おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ニキビの治療

e0097212_1044146.jpg

ニキビで悩んでいる人は多い。以前はニキビには沢田流の治療法を用いたが、お灸を嫌がる人が多く最近は注射針で中心部を浅く刺しサクションカップで膿だけを取っている

痛み無く、思ったより非常に綺麗に治っていく・・今までどうして思い付か無かったのだろう?

指でつぶすと最悪のパターンのなってしまうので絶対止めること。
e0097212_1121227.jpg

「顔中二キビでみんなに気持ち悪がられます。何とかなりますか?」
確かに・・ひどい。若い人は知らないだろうが・・坂本九やケーシー高峰の顔に新しいニキビをのせた様だ・・・よく我慢していたものだ

「皮膚科は行ったの?」
「勿論。でも段々悪くなって来ました・・恥ずかしくて・・・」

「大丈夫すぐ良くなるから」
傷が付かないようによく見て注射針を刺していく・・少し汚い血液が出る位が最も良い様だ

「痛くないですね~」
「そうでしょう・・・3~4回治療すれば綺麗になりますよ。」

1ヶ月もした頃・・別人のようにスッキリした顔で・・
「また1つ出たんでお願いします・・・・もっと早くくれば良かった」

みんなハリを怖がり信用していない。仕方がないか。
e0097212_11235396.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-06-28 11:24 | 皮膚科の治療 | Comments(4)

安静とは? NO,3 肘の痛み

随分以前から肘の痛みを我慢しながら働いていたTさん、通常よりかなり頑固で治りにくい。不安感も手伝ってか、肩も痛くなってしばらく顔を見ないが・・・突然の電話
e0097212_9335464.jpg

「先日より突然目眩がして動悸もしましたので病院へ行きました。50肩と言われ『注射に来なさい。』という事になりました」
なかなか治らず・・確かに大変だった事だろう。

だが目眩、動悸、肩の痛みは・・肘の痛みがなかなか治らない事への不安感に因るもので全く心配は無い。

しかしそれを告げても・・“痛みで寝れないTさん”には聞く心のゆとりは無い

「草取りなどは手の痛みには特に良くないですよ」
「そんな事言っても草は我慢が出来ません」

働き者のTさん、ご主人も仕事で忙しく留守がち大切なお子さん達も遠方に・・独りで無理をし大変だろう

結局安静に出来なければ・・最初の2~3日が1ヵ月後には何十倍もの辛い痛みで苦しむ事を理解出来ない

Tさん達と同じ症状で十数年も腕の痛みに堪え注射をしながら仕事をし続け、強い痛みのため退職直前は1ヶ月休職しながらも先月めでたく退職されたKさん

当院では2ヶ月半前より連日治療を続けたが、退職されてからは急速にあの激しい腕の痛みが消失してしまった。
e0097212_9434682.jpg

こういったことも時々ある。

痛みとは多分・・体に休息を促すための“脳の警告システム”なのだろう。

主観的で実体の無い極めて曖昧で不確かで精神的影響を受け易く、大変厄介な者だ。

病気を避けるには・・ストレスを避け普段から少しでも具合が悪ければ、ハリなどで免疫を上げ・・・本当の大病に成らない為の養生、予防が第一だ。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-06-21 09:45 | 整形の治療 | Comments(0)

安静とは?NO,2 具合がいいです

e0097212_0524072.jpg

前回我々の話を聞きながらヘルニアからの頚腕障害で悩んでいたYさん

「私は確かに先生の言うことを聞かず初期に安静にせず・・こじらせました。後悔してます。」

と言っただけの事はある。ついに役所をしばらく休んで安静に療養する事になった。

ところが休んで仕事を離れ気楽にしているとさほど痛くないらしい・・・

「いざ休むとすごく楽です。やっぱり言われたようにストレスだったんでしょうか?」

安静加療のハズが今日も来院は無い・・・とりあえず楽なのだから良いが・・

仕事に復帰したらどうなるのだろうか?

やはり痛みというのは心理的な問題を可也含んでいる。

どんな鎮痛剤も効果の無いMさんも今はごく弱い睡眠導入剤である程度効果が出ているようだ

本人はそれでは納得の行かない所も多いようだが・・・私はそれでよいと思っている

完璧を望めばより辛くなるだけだろう・・・脳は常に退屈をし、飢えているのだから

脳にこれで満足という事は無い・・安定剤等は今日1錠で良しと感じても、明日は2錠、来週は又それより多くなり・・
e0097212_058774.jpg

無限に薬を増やしても治ることは無い。無理に止めれば禁断症状で以前よりもっと苦しむ

人間の心という物には満足ということは決して無い

うつ病などは安定剤よりも認知行動療法や内観療法等の方が効果が出ることは多いのも事実だ
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-06-14 00:58 | 整形の治療 | Comments(0)

安静とは?NO,1私がやらなければ

e0097212_1749247.jpg

頸肩腕障害で肘の痛いTさん・・ずいぶん前から手の痛みを我慢しながら働いていたのだろう

「Tさんなかなか治りませんが無理をしてはいませんか?」
「何もしてませんけど・・・痛くって寝れません」

働き者のTさんそんな筈はないだろう

「心配事とか無いですか?」
「別にないですけど」

ご主人も仕事で忙しく留守がち・・大切なお子さん達も遠方に・・・・

私だったらとても耐えれないだろう・・・無理に忙しくして気を紛らわせては居ないだろうか

「草取りなどは手の痛みには特に良くないですよ」
「そんな事言っても草は我慢が出来ません」

「それじゃ良くなりません・・草だと思わないで・・花になる前の姿だと思ったら」
「無理です」

やはり相当に頑張っているのだろう・・普通の治療ではとても取りきれず・・
痛みはストレスと随分関係がある・・何時も治療には大変な苦労をしている

我々の話を聞きながら同じ症状のYさん
e0097212_1825461.jpg

「私は確かに先生の言うことを聞かず初期に安静にせず・・こじらせました。後悔してます。」
「惜しいことをしましたね最初の2~3日の事ですけど」

「でも私はさっきの方より簡単に治療が終わりますから・・・まだ好いです.でも明日は頑張らなければいけないので何とかしてください。」
「貴女もですか?・・・・治りやすいのは初期ですよ」

結局安静になど出来ないようだ・・最初の2~3日が1ヵ月後には何十倍にも辛い痛みで苦しむ事を理解しながらも・・・そのときは耐えれるのだろうか?
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-06-07 18:03 | 整形の治療 | Comments(0)