おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


手が腫れて開かない


「腕が痛くって手首が腫れて開き難いのですが・・・」
「肩と背中が凄く凝ってますね・・・嫌~~な事有りましたか?」
e0097212_23292750.jpg

「毎日です・・・変な患者も多いですし、きつい事を言われます」
「嫌な事が有るとつい手を強く握ったりしますしね」

「顎にも力が入って、肩も凝ります・・・頭痛も当然しますね」
「そうなんです・・・大変です」

「何で左が酷いのでしょう?」
「心臓もあって血流の為でしょうかね」

「心臓?」
「左回りの法則ですよ」

「何が左回りなのです?」
「生き物全てですよ・・・地球と月や遺伝子など皆、左回りでしょう」
e0097212_00358.gif

「関係有りますか?」
「受精した時の赤ちゃんは心臓は中心に在ります」

「そうなのですか?」
「成長と共に段々・・・血流に従って左に移ります」

「全てを構成している電子と電子核が左回りでしょ・・・それで、みな左周りに」
「それで左が凝るのですか?」

「そう・・右が痛くっても、左の凝で首が左に引かれて、右が痛くなる」
「へ~~そうか」

「手の腫れもここが原因ですね」
「あ!!・・治りました手も開きます」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-07-29 00:01 | 整形の治療 | Comments(0)

ヘルニア手術?・・・・症状は無いが念のため

e0097212_174217.gif

近所のお父さん・・転倒してから足が痛み、動かない。

近所の整形へ受診・・・ブロック・・・不変、

紹介状で公立病院へ行くも原因不明・・またまた硬膜外ブロック・・不変

今回も散々色んな治療を受けた後、ようやく・・鍼治療へ

「足が動かん」
「腰の打撲でよく発生しますよ」

当院には何の器具も無いが、最初から改善は有った

3~4診目の治療の後・・・足はほぼ動く様に成る・・・が

「紹介された病院で“どうせ何時か手術した方が良いでしょう”と言ったので」
「いや・・・もうほぼ治ってるでしょう」
e0097212_1125034.jpg

決意も固く・・だが・・治って来ているのに何処を切るのか?

最近、整形外科学会でも腰痛の殆どの現因は不明でヘルニアとの因果関係は少ないことを認めている

当院の治療で変化が無いのなら兎も角・・・確実に治って来ている

紹介先の検査時に打撲での症状である事を言ってあるのだろうか?

安静が必要な症状で・・なぜ経過も診ず手術が選択されるのか?

悪くも無い箇所を今、切り取って・・本当に悪い時は何処を切るのか
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-07-22 01:13 | 整形の治療 | Comments(0)

歯痛・歯肉炎・三叉神経痛の治療

歯痛のハリ治療は案外簡単で、ごく一般的なものだが
e0097212_21542767.jpg

最近、数ヶ所の歯科を何ヶ月も回り,アチコチの歯を削っても変化無く

ワラにすがる思いでハリを尋ねる方が急に増えている

私は“ワラ”で良いのですが・・・早く針をすれば楽に成れたはず

案外、歯痛は歯医者と思い込んでいる人は多いが・・・実際は

ハリ治療の方が、ずっと優位にあり・・・痛い時、歯科は何もしないことが多い

触ると、より痛みが増強する事が多いからだが・・・・同様の患者が今月半ばでもう4人

「半年前から歯科へ行っていますが・・・痛みが初期より増えてきています」
「歯根は膿んでませんね・・・歯科を変えてみましたか?」

「歯医者は4軒目です・・・もう殆どの歯を削り変化が無いので、後は歯を抜くしかないって」
「そんな・・むちゃな・・・悪い歯を特定出来なければ、三叉神経を考えます」
e0097212_21575622.jpg

