おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


操体法(捻挫と手の強張り)

e0097212_1575853.jpg

「あの~・・捻挫したみたいなんですが・・」
「どこが・・どんなふうに痛いですか?」

足首の外側の確かに良く捻挫をする場所を押さえながら
「ここが痛いのですけど・・針は痛いですか?」

「痛い治療が必要かどうかは診てみませんとね」
私は性格が悪いのだろうか・・・・つい言ってしまった

「ハリは初めてですか?」
「・・・はい」

どうも捻挫では無い様だ
「少し違うようです腰からだと思いますのでうつ伏せになって下さい」
「??・・?足が痛いのですが・・・」
e0097212_1585218.jpg

「よく有ります。怖いでしょうから体操で治してみましょう」
「エッ!!そんなんで・・・治りますか?」

「体の捻じれのせいで、腰の骨で神経を圧迫して痛くなったのでしょう」
「?・・・??捻じれてますか?」

「右の手を良く使うと左足に負担が掛かり体は捻じれます」
「そうですか・・でも足が・・・・」

操体法・・・・・・そう言えば・・私は最も実践的な根本式操体法の県連絡所だったのだ

「ハイ、大きく足を内側に踏み込んで・・・そのまま力をいれて1・2・3・ハイ楽に・・・」
「こううですか?」

「上手ですよ・・・その調子で・・もう1回してみますね・・」
「??はい・・・」
いくつかの動きを組み合わせ一通り終わる
e0097212_15195288.jpg

「足は如何ですか?」
「あっ!!痛くない。こんなんで・・どうして治るんですか?整形に何回も行って治らず・・覚悟をして来たのです」

「あなたの顔を見たら、鍼をしますと言えなくて・それで久しぶりに・・こんな治療です。」
「アハハ・・・そうですか?そんなに怖そうでしたか・・」

「でも治りました・・・そ・それに関係ないかもしれないけど・・さっきまで手が痛かったのですが痛くないです。」
「原因は同じです。体の捻じれですから足を治したつもりでも、みんな一緒に治っていきます」

最後まで狐に化かされた様なお顔でしたが・・めでたし
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2010-04-22 15:20 | 整形の治療 | Comments(0)

ムンプス難聴について

e0097212_13445565.jpg

先日石川県の鍼灸組合から当県へムンプス難聴の得意な治療院は在るかとの連絡があった

ムンプス難聴とは,(お多福風邪=ムンプス)のウイルスによって200~300人に一人位発生する様に感じる。難聴や耳鳴りやときには平衡失調が出現することもある

患者さんは富山県在住の方らしいが・・・何故かまず東京の鍼灸院へ1日に2回10日ほど通院をされ、次いで石川の組合に問い合わせとの事

確かにムンプス難聴は難聴の中でも難解な治療ではある・・だが一番の問題は発生してからの時間だ

当然、患者さんは病院にてステロイドの点滴を2週間受けてからの治療であったろう

病院へ行くまでにすでに何日も日が経っていたかもしれない

おまけに神経等のどの部分がムンブスに犯されているのかも断定しにくい
e0097212_135549100.jpg

神経は障害を受けたままにすると・・速やかに簡単に死滅する・・・時間との勝負だ

脳梗塞では3時間以内に治療しなければ放って置いてもあまり変化はない

画期的な血栓融解剤のTPA・40%が治ると言われるが・・昨年の県内での使用は富山済世会で10例、日赤と中央病院,高岡の厚生連で1例だった・・・現実は皆、間に合わなくて使用出来ないのだ

心停止では・・・5分経てば死亡率50%以上だ

私の妻が心筋梗塞になった時、直ぐ救急車を呼ぶように言ったが・・・なぜか妻は20~30mの距離を這って私の下へやって来た

治療室へ付いた時は、もう土気色の皮膚で・・何とかベットに乗せた時には、ついに“心停止”・・・・大変だ!!・・・

しかし最終的に救急車を呼ばなかったのが幸いしたかもしれない。病院にはとても間に合わなかったであろう

治療する事約5分心臓は動き始めた・・・やはり初期治療である

思考の基本が“名医は遠くにあり”だけならば・・・心情的には同情するが、間に合うものも手遅れになる事が多い

次回は福井までとの事で大変な苦労を伴うだろう・・・良い結果がありますように回復をお祈り致します
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2010-04-15 14:09 | 耳鼻i咽喉科の治療 | Comments(0)

手術?・・またまた首のヘルニア

e0097212_10324595.jpg

「病院で首の手術をしなさいと言われたのですが」
「手足に麻痺とか出ますか?おしっこが出る感覚はどうですか?」

「握力がありません」
「はい。ちょっと握ってみて」
握力計を渡す

「6キロか?・・・・少ないですね・・」
「病院では手術をしても治らないが進行を止めるだけと言われました」

「そうですね・・・この程度での手術はリスクが多く・・あまり意味が有りません」
「では、どうすれば良いですか?」
e0097212_1030093.jpg

「最初に病院では安静とポリネックでの固定を指示しませんでしたか?」
「何も・・・・始めから手術の話だけです」

「大丈夫です。治りますから・・手術の話は置いておきましょう」
「手術はしなくて良いのですか?」

「手術をしても治らないと言われたのでしょう」
「はい」
e0097212_1026316.jpg

「治らないでは意味が無いですから・・・手術で後遺症が出ることも多いですし、仕事も出来なくなるかもしれません」
「困ります」

1通り治療が終わり・・・・・
「如何ですか?」
「今は何ともありません・・・・ここで治療をします。」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2010-04-11 10:38 | 整形の治療 | Comments(0)

激しい水用便

e0097212_9575896.jpg

「父さん・・・下痢のお灸はどこにしたらいい?」
「まずここかな・・・だいぶひどいのか?」

「朝から30~40分の間に激しい水用便が4回」
治療を見学中の当院長男・・・仕事の出掛けに大変つらそうに

「お前が赤ちゃんの時に酷い下痢をして治したのは臍の上だったが・・・・」
「今は何をしたら良い」
e0097212_1063466.jpg

「お腹にちょっとハリをしてやる・・如何だ」
「なんとなく良い」

「ではここにお灸をしてみたら・・・自分の体で覚えるのが1番の上達法だろう」
治療法は沢山ある1つ1つ自分で確認し覚えたものは忘れず自信に繋がる。

「熱い!!・・・・」
と言いつつ・・・10個ぐらい自分でお灸をしていた

何と無く良いらしいし・・・そのまま一緒に仕事に行き
「どうだ・・・具合は?」
「うん!!治ったみたいだ」

「何処が一番効いたか?」
「お灸かな?でも父さんに足にチクチクと鍼をしてもらっただけで可なり楽になったけど。」
e0097212_10274091.jpg

「少し自信が付いたろう」
「ウン・・自分の体で試したから良く分った」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2010-04-04 10:28 | 内科の治療 | Comments(0)