おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


不安神経症 NO、2・・・生きる気力

職場復帰に向けて不安感の為すぐパニック痙攣を発生してしまうHさん
e0097212_1294853.jpg

毎日不安感と背中の痛みと戦いながら・・・

今までの仕打ちを考えると、周囲の出来事に対し如何しても被害意識も出て

本来なら1番自分を守ってくれる筈の両親にも気を許す事も出来ず

自分の心が作る不安で、ガンジ搦めに成ってしまい、身動きが取れない

強い不安の中では再起に向け少しずつ体力を付ける気力も失せ

私の微量な忠告も攻撃と感じられるのだろう
e0097212_1321617.jpg

「生きているのが辛い・・・何も出来ず・・考える事も出来ない」
「とにかく怖くって・・不安で・・・・」

「何が怖いの?」
「目の前が真っ暗で、大きな穴が開いてるようで・・・」

「穴の中には何がありますか」
「危険な岩ばかり・・で・・・すぐ崩れそうで」

「貴女への過去の仕打ちに対する恐怖ですかね」
「は・い・・・次回の不毛な話し合いの恐怖かも・・」

「主治医とそりが合わなければ・・・彼を薬箱と考えて」
「ハハハ・・・・面白いです」

「雇用者はジャガイモが騒いでるって風に見たら」
「顔を見ただけで、首が引きつって想像は勿論・・話も出来ない」

「では貴女は話さず、代理で話してくれる人と出向いたら」
「それも難しいです・・・が、先生の話を聞いたら・・・何か簡単な事の様に思えてきた」

彼女の辛い戦いは続き・・・約束の体力作りをする元気も無い・・・
e0097212_136830.jpg

生きる気力を保つ為には、体力が必要で、運動が自律神経を整え病気を解放へ導くのだが
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-06-24 01:36 | 精神科の病気 | Comments(0)

不安神経症・・・不安感で腹痛と嘔吐

e0097212_1841716.gif

職場復帰に向けて不安感の為すぐパニック痙攣を発生してしまうHさん

毎日不安感と背中の痛みと戦いながら・・・
「人生はバトルだ~~。」の掛け声の下

来週は雇用者側との話し合いの日が遣ってくる

公務員は、休暇療養を理由に未だ解雇はされないだろう・・・しかし・・・

嫌な出来事には違いない・・・・背中はストレスで板の様にバンバンだ

「右の背中が・・・・痛いズキズキと引きつる様で」
「この辺ですか?」

訊ねる間も無く
「ゲ~~~ゲ・ゲ・・ゲ~~~・・・ウ・ウウ・・・ゲ~~・・・・き・気持ちが悪い」
「気持ちが悪いのはお腹ですか?」
e0097212_2042627.jpg

ほとんど言葉にも成らず背中を丸め苦しみだす
「すぐ楽になりますからね」

吐き気減らす鍼の治療をして・・・・・
「吐き気が治ったら・・今度はお腹が痛くなってきた」

吐き気が治まりしばらくした後・・今度は激しい腹痛で転げ回る
「いたい~~・・き・救急車呼んで~~~~」
「ハイ・・すぐ治るからね・・・・ちょっと我慢してね 」

あちこち針をしては、様子を見・・・少しずつ治まって来た様で・・静かになる
「如何かな?」
「まだこの辺が痛い」

「では此処に鍼をして・・お~い!!・・鍼を動かしてくれ」
息子を呼びながら・・・指示をする
「1分間に200回以上動かしてね」

「ようやく・・治りました」
「良かったですね・・・・やはり精神の問題は恐ろしいでしょう」

「心の問題ですか?」
「嫌な事があって・・血管を閉じる神経が働き“凝り”が出来る」
e0097212_2095212.jpg

「はい」
「コリが横隔神経を圧迫して吐き気が出る」

「そうですね・・・・」
「コリを取っても直ぐ次のコリは出てくる・・・・お腹も痛かったでしょう」

「精神的なコリは勝手に直ぐ復活して来ますからね」
「やはり怖いです・・・心当たり・・有ります」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-06-16 20:10 | 内科の治療 | Comments(0)

股関節炎で坐骨神経痛


「Sさんの紹介で・・同じ股関節炎ですが」
触診や足を動かして見ても関節は特にズレてない
e0097212_0111116.jpg

写真を撮って診てもらったとの事だが・・・

「大抵は上の後ろへ外れ易いですが・・写真では如何でした?」
「子供の時、脱臼しましたかって」

「股関節炎で坐骨神経痛はよく出ます・・でも此れは・・・」
「手術する程では無いそうです」

「今は随分手術も進歩していますが、必要ないですね」
可能性の有る方へ関節を動かして診るが、やはり大丈夫だ 

「腰が大分凝ってますから・・・腰のせいでしょう」
「腰からですか?」

脊柱間狭窄として治療を進める
e0097212_0165887.jpg

「可也、良くなって来ました・・・腰だったのですね」
「仕事は随分大変そうですから、凝りで神経を圧迫して発生したのでは」

「こんなに凝っていては頭痛や目眩など何が起きても変では有りませんね」
「2~3回でこんなに楽になりましたし今度は、他を治してください」

病気に成らない為の治療なら何時でも大歓迎ですよ。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-06-10 00:17 | 整形の治療 | Comments(0)