人気ブログランキング |

おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2020年 10月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
症状は概ね治っていますの..
by pcsoukoukai2 at 11:09
MRI画像診断では、どち..
by おたんこナース at 22:47
舌痛症になって10年 大..
by ゆったん at 18:17
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

危険な高血圧

2006年11月4日 
危険な高血圧_e0097212_17143659.jpg
10年も前だったろうか? いつも来ているTさんのお父さんだ。私の家族が、以前に車で接触し、(本来なら名前顔写真入りのところですが、弱い私は、脅しに屈しました。)・・・怪我をさせてしまいまして、・・治療させてもらって以来だ。・・・(その節は、申し訳御座いませんでした。)

「今日はどうされましたか?」
「フラフラと目眩が、して・・・右の手と足が痺れるんですけど。」

「さっき病院に行って来たら脳梗塞だから、すぐ入院しろと言われて。」
「でも、準備が有るからと言って、帰ってきました。どうしましょうか?」

「チョット横になってね。血圧を測ってみましょう。」
シャカシャカ・・・シュ~(血圧計の音)・・・・〔260-158〕

「あれ?チョット緊張してるかな?もう一度。」
シャカシャカ・・・やっぱり 〔256-165〕 凄く危険だ。・・・これ位の血圧では半年以内に必ず、半数の人は循環器障害を起こす。・・・困った何処までやれるか・・・? どちらにしても危険だ。
危険な高血圧_e0097212_1715580.jpg
血圧は、すぐ下がるだろう。急激な血圧の変動は『鍼』の方が、薬より効果は出る。

「じゃ、チョット横になってね。すぐ楽になるから。」
鍼を見せないように・・・

「針は久しぶりですね~。チョット我慢してね。・・・・」
酷い時は、割りときつい治療でも我慢できるものだ。

「今度は服を取ってうつ伏せでね。」
肩背部にも治療・・・・

「上を向いてね。」
指を触ってみる、だいぶ暖かくなった。もう一度、血圧を・・〔165-86〕
よし、これで・・・刺絡。・・・・準備。準備。・・・

「チクッとするよ。・・・チョット我慢してね。」
汚い血液だ。よく出るこれなら大丈夫か?

「ハイ、もう大丈夫。起きてみて具合は如何ですか?」
「なんかスッキリしている。痺れも無い。」

「じゃもう一度誰かに、乗せて行ってもらって、検査をしてきて。」
「はい。」
家族に電話・・・

数日後、梗塞の痕跡は有るものの症状は無く、無事退院との報告を受ける。・・・本当に良かった。
危険な高血圧_e0097212_17161329.jpg
しかしその後が良くない。養生の方法を間違えた。ひたすら薬に頼ったのだ。近所の内科で、血液検査もしていた。だが、検査結果を読んでいなかったのだ。・・・

スタチン剤は、横紋筋を融解するのだ。その為か?最近は〔筋繊維痛症=筋肉が溶けて体中が痛くなる病気〕や〔腎不全〕が大変多い。腎臓も筋肉だ。・・・コレステロールを溶かす位だから、・・・・当然か?

“スタチン剤”単独でも国内の年商は1000億円・・・大きい。コレステロールの服用基準を下げようと言う話は前からあるが、未だ反対が多く実現していない。

女性では“280”までは不要。男性でも“260”位の方が長生きをする。コレステロールが余り低すぎると、ボケや怪我が多くなる。LDLと HDLのバランスが取れていれば、余り神経質になる事は無い。

数年後、娘さんから『腎不全』との事で相談を受けた。・・・・

・・・次の日
「検査の表があったら見せてもらえますか?」
「コレです。」
あ~。なんと言う事だ。・・・何年も前から血液検査では、『ミオグロブリン【筋肉が分解された時に、出る酵素】』が大量に出ているのだ。・・・・・・何のための検査だったのか?

「病院を変えてみたら?」
「そうします。娘の勤めている、病院へ行きます。」
多くの科が在る、割と大きい病院。しかし事態は、もっと悪く・・・・・

しばらくして、また相談を受けた。
「お父さんの具合が悪そうで・・・・気持ち悪いとか、食べれないとか・・・・」
「貰っている薬を見せてもらえますか?」
「コレですか。気持ちの悪くなるのは仕方が無いですが・・・変な薬がありますね~。先生に言って下さい。」

病院にて・・・・・
「先生。内の主人は、メバロチンで『腎不全』になったんですよ。“この薬だけは、止めて下さい。”と言って、先生の方に来た筈でしょう。どうしてなんですか?」

「すみませんでした。」
言い訳等は必要ない。・・・・患者はどうなるのだ。
危険な高血圧_e0097212_17341633.jpg
「あんまりです。」
「じゃ~こうしましょう。薬を止めて、透析に・・・・」
娘が勤めていて、これ以上の揉め事は、無かったが・・・・・こんな事で良いのだろうか?

最初に通院していた医院では、今もスタチン剤の被害者が出ている。

私はこんな仕事だから、どうしても“記事が重くなる”のは仕方が無いと、思うようになって来た。・・・だがやっぱり、・・・・やりきれない気持ちで一杯だった。

by pcsoukoukai2 | 2006-11-09 17:17 | 脳外の治療 | Comments(1)
Commented by pchikaru at 2006-11-10 23:55
私もお薬は飲まないようにしてます。1年に1回か2回
花粉症のひどいときに鼻炎の薬を飲みます
仕事上、話が出来なくなるのです。昔捻挫したところが
たまに痛くなるんですが、又痛くなってきてます。
それと慢性肩こりひどいんです。パソコンをさわってることが
多いので仕方ないかなと思ってますが、ひどい状態です(^^;;
<< 全てを忘れて収穫の喜びの踊りを踊る。 波間に漂うがごとく、世界の全て... >>