おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

“ハリ”は “痛み止め”では有りません!


私たちの体は全身で一人です。

顔だけが年を経ることも無ければ、顔が自分で腰が父、足が母の体なんて事は在りません。私たちが日頃、間違った体の使い方をしてきた為に、起きた体の歪みや捻れを正す事により、病気は自然に治っていきます。

自分の命を削って家を建て、ひたすら子育てに精を出し、年老いた私達には何が残りますか?あとは疲れきった体と、病気と、死・・・?

財産を残しても、本当に感謝はしてもらえますか?身体の疲れを取り健康になるのは、よく働いてきた自分への(当然のごほうび)です。生きている間は元気に楽しみたいものです。
e0097212_036373.jpg

現在の医学で説明出来ない事があっても良いのでは?

触診して判るような骨格のゆがみが写真に写ることは、まず有りませんし、MR、やミエログラフィー血液検査でも分らない事はたくさん在ります。PETCTでも分らない癌も在ります。ではなんとも無いの?脳梗塞や心筋梗塞の前日は、病気では無いの???検査でなんとも無くっても病気といった事はいくらでも有ります。

糖尿患者の薬の量を決めるのに経験豊富な医師なら、老人が薬の排泄能力の落ちていることを良く知っています。薬が体に残り強く作用すれば、低血糖になり麻痺が出たり、死ぬ事だって有ります。老人が不必要な薬の中止で元気になる等、よくある話だと思います。
e0097212_043298.jpg
 
西洋医学では病名が決まらなければ治療はしません。

写真など検査が優先です。例えば胸の痛みがあったとします。肋間神経痛や胸膜炎、消化器疾患など可能性は多様ですが、発作中でも無ければ心筋梗塞でも心電図には異常が出にくいものです。

梗塞を疑えば壊死を起こした心筋の『酵素』を調べますが、血液検査で出るのは、早くて七~九時間後になり、間に合わないかもしれません。

カテーテルを使えば確実ですが専門医が必要なうえ、血管を傷つけて別の梗塞を起こす可能性もあり大変つらい検査です。

ニトロールを使うのは簡単で分かり易いのですが、低血圧ではもっと危険な状態になりますし、心筋梗塞ではあまり効果も期待できません。

診断がつかない時期では最近ようやく保険使用が認められた血栓溶解剤のt-PAも脳出血等のリスクが有りそしてステントや風船での拡張も、技術的問題のため使用は難しいものです。
e0097212_0494510.jpg

ハリは診断即治療です

「はり治療」は重症でなければ、血圧に関係なく即対応でき試す価値は十分あります。慢性期の高血圧では長期の治療が必要ですが、突然の血圧の変動なら薬物よりも鍼治療の方がはるかに優位です。

250―160くらいの血圧が一回の治療で160―80まで下がったり、止まったり動いたりしている脈が、その場で正常に戻ったり、といった症例等も幾度も経験しており、針治療がもっと理解され東西医学の融合が出来ればと思います。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-12-27 00:54 | 病気とは | Comments(0)
<< 関節痛の治療と薬剤 好転反応とは? >>