おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


後悔しています。何でも言う事を聞きますから・・・


1~2ヶ月間隔で肩の痛みで通院中のNさん約2ヶ月前にバックしてきた車を避けるため手で車を止めた。

その時はなんとも無かったのだが数日後・・・突然首と手の痛みその後、メマイで歩行不能
e0097212_118135.jpg

急いで整形に行くが注射とシップにビタミンBをもらい・・・耳鼻科を紹介され検査でも不明で当院へ・・・・・

「先生整形では(メマイは事故とは関係ありません。耳鼻科へ行って下さい。)と相手にしてくれません」
「ひどいですね~・・首の骨の中には小脳へ行く大切な血管がありますから・・・骨がズレて頭へ血液が行かず、めまいが起こるのは当然です」

「治りますか?薬はビタミンだけで良いですか?」
「治ります。あなたが言うことを聞いて安静にされれば・・・神経の修復にはビタミンB群は必要です」
e0097212_1156958.jpg

「そんなモンで治りますか?」
「無用な鎮痛剤を沢山もらわなくて良かったです」

「えっ!! ?・・??」
「初期に沢山鎮痛剤を使うと体を治そうとする物質が鎮痛剤で分解されます」

「でも痛いですが・・・・」
「では鎮痛剤で治りましたか?」

「いいえ」
「そして鎮痛剤で治らなくて私の所へ来たのでしょう」

「そうです。直ぐ治してください」
1通り治療も終わり・・・めまいも消え

「良いですか、3~4日絶対に安静に寝てください。起きる時は、ポリネックを付けて」
「私は忙しくてとてもそんな余裕は有りません」

「余裕が無いから・・・ひどくならないように早く治しましょう。」
「もうなんともありません。治りました。」

しかし2日後
「仕事をしたら又もと道理で痛みと目眩で動けません。仕事がいっぱい溜まっているのに・・・」
「寝てなかったでしょう。骨がずれても痛みは出ませんが、ずれた骨で神経を傷つけるから痛むのですよ。」

「ぶつけたのは手なんですよ・・なぜ体の右半分全部痛くなるのですか?」
「ぶつけた手の神経は首から出ています神経の炎症が広がれば当然です」

e0097212_11574111.jpg

「そうならないため初期に安静にと言ったでしょう」
「そんな暇は有りません。こんなもの直ぐ治ります。」

安静を守れないNさん次々と色んな症状が出現
「私はもう治らないのですか?こんなひどくなるとは考えて居ませんでした」

「私は始めからこの様にならぬよう“3~4日絶対安静に”と言ったでしょう。無理をすればば皆こうなります。」
「整形にも先生の所にもちゃんと来ました」

「2種間で4回です。安静は守れましたか? 始めからこの様になる事はハッキリ言ったでしょう」
「まさかここまでとは・・私はもう駄目ですか?」

「もっとひどい人も居ます。これだけ拗らせれば長期の治療が必要ですが、必ず治ります。言うことを聞かずこじらせたのはあなたです。当分頑張って下さい。手も足も動いていま。まだ生きているでしょう」
「でも仕事が・・・」

「入院や手術をすれば仕事はやはり出来ません。まだ全部症状が出きった訳ではないので無理はしないように」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

この人は無理をして多分・・もっとひどくなるかも
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-11-29 11:58 | 整形の治療 | Comments(1)

大変よく効いた“麻黄湯”

e0097212_121601.gif

先日当院の娘(高2)がインフルエンザにかかった。

40度を超える発熱でグッタリとタクシーで強制的に帰宅

病院に行けば効くかどうか判らぬ上、副作用が出るかもしれない“タミフル”が処方されるだろう。

この時の為に・・・我が家には1000錠の“麻黄湯”の備蓄がある、

Mさんの新婚旅行にも持っていてもらい。非常に良く効いたとの感謝の報告もあったし・・・

針も初期では効果が良い。悪寒、喉や節々の痛み、咳、痰、鼻の症状などに良く効くが・・・
e0097212_12211240.jpg

取り合えず“麻黄湯”を2日間使い完治。脇を少し氷で冷やしながら・・確かに良く効く

学校には風邪と報告・・・すぐに登校するも学級閉鎖。無意味なことをしたかな?

