おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


心配で鬱血性心不全・・?

e0097212_22522979.jpg

「先日鬱血性心不全とか言われて心臓に水が溜まって苦しいと言っていたHさんから聞きました。私も息苦しくて動悸がしてつらいです。何とかして下さい。」
「ハリは良く治りますから大丈夫ですよ」

4診目・・・大抵の鬱血性心不全様の症状は早期に良く治る・・・・そんなにひどい症状には見えないが・・

「先生まだ息苦しさは完全には治りません」
「Kさん何か心配事でもありますか?」

「実は息子に続いて40歳の嫁が2週間前に脳梗塞になり手と足が動かなくなりました」
「息子さんも・・お孫さんの心配等で、一昨年前に脳梗塞でしたね」

お孫さんはガスを吸引して楽しむ癖があり、数回に渡り救急車の世話になっていたのだ。

ガスの為に脳は正常に働かなくなり、発作時は無意識で暴力を振るい・・・記憶が消える・・

将来を考えると家族としては大変な問題だ・・・心配から病気にもなろう

「爺さんは寝たっきり・・息子夫婦は動けんし・・・わしのような年寄りだけ生きとっても・・」
「こんな時だからこそ、お婆ちゃんが元気でいなければ・・・」

「・・・・・・」
「訓練しだいでは脳梗塞でもある程度回復する事も有りますから」
「普段から何かあったらすぐハリに行けと言っとったのですが・・・足を引きずって新聞を配りそれから医者へ行ったそうです」
e0097212_22582734.jpg

「残念ですね・・・どこで治療しても時間の問題ですから」
「そうですか・・・」

T-APなる評判の良い薬も保険使用できるようになった・・・しかし救急車を呼んでも20分、病院に着くまで30分検査診断にまた数十分T-APは3時間以内だ。薬を使い効き始めるのは・・・・

ましてT-APの効果で回復したと証明できるのはそんなに多くは無い

一にも予防、二にも予防、そして万が一には・・・仕事を投げ出しても専門医へ
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-31 22:58 | 心臓の治療 | Comments(0)

またまた・・J先生のミス

e0097212_1535621.jpg

マスコミで有名な鍼灸師 J先生またまた基本を忘れた治療で悪化させてしまったようだ

「足がしびれてJ先生のところへ通ったのですが段々悪くなって・・・」
「いつから?どうしたんですか?」

「2~3週間になりますかね・・痛くって、痛くって、最後の日は・・助けてくれ~と叫びました」
「う~ん、あそこは時々基本を無視した治療で悪化させるようですね。」

「針を刺したまま・・どこかへ行って長い間、居なかったり・・患者を放って2階で飯を食ってたり」
「ハハハ・・それは大変でしたね。何か有ったらどうする気でしょうね」

「だからこうなりました・・・すごく痛くなって・・呼んでも来てくれません」
「大丈夫。強張りが出たのでしょう・・・・こわばりを取る治療で簡単に治りますよ・・」

「じゃあ J先生はなぜそれをやってくれないのですか?」
「あそこでは良く聞きますね・・強張りを治す治療が分からないのかも・・・」

「今まで信じていっていたのに・・免許を持っているのかね」
「怪しいかもしれませんね」

そうこう言いながら治療は終わり

「いや~・・楽になりました。最初から来ればよかった」
「奥さんも来ているのに何故そちらへ?」
e0097212_15394820.jpg

「あそこは有名だし・・大学の先生だと言う事だし・・・」
「肩書きなんて当てになりません。自分の感覚を信じてください。」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-28 15:41 | 整形の治療 | Comments(0)

どこにも売ってない妙薬?

e0097212_8393167.gif

奥さんを早くになくし・・人一倍健康に気を使っているHさん数年前の事だが・・・

「今度駅前に来た店だが無料か、何でもすごく安くもらえる」
「そんな店は気をつけてください・・後で高価なものを売りつけますから」

「いや違う・・あそこは皆に無料で品物を配り商品の宣伝をして・・費用は宣伝費から出るそうだ」
「みんなそう言って最後は高いものを売り付けますよ」

「あんたは分からんのじゃ・・もったいない」
数週間毎日通い多くの品物をもらったらしい

「Hさんまだあそこに行っているのですか」
「おお・・今はみんなの健康を心配して“何にでも効く薬”を教えてもらってるところじゃ」
e0097212_931240.jpg

「そんな良い薬ありますかね・・・値段はいくらですか」
「本当は年間60万円する処ワシらだけに1か月分3万何千円で売ってくれるらしい」

「年に直すと40万円超えますね」
「おお。わしら会員だけじゃて・・どこにも無い薬でのう」

「もう買ったのですか?見せて下さい」
「3年分買うた。今度もって来る」

「Hさんこれは確かに何処にも有りません・・でも・・・」
「そうじゃろ。良い薬だそうで毎月勉強会まで只でしてくれるそうじゃ」

「Hさん少しだけ成分は違いますが、ほぼ同じ成分の品物はどの薬局でも3~6千円で売っていますよ。だまされていますよ!!」
「そんな事は無い。先生はうそを言っている」