「でも、4軒の歯科で見てもらい、もう見るところは無いのですが」
「歯の痛みは脳神経の5番目の三叉神経が原因です。」

「歯では無いのですか?」
「その証拠に、頭や鼻、顎が痛む事は有りませんか?」

「鼻が悪いですから・・・」
「鼻も三叉神経領域ですから関係が有ります。」

と言いつつ・・・治療は終わり
「あ~~痛くない!!・・・今まで何ヶ月もの歯科での治療は何だったの?」
「肩こりで、三叉神経を圧迫しただけですね」

「今度からは免疫を上げ病気に成らない為のハリをしていきましょう」
「そう出来るのですか?」
「それが、ハリ治療の本当の目的です」
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-07-14 21:59 | 歯科の治療 | Comments(0)

不安神経症 NO、4・・・突然・・経過良好

e0097212_16302255.jpg

“眺むる物も有るものを・・・虚しき枝に鶯の鳴く”

「私が高校休学中のとき何度も引いた御神籤ですけど」
「それが何か?・・・」

「貴女は今、復帰に向けて目一杯頑張って悩んでいる」
「そうなん・・」

「そして、貴女に辛い思いをさせた人への恨みで一杯です」
「当然です・・忘れられる訳が有りません」

「でも見返す為の体力作りもしていないでしょう」
「体が酷くって出来ない」

「雇用者や主治医と会って・・・“其の内に解雇”との話の後、酷く成ったのでは?」
「そうなんだけど・・・・」

「貴女の体の酷いのは心の問題」
「解っています・・けど・・」

「貴女ほどの実力なら何処の病院へ行っても平気でしょう」
「ハイ・・もっと楽です」

「では其処に、こだわる必要も無いでしょう」
「でも悔しいし・・・年金や・・・」

「今の状態での復帰の目途は?・・体力は持つの?」
「駄目です」

「復讐するにも、体力は要ります」
「呪ってやる~~」
e0097212_16351947.jpg

「呪う体力は有るの?何日も何時間も願を掛けるのですよ」
「悔しい~~~!!」

「呪うより、貴女が幸せに成る方が私は嬉しいですよ」
「でも、今の体力で復帰は出来ない」

「何かをする日迄、体力を付けましょうって言っても、何もしなかったからですね」
「気にしていなかった」

「体力が付いて、落ち着いたら、他所へ行ってみたら?」
「そうかも知れない・・未だ日は有るし」

次回の治療で突然良くなって来た
「随分良くなりましたね」
「今の仕事でなくても良いって、考えたら楽に成って来た」

「“棄ててこそ、得るものも有る”・・・見つけたね」
「はい」
e0097212_17291335.jpg

未だ悔しさは有るだろう・・・又“死にたい”とか言い出すかも知れない

でも、前向きの生き方を選んで貰えた事は最も嬉しい
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-07-06 17:30 | 精神科の病気 | Comments(0)

不安神経症 NO、3・・・やってくる

e0097212_8444620.jpg

いよいよ明日は嫌な受診日がやってくる

雇用者や嫌な主治医との辛い話し合いは、生きる気力も奪う

受信日の数日前から食事は取れず、目眩、嘔気、下痢や痛みが激しくなり・・・・

「そんなに酷ければ主治医を変更したら?」
「休業の為の診断書の問題もあるし・・・・」

生きる気力を保つ為には、体力が必要で・・・・、

運動が自律神経を鍛え病気を解放へ導く筈だが・・・

再起に向け少しずつ体力を付ける筈の気力は失せ

不安の中では、私の忠告も攻撃と感じるらしい
e0097212_847556.jpg

不安感で、コリを何度取ってもすぐ復活してしまい

「取り合えず首の負担を減らして腕の痛みを取りましょう」
ポリネックの代わりに手で頭を支えてみる・・・・柱並にもう・・カチカチだ

こんなに直ぐ凝ってしまっては、辛いのは納得できる
「腕の痛みは受信日の不安から来ているのでしょ?」

「違う・・・・腕が痛いの~~~」
一度不安のスイッチが入ればもう・・私の言葉も聞こえてはいない

今夜はきっと不安で寝れないのだろうな・・・・・

明日からも暫くは、鍼治療も又大変になるのだろう
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2012-07-01 08:48 | 精神科の病気 | Comments(0)