昔から同様の症状に使われてきた“麻黄湯”タミフルと同等の効果があり副作用も殆どない

その上、解熱剤の使用もタミフルより少なく済む。

ワクチンも良いが型が合わなければ無効で時にはひどい副作用で苦しむ事も・・・
e0097212_1225111.jpg

予防接種後、腫れ、痛み、発熱、頭痛、さむけ、体のだるさ、じんましん、顔色の悪さだけではない。

時には低血圧、高熱、けいれん、ショックや呼吸困難、運動障害、意識障害の症状、何ヶ月も嘔吐を繰り返す、などがあり心配だ

そういった人ほど・・・こりる事も無く毎年、予防接種を受け副作用を繰り返す

(もうワクチンは止めたら)の声も聞こえはしない。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-11-22 12:27 | 内科の治療 | Comments(0)

インフルエンザ安価薬で耐性急増

e0097212_10492228.jpg

インフルエンザ安価薬で耐性急増

毎年流行するインフルエンザウイルスで安価な薬「アマンタジン」に急速に、ほぼ耐性を獲得した。

中国や香港で耐性ウイルスの割合が約7割に及ぶ深刻な事態になっている。

アマンタジンへの耐性は、アジアで流行中の鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスでも報告されていた。

世界的に大流行する新型インフルエンザが懸念されているが、今回の人のウイルスでの耐性拡大で

「この薬は新型ウイルスの治療にはもう役に立たない」とのこと。

耐性の増加は02年以降のアジアで激しく、04年の耐性ウイルスの割合は中国74%、香港70%、台湾23%など。日本は4%と少なかった。

タミフル耐性ウイルスは、すでに多数見られ・・・厚労省のリレンザの備蓄はタミフルの1割、その上すでにリレンザ耐性ウイルスも発生している。

次々と作られては耐性ウイルスに負けて又、新しく作られる強力な薬品
e0097212_11503656.jpg

副作用の強いワクチン。そして発熱しないインフルエンザもかなり広がってきている。

そろそろ新しい発想で作っても良いのでは・・・

例えば、昔からインフルエンザに使われてきた“麻黄湯”タミフルと同等の効果があり副作用も殆どない

その上、解熱剤の使用はタミフルより少なくて済むとの結果だ。

針も初期では効果が良い。悪寒、喉や節々の痛み、咳、痰、鼻の症状などに良く効く。

“高価な新薬は製薬会社を潤す”と言った事も理由だろうか?
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-11-22 11:51 | 薬について | Comments(0)

古典の鍼治療法・・続NO,2(お腹の熱がこもっているようで)

e0097212_121783.jpg

風邪のシーズン咳やお腹の不調を訴える患者さんは多い。

S病院のソーシャルワーカーTさん

「先生、風邪の為か、お腹に熱もあるようで・・すごく調子が悪いです」
「多忙やストレスで体を冷すエメルギーが足りなくなったのでしょう。歯が浮いたりする様な事は?」
e0097212_12302694.jpg

「そんな事も有るんですか?」
「歯が浮いたり、体が火照ったり、よくあります。過労や体を冷やしたりとか無かったですか?」

「内と外のバランスですよ。冷たいものを飲んだり外が冷えれば相対的に内部が熱く感じます、腕や足を冷やすと体が熱くなったりするでしょう。」
「そうかも・・・」
e0097212_124274.jpg

「咳が出るときも、手足を冷やさない様に、手足と体の温度のバランスです」
「確か以前に服の袖を下ろしたら・・咳も楽だったと思います。」

「足首に軽く焼山火(中国式の強くエネルギーを補う技法)を行う。」
「ああ!! スゥーット楽に成って来ます。不思議です。」

「薬で熱を下げてもお腹の熱は治りませんが。ハリでは簡単ですよ。」
「こんなに長く来ているのに、まだ受けてない治療があったのですね」

「まだまだ沢山有ります。貴女ならどの治療でも大丈夫。安心してください。無理をしないでね。」
「分かってます。力を抜いて頑張れですね!!」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-11-15 12:43 | 内科の治療 | Comments(0)

