお婆ちゃんと1日中一緒

厳しい義母で70歳をだいぶ過ぎても気に入らない事が有ると「だら(富山弁でバカ)婿」呼ばわり

認知症の義母は家中”垂れ流し”状態・・息子のお嫁さんも構わないので・・当然Fさんが後始末。

義母は勿論洗濯も出来ず・・当然Fさんの仕事ところがせっかくの洗濯も

「だら婿!!女のパンツ洗ろうて・・・この変態」

おまけにお決まりの
「ここにあった財布・・お前が盗ったろう」と・・しつこく叱責

分かってはいても随分辛かっただろう

いくら耳鳴りの治療をしても2~3日でまた元通りを繰り返す

その後義母は無くなり・・いつしか耳鳴りは1回の治療で可也の効果が出るようになってきた
e0097212_1711584.jpg

しかし先日久しぶりに耳鳴り復活
「Fさんどうしましたまた何か心配事でも?」

「ウン!! 婆はんの法事がもうすぐ有る。金の心配も・・・・・」
「そりゃ・・大変ですね。又嫌な事も思い出したのでしょうし」

「ああ・・あの頃は大変やった・・・」
「思い出しただけでも・・この凝りですか・・先が大変ですね」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-12 17:01 | 耳鼻i咽喉科の治療 | Comments(0)

針は痛いか

e0097212_9342263.jpg

最近頚髄症などで手足の痺れを訴える患者さんが増えた初期の症状では比較的容易に治る

しかし進行した、あるいは重症の症状では通常の治療では良くならない・・・原因を詳しく調べいろいろ治療法を変え。時には強い治療を必要とすることもある。

痛みの感受性は人それぞれ異なり、かなり我慢できる人もいれば・・・少しでも痛いことは一切嫌だと言う人もある・・・その場合は縁が無かったものと考え本人の希望を重視するが・・・

概して重症の場合はかなり我慢が出来るようだ(痛みの感覚が無いことも多い)

例えば心筋梗塞や脳梗塞の発作、重症の症状では良くなるまでは、きつい治療でもなんとも感じない事は多い
e0097212_9352296.jpg

生命の危機状態に有る時は脳も生命維持を優先して痛覚を制御しているように見える

お陰で必要なときには十分な治療が出来危機状態が過ぎれば・・今度は痛くない予防を中心にした治療に移れる

もともと痛みというものは生命の危機を知らせることが目的だから本人の意識によりコントロール出来得るものなのだろう・・・便利に出来ている

必要以上に痛みを感じる時は実は、本人の病気に対する危機感が足りないことも有るかもしれない
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-08 09:36 | 整形の治療 | Comments(0)

主人が箸を落とすのですが・・・

e0097212_0263567.jpg

時々県境からやってきてくれるOさん

「主人が最近良く箸や物を落とします。手が良く動かないようですが・・・」
「何時からですか?」

「4~5日前から良く落としてます」
「脳に何かあるのでしょう。なるべく早く脳外に行ってください」

気にしない人はいるもので・・それから2~3週間後・・久しぶりに治療に来たOさん

「以前奥さんから物を落とすと聞きましたが、今はどうですか?」
「あれは治った」

「どれ位続いたいのですか?」
「一ヶ月くらいかな」

「どんな感じでしたか」
「舌がもつれて、物を持つとポロリと落ちるんでね~困りました」

「よく治りましたね。それはTIAと言って脳梗塞の軽い症状ですよ」
「威かさんでよ!!」
e0097212_0321038.jpg

「本当です。念のためにすぐ脳外科に言って検査をしてください。その前に何かなかったですか」
「実は一年前から目の前にオレンジやミドリ等いろんな光がいつも出て邪魔で仕方がなかったんです」

「それは閃輝暗点と言って多くは目の奥の血管が痙攣して置きますがあなたの場合は回数が多すぎます」
「悪いがけ?」

「ハイ。たぶん頭のここの奥の中大脳動脈と後大脳動脈の間辺りに問題があります」
「本当け?」

「それに舌と手だけが動かないとゆうのは内頚動脈や線条体動脈の梗塞が多いのです」
「え~!!」

「線条体動脈も、さっき言った目の光に関係する血管の近くです・・・たぶん関係があるでしょう」
「僕はまだ45歳ですよ」

「十分な年齢です。今まで沢山仕事を変えましたし・・ストレスから動脈硬化が進んでもおかしくないでしょう」
「今はなんとも無いけど・・・」

「なんとも無くとも動脈硬化は進みます。何かあれば遅いですよ」

理解してくれたろうか?これからは予防を兼ね治療に来る気になってくれないものだろうか?
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-05 00:31 | 脳外の治療 | Comments(0)

心臓病NO,1心房中隔欠損

e0097212_04229.gif

心房中隔欠損と言う病気がある(卵円孔開存戸似ているが)大きな穴だと生活に支障が出たり、ボタロウ管開存症(肺動脈と大動脈の間を連絡している管)では死亡する事もある

本来産後自立呼吸が出来た時点で、しばらくして塞がる筈の心房中隔の穴がふさがらない病気だ

これは肺呼吸を胎児が行えないためで、胎児の場合はこの管を通過して、血液が大動脈に流れ込み、血液が胎盤から流れこみ酸素を得るためだが大きくなってもふさがらない人もいる

「先生僕は今度。心房中隔欠損の手術を受けようと思います」
「何故?N君あなたは元気でしょう?」

「体調の悪いのは心房中隔欠損のためだと思います」
「君は手術は無用ですよ」
e0097212_0383555.gif

「でも体調が・・・」
「それはあなたの心理的なものですよ」

「?・・???」
「ストレスに極端に弱いので・・・血管は広がる神経がありません。閉じる神経だけです」

「はい?・・?」
「血管を閉じる神経はあなたのように緊張すれば強く働き血液が流れずにあちこち凝ってくるのは当たり前でしょう」

「そうですか?」
「コリがひどくなれば体調不良になって当たり前」

「でも医者も手術を勧めますけど・・」
「激しい運動も平気なのは何故ですか?手術が必要な人は運動など出来ません」

「そうですか?」
「それより手術をした時の副作用や危険性は考えた事がありますか」

「むりに新米の医師の練習代にならなくても良いでしょう」
「えっ!!そうなんですか・・・」

N君は手術なしで今は大変元気です
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-03-01 00:42 | 心臓の治療 | Comments(0)