「では近所の薬局で聞いて御覧なさい。唯どの会社も少しずつ成分は違いますが、ほぼ同じものです」
やはり催眠商法に引っかかったのだ・・・催眠が解けないように毎月の勉強方も忘れずに

会員制のマルチまがいの商品はほぼ同じだ。

当院にも各社多数からの“当社の商品を扱って下さい”との誘いは可也多い。

まず買う前に保健所にでも成分を見てもらい,あちこちで聞く。
e0097212_9333615.jpg

以前話題になったコエンザイムQ10。世界中の原料の90%を日本のカネカが押さえている。

それを買い付け世界中で製造する。在庫には限度がある

品薄で偽者が出るだろうと思ったら・・やはり・・しばらくして新聞に載っていた

それも分子配列が近い有毒性物質・・・だまされない様に。

ゲルマニュウムの時は死者が出た・・まだまだある
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-24 09:33 | Comments(0)

薬あるとて毒は飲むべからずNO,3 何でこんなに疲れますやろ

e0097212_1745812.jpg

昨年親から受け継いだ店をたたみ50歳を過ぎて苦労して見つけた重労働の再就職

以前の収入に近づけ様と・・休みも返上し、日夜働いて頑張っている

ところが今回の不況で残業が減り・・穴埋めに夜もガソリンスタンドのアルバイト

寝る時間以外は休みも無く働き詰め・・・これで何とも無いはずが無い

全身疲れと痛みで動き辛く、腕もちゃんと曲がらない・・・かなり痛いようだ

それでも出る言葉は「疲れは溜まりますけど金は溜まりません」
e0097212_17373983.jpg

毎回必ず出る言葉だ・・・奥さんも婦長でそんなに生活が大変とは考え難いが

「あなたは負債も無いし、命を削ってそんなに働いて金を遺しても死んだら子供が喜びますか」
「でも・・働かにゃ」

私の声など聞こえない・・・自分は休みを少し多くした事で今生きていると思っている
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-21 17:41 | 病気とは | Comments(0)

大人には誰も悪いところを指摘しなくなる

e0097212_112217.jpg

人々はトラブルを避けるため大人になるに毎に、誰も他人の悪い処を指摘しなくなる

それが良いか悪いかは別にして誰だってトラブルは避けたい

我々の仕事も患者には近づき過ぎず深く関わらない様に・・が原則だ

患者に来てもらう為には・・唯ひたすら褒めちぎり、気に障る事を言わないのが一番だろう

しかし本当に治って貰いたいと考えた場合は・・他の治療例えば・・精神科などを奨めたり・・・つい口に出ることもある

しかし若い人は特に理解してくれることが少ない“自分への攻撃”と捕らえる向きがある

以前には姿勢を正してくださいと言ったつもりが・・・次回には

「先生は私のお腹が出て太っていると言われた。謝って下さい」
といった事等・・女性には勘違いか、話が変わっていく傾向がある

今回も私は治って欲しいばかりに余分なことを言った
e0097212_11101388.jpg

「まだ会社の周りの人は貴女につらく当たりますか?」
「ハイ。そのストレスで体調がより悪くなります」

約半年の間彼女の通院時を見ていると他の人と決定的に違う事がある

他の患者さんは、たとえ心はどうであろうと玄関を入る時は「お願いします」の言葉がある

しかし悪意は無いのだが・・無意識に・・彼女には殆んど無い・・考え事でもしているのだろうか?

もし会社でも・・挨拶ぐらいはしているとしても・・それ以外の事で何か似た様なことをしていれば・・

快く思わない人は出る・・・私は自分で言いたくなく“彼女に自ら気づいて欲しい”と思い

認知行動療法や内観療法で治療している病院を薦めた・・

しかし彼女は自律訓練法により自分のストレスに対する耐性を変えようとした

良いことだが・・・芳しい結果も少なそうなので・・私の意見を話してみた

悲しいことに彼女は自分に対する批判、攻撃と受け取る結果となった・・以後見ることはない

一般に若い人にはこのような傾向が強く

私は以前絵の指導をしていた一人の青年“生の墨のような色で描く癖があった”に

つい私は「黒い絵も良いですが、全部黒くすると・・もっと黒い処はどうやって描けば良いでしょうかね?」と言ってしまった・・・以後彼の姿も見ていない
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-17 11:11 | 私の治療室 | Comments(0)

