おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


チャンピオン症候群 NO,2

e0097212_10434832.jpg

当院に散在する余りにも真面目過ぎる為ストレスが元と思われる

症状で発祥している全身の痛み、胃腸の不具合、目眩、不眠、

嘔吐感など等で苦しんでいるチャンピオン症候群

不況の時代に過酷な環境の中サービス残業

次の仕事も探せないから不当な扱いでも、じっと耐える

へとへとになって何とか治療院へたどり着くが・・

「Mちゃん如何したの?寝れないでしょう。」
「社長が休んで、分かる人は僕だけで・・日曜も休めず」
e0097212_10353843.jpg

「会社の事は誰かに任せて休みなさい。欝病に成ってるよ。」
「でも全部僕の所へ仕事が回って来ます。休めません。」

「君が入院したり死んだら、仕事は出来ないのだよ」
「・・・・・で・・・も・・・・・・・・・・・・・・・」

酷い待遇で限界を超えているのは、本人も分かっているが、次の仕事のあても無く。

「生活の為の仕事だ。仕事の為に生きてるのじゃないよ。」
「分かってますが、やっと勤めた会社ですし」

「そこで、足元を見られてるね。待遇改善は頼んでみたの」
「何も言ってません」

「鬱病だけで無く、当然他の病気も発生しますよ。」
「心臓病とかですか?」

「労働基準局へ相談したの?言って上げようか?」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
e0097212_10402100.jpg

我慢しているとある日突然に次の段階の酷い症状が現れる

取り返しの付かない事に成る事も十分にある
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-03-25 10:29 | 内科の治療 | Comments(0)

チャンピオン症候群

e0097212_10494216.jpg

全身が痛く、胃腸の不具合、目眩、不眠、嘔吐感など等だが

当院にはチャンピオン症候群なる特異?な症状が散在する。

何のことは無い・・・余りにも真面目過ぎる性格の為・・・・

仕事に熱心すぎて強いストレスでアチコチの具合が悪くなり

挙句に、働く事も出来なくなった人々なのだ
e0097212_10564093.jpg

真面目過ぎるから色んな事に過敏で・・当然治療も怖がる事が多い

数年前に家業の構造的不況から継続を断念したIさん

現在は公務員で別に力を使う訳でもない・・・しかし以前にも増して

全身が強く痛み、首も回らず、吐き気と目眩で時には失神する

体格に関係はなく彼は・・・プロレスラー並みの体格

「何でこんなに酷いのですか・・無理はしていない心算なんですが」
「向こうでチャンピオンが、Iさんには勝てませんと言ってますよ」

「いやいや私は仮にも働いています」    
前日から動けず休んでいるらしいのだが・・・・
「Iさんが具合の悪くなる時って、何かストレスの有った時ですよね」

実際Iさんは長男が浪人を決めた日、お嬢さんの留学が伸びた時に発病

横の現チャンピオンもトラウマの為、少しのストレスで全身の症状が出る
e0097212_10543757.jpg

そして真面目に頑固で、自分の決めた治療以外受けたく無い様で

熱さや痛い治療は好みに合わない・・そこで脊柱の安定と消炎を目標に

胸部の固定ベルトを奨めるが“格好が悪い”・・今は休業中なのだが・・・

せめて次回の管理部との話し合いは爪を隠し、賢くこなして欲しい
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-03-18 10:57 | 整形の治療 | Comments(0)

激しい嘔気と不安感・・・生きてさえ居れば

e0097212_20029.jpg

突然、腹痛と激しい吐き気、不安感を訴えて・・・会話が成立しなかった事が有った。

具合を見ても・・・別段、何処か悪い訳でもなく、只、原因不明の恐怖と強い嘔気。

将来に対する言い知れぬ不安感やトラウマで、恐怖の連鎖からだろう。

「大丈夫ですよ。一寸治療してみましょう・・・。」
「ゲーゲー・・ゲーゲーゲー・・・ア~~! !」

ゲーゲーと治療をする事も出来ず、話も耳に入らない様子。
e0097212_21446.jpg

特に悪い訳でもなく、治療が出来ない状態で・・・・

困りはしたが、緊張感の無くなった私は、ふと・・あえて、放屁をした・・ブゥゥー

一瞬、患者の目に怪訝そうな光と、一瞬“ゲ~ゲ~” 音が止まるのを見た。

続いてもう1~2回大きな音で放屁・・・・“まさか”の意外性に驚いた患者は笑いだした。

「アア!!・・やっと止まりましたね。」
「??・・・?」

「ほら、気持ちの悪さは減ったでしょう。」
「あ!!・本当だ・・大分楽に成った。」

吐き気が治まり掛かり、安心したのか・・笑ってる。
「恐怖も減ってるでしょう。」
「大分減っています。」

元々、何の根拠も無い不安感と嘔気・・・・。

気持ちが切り替われば、別に如何と言う事は無い。

「不可能な事を一杯、抱え込んで、心配すれば誰でも不安に為ります。」
「何があんなに不安に為ったんでしょうか・・解りません。」
e0097212_252481.jpg

「何年間も寝ていて、仕事も出来ず、将来の設計も無く、治療する体力も少ない。
誰だって不安が有って当たり前。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「では、その逆を遡れば良いでしょう。」
「?・・??」

「具合が悪く寝て居て、体力が落ちた・・・・なら、先ず体力を付けましょう。」
「はい」

「鍼治療で随分良くなりました、運動も少し出来るでしょう。」
「出来ます。」

「急がず、出来る事から1つずつ解決するしかないでしょう。」
「ハイ、もう急ぎません。先ず働ける体力を付けます。」

先が見えて、1歩づつ進む事が出来れば、不安感は減る。

急ぐ事は無い。2~3年など、人生にとっては1瞬だ。

どんなに辛い事でも、生きてさえ居れば・・・

“ああ!!良かった”と思える日は必ずやってくる。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-03-11 02:06 | 内科の治療 | Comments(0)

目がインクを垂らした様に真っ赤に 

「め・目・・目が、出血しました。真っ赤になって」
「大丈夫ですよ。・・・治りますから。」
e0097212_034481.jpg

確かに白目の部分がインクを垂らした様に真っ赤に為っている。

私も以前発症した事があり、びっくりするが・・お灸で直ぐ治る。

「眼科で目薬をもらいましたが・・・・治りません。」
「眼科は目薬ですが、ハリは良く治りますよ。」

「以前ご主人の時も直ぐ治ったでしょう。」
「ハイあの時は、ハリに来て半日程ですっかり良くなり・・・それで今も来ました。」

「では、ココとココにお灸をしますから・・・一寸我慢してね。」
「治るなら頑張ります。」

「案外お灸は強いですね。」
「ハイ、私はハリよりお灸の方が好きです。」
e0097212_0444342.jpg

「普通の人と逆ですけれど・・・今回は良かったですね。」
「普通の人とは違うんですか?」

「それぞれ・・人には好みが有りますからね。」
「そうなんですよね。主人はハリが良いって言いますが・・・・」

そうこう言ってる間に治療は終わり、後日ご主人から
「ヤッパリ凄いです。・・・あんなに真っ赤だったのに朝にはすっきりしてましたね~~。」
「治って良かったですね~。」

結膜下出血の原因は色々有りますが、現時点では

お灸で、全ての患者さんが翌朝には治っています。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-03-04 00:44 | 眼科の治療 | Comments(0)