ノート型PCの熱対策

e0097212_10411147.jpg

ノート型PCの弱点として熱を持ちやすいことが第一だろう。

以前長男のPCも熱でマザーボードが壊れたのだが・・・

私としては“PCなど簡単に壊れるはずが無い”壊れれば自分で治せばよいと考えて長期保障は入らなかった。

しかし次男は1日中毎日電源を切ることも無く、扱いが乱暴で・・・熱暴走でシャットダウンを繰り返し復元ソフト(アクロニス)も効かず再インストールも不能。氷で冷やしOSをいじりながらなんとか再インストール

しかし発熱は止まらず触れないくらいだ・・・メーカーに見積もりを取るとマザーボード、ヒートシンク、ファンの交換で新しく買ったほうが安い。まだ1年と3ヶ月しか経っていないのに・・・

自分で直そうにも型番も教えてもらえず、あちこち聞いても不明。

そこで物は試しとエレコムの外付けの冷却ファンを買った

PC工房で注文。価格コム最安より安く、2台で32,00円・・付けてみて、大成功

我が家のPCに合ったこともあるだろうが・・触っても熱くならない。シャットダウンも無くなった。

音は少し五月蝿いが当分これで行こう・・・結果的に満足できた。
e0097212_1047063.jpg

[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-11-08 10:50 | パソコン | Comments(0)

TIA(一過性脳虚血発作)10年で60%が死亡

e0097212_830659.jpg

一過性脳虚血発作(TIA)あるいは軽度の脳卒中を経験すると・・

最初の脳卒中から約10年後の時点で患者の60%が死亡し,54%が 1 回以上の発病を経験する。

脳の場合は同じ循環器障害の心臓で亡くなる事が多い。

発病の危険性は最初の発作の直後が最高で,3 年後に最低になり,その後再び上る。

血管の疾患は現在、長期的な予防により改善出来る。

TIAや軽度の虚血性脳卒中の患者のリスクは変化していく。

e0097212_8391124.jpg

わが国では昔から針灸で血圧を下げ動脈硬化をも防いできた

私の血圧も薬だけでは決して下がらなかったと思う

冗談にも上手と言えない妻の針治療で200hg以上だった血圧は現在、薬無しで110hg前後になっている。

手足のお灸でも確実に脳と心臓の血管が開くことは実験で証明されている。

脳血管や心血管も発病を防ぐためには継続的な評価、治療は嫌が上にも必要である。

息子が1人前になるまでは妻のハリに堪えなければ生けないのだ。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-11-08 08:12 | Comments(0)

古典の鍼治療法・・続NO,1(足の治療を手で)

e0097212_23241880.jpg
巨刺法(こし)謬刺法(びゅうし)等など多くの古代からの刺鍼法がある

例えば右足が痛ければ左手に鍼をして治すなど・・・現代医療の分野でも極わずかかの医師が研究、応用されているようだが・・・どのくらい理解されているのだろうか?

脳梗塞の複視も治り・・Mさんの不自由な足の治療中

腰からの症状では無いので通常の坐骨神経痛の治療など効く訳も無く・・・

「Mさん今日は古代の治療法をやってみましょう。手を出してね」
「手をどうするんじゃ?・・?・?」

手首等に2~3本鍼をする
「ワシは足がひどいんじゃが・・・・」

「大丈夫良くなりますから・・Kちゃん針を動かして」
「お前で大丈夫か?・・先生ワシャ怖いぞ !!」

「大丈夫です。先生の言う通りにするだけですから・・皆治っていますよ」
「おお !!! 本当じゃ。スウット取れて楽になっていく・・不思議じゃ」

「そうでしょう。いつも言うように・・具合の悪いところにだけハリをするのは本当の針ではないのですよ」
「いつも言われとるし・・・そうじゃが、やっぱり不思議じゃ」
e0097212_23231348.jpg
「先生のやる事はいつも、本当に不思議です。」
「Kちゃんあなたが不思議がってどうするの」

「でもいろんな病気を思いも付かない方法で治すし・・」
「あなたは2年も助手をやってるのにまだ解ってませんね」

「ジャ、ワシ等はもっと解からんわい。」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2009-11-01 23:29 | 脳外の治療 | Comments(0)