薬あるとて毒は飲むべからずNO,2 仕事をしたらまた痛くて

e0097212_1458227.jpg

一昨日、肩と腰、腕、足が痛く動けないと言って来たOさん・・・・良くなったからとまたまた

治ったので畑に行って一生懸命に仕事をしたらまた痛くて痛くて

「貴女は休むことを知らないのですね!! あんなに酷い症状ですぐ動くなんて」
「でも楽になったもので・・・」

「無理をすると痛みで動けず夜も寝れなくて大変ですよ」
「脅かさんといて、ウソやろうげ!! 」

「本当です。パンパースになったら何処かの施設に入れられて・・・誰も喜びませんよ」
「でも畑を放っておいたら笑われる」
e0097212_1521388.jpg

結局また治療のやり直し・・・典型的なヘルニアの症状なのに・・困ったものだ

あまり痛みをしっかり取ると治ったと勘違いして・・動き回りより悪くなることも多い

県民は体より仕事を選ぶ・・・体を労わる事は罪悪なのだろうか・・・?・?
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-14 15:21 | 整形の治療 | Comments(0)

薬あるとて毒は飲むべからずNO,1・・・・動機がして胸が痛くって・・・

e0097212_23231053.jpg

先日肩と胸が痛くって久しぶりに治療に来たNさん

「草むしりをしたら胸が痛くって肩や腕もずきずきと・・・・」
「あんなに安静にと言っていたのに・・」

「でも痛くなかったし、草もぼうぼうとして・・・・恥ずかしくって」
「草だと思わないで。何かの花の苗だと思ったら・・草も生きていますよ。」

「とんでもない!! あんな物・・近所にどう思われるか、馬鹿にされます。」
「安静にしないともっと酷くなりますよ」

痛みでうつ伏せになれず横になってもらいしばらく待ってもらっていたら
 
「痛いああ!! 助けて心臓が止まる・・動悸がして痛くって・・ああ・・・あ」

首の下部と胸椎上部には共に心臓に行っている自律神経がある草取りで骨が歪んで心臓への神経の圧迫を起こしたのだろう
e0097212_23583271.jpg

他の患者さんにちょっと待ってもらい

「大丈夫すぐ良くなりますから」
「ああ~救急車を呼んで~。死ぬ~・・・」

「大丈夫。はい、ちょっとこっちを向いて」
骨を調整して手足などに鍼をして首肩を緩める・・・

「ハイ。治ったでしょう」
「治りました。ああ!! 先生は神様みたいだ」

「違います。安静にと言っていたのに・・あなたが無理をして・・ひどくなり騒いだだけです」
「でも死ぬかと・・・・もう懲りました。草取りは止めます」

私は信じません・・・・

これを心臓の治療の中に入れて良いかは分らないが、
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-09 23:59 | 心臓の治療 | Comments(0)

心臓に水が・・


薬の副作用で手が震えるようになり、治療に来ているKさん今度は・・
e0097212_12544832.gif

「草むしりをしたら動悸と息苦しくなって・・・心臓に水が溜まっているそうで・・・何とかなりませんか?」
「多分鬱血性心不全ですね。心膜炎等では心膜と心筋の間に水が溜まる事もありますが・・説明し難いのでそう言ったのでしょう」

「治りますか?」
「あなたの場合は草むしりからですから肩がこって心臓のポンプ作用が弱くなって肺へ行った血液が心臓に戻り難くなったのでしょう。」

心配や疲れ等で肩が凝ったりして・・・心臓が弱り肺へ行った血液が心臓へ戻り難くなる・・

良くある事で・・・手足が腫れたり・・色んな症状が出ることも多い

e0097212_1256097.jpg

「大分悪いですか?・・・動悸もしますし、死にそうです」
「放っておけば大変ですが、大丈夫ですよ・・・ハリの治療ですぐ良くなります」

病院ではジギタリスなどの心臓の収縮力を高める薬を使ったり・・・

症状によっては管を挿して水を抜く事も・・・が案外大抵の症状はハリ治療でよく治る

「どこに針をするのですか?心臓・・?」
「大丈夫。色んな所にハリをしますが危険はありません。良くある症状です」

数回のハリ治療で“水?”は無くなり治癒
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-06 12:56 | 心臓の治療 | Comments(0)

夜食で・・めまい

e0097212_1512639.jpg

以前から夜食を食べては具合が悪くなり・・ついにめまいで動けなくなり“夜食はもう食べないから治して下さい”との約束だった筈のMさん

目眩も治り具合が良くなると・・・またまた食べ始めた夜食。そして・・目眩・・・

「すぐ治してください。何でも言うことを聞きますから」
「先週も足のひどい捻挫で娘さんと・・面倒を見る見ないで、揉めたところでしょう」
e0097212_15101265.jpg

「毎回同じ事を言っている気がしますが」
「ほら、足の腫れも全然無いし・・・歩けます・・今日は目眩の治療を・・・」

簡単に治療は終わり

「さ~・・治ったし、仕事に行こうかな」

あまりし信用は出来ないかも
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-05-03 15:13 | 内科の治療 | Comments(0)