おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?


日々是好日
by pcsoukoukai2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
忙しくてなかなか行けない..
by pckosugi at 06:35
有難う御座います。優秀な..
by pcsoukoukai2 at 00:00
よく理解してもらい有難う..
by pcsoukoukai2 at 23:51
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

関節痛の治療と薬剤


 
1. 関節内注入薬  (A)ヒアルロン酸ナトリウム (B)ステロイド剤

2. 抗炎症薬  (A)ステロイド製剤 (B)非ステロイド性消炎鎮痛剤

 

関節内注入薬 
(A)ヒアルロン酸ナトリウム



効果

変形性膝関節症および肩関節周囲炎、関節リウマチ(※)に対して関節腔または粘液包、腱鞘内に1回2.5ml、5週間にわたり5回ほど注入します。

この注入により3分の2ほどの患者さんの痛みが軽減することが知られています。基礎的な研究では、ヒアルロン酸の注入により関節の動きが滑らかとなるために関節の動きが大きくなり、関節軟骨がよりよくなっていくことが分かっています。

(※) ヒアルロン酸ナトリウムには、いくつかの種類があります。関節リウマチに対しては、そのうち一種類のヒアルロン酸ナトリウムが使用されます。


副作用

時には体質的に合わないためのショックを起こすことがあります。その他、肝障害を生じることもありますが、最も注意しなければならない副作用としては化膿性関節炎の発症があげられます。

これは皮膚をいくらきれいに消毒して注入しても、皮下の毛根などの窪みに細菌が存在していれば、それを関節内に持ち込むために生じるものです。注射後に強い腫れ、痛みを生じないかに注意することが大切といえます。



関節内注入薬 
(B)ステロイド剤

(一般名:トリアムシノロンアセトニド、リン酸ベタメタゾンナトリウム、酢酸コルチゾン、リン酸デキサメタゾンナトリウム)


効果

内服薬で改善しない関節炎に対してステロイド剤を注入しますと劇的に症状がよくなることもあります。注入の頻度は2~4週に1回で、関節の大きさに応じて投与量を変えて、プレドニン量として1回に5~40mgを注射します。


副作 用

頻回に注射をしますとステロイド剤そのものの副作用、例えば骨がもろくなる、皮下脂肪が増えたり満月様の顔になり、からだに抵抗力がなくなり感染しやすくなったりします。

その他、関節内に細菌が混入して化膿する、薬の効果で関節が痛みを感じなくなるために無理な膝の使用によって、軟骨や骨が壊れる、といった副作用も生じます。

この様に強い副作用のため、やむをえない場合を除いてあまり実施しないといった医師も増えてきています。




内服薬(抗炎症薬)
(A)ステロイド製剤(経口・外用)
(B)一般名:プレドニゾロン(5mg)、リン酸ベタメタゾンナトリウム(0.5mg) 、リン酸デキサメタゾンナトリウム(0.75mg)
※( )内の数値は同じ効果を示す量


効果

炎症を強く抑える薬で、約50年前にステロイド剤の効果を発見した医師はノーベル賞を受賞し、地球上から関節リウマチが消え去ってしまうのではないかと期待したこともある抗炎症薬です。関節リウマチに血管炎や内臓病変を伴う場合、発熱・激しい多関節炎などを伴う場合などではステロイド剤を用いることになっています。また、関節リウマチに対して非ステロイド性抗炎症剤のみでは関節炎が治まらず、仕事に出たり、家事や趣味に力を入れるのに困るといった場合に使われます。

投与量は1日2~3mgから10~20mgまでと様々ですが、関節リウマチ以外の膠原病では、1日30mg程度使われること、関節リウマチにもパルス療法といってプレドゾロニンを1日1g、数日間点滴静脈注射されることもあります。変形性関節症にはステロイド剤が全身的に投与されることはありません。

 
副作用

ステロイド剤を関節リウマチに投与して劇的な改善効果を見出し、ノーベル賞を受賞した医師が「もう私のところにステロイド剤をもらいに来ないで欲しい」と叫んだのは副作用の、あまりの強さ、多さによります。

健常な人の体でも副腎という臓器でプレドニゾロン量として1日に5mg程度のステロイドを分泌していますので、薬としてステロイド剤を内服し続けますと副腎は出番がなくなり仕事をしなくなります。

これを副腎機能不全といいますが、この場合にはショックに対して体が脆くなり容易にめまいを生じたり、低血圧になったりします。細菌に対する抵抗力も低下し感染症にかかりやすくなりますが、その傾向はステロイド剤の使用期間が長くなるほど大きくなります。

その他、胃・十二指腸潰瘍、骨粗鬆症、糖尿病にかかりやすくなり、時には精神症状が出現したりします。したがって、医師はステロイド剤を処方する際に少量を短期間にと努力しますが、

どうしても炎症が強い場合は長く処方しがちとなることを十分にご理解のうえ、ご自分でも減らす努力を十分してください。




(C)非ステロイド性消炎鎮痛薬(経口・外用)
一般名:アスピリン、メフェナム酸、イブプロフェン、ナプロキセン、チアプロフェン、インドメタシン、ジクロフェナクナトリウム、ロキソプロフェンナトリウム、スリンダク、ピロキシカム


効果

痛み止めの薬のうち麻薬や麻薬に似た薬、麻酔剤以外の鎮痛薬のことをいいます。上に記述した10品目の成分はごく一部を示しているだけで、この数倍の種類の非ステロイド剤があります。

製品名についてはおのおのの種類の薬の数に10倍、20倍した数があります。いずれもステロイド剤と同等かやや劣る痛み止めの作用に加えて腫れや赤みを抑えるといった炎症止めの作用を持っていますが、効果の点でステロイド剤ほどではないことから非ステロイド性抗炎症剤、非ス剤などといわれています。

かつて多くの製品を化学構造式で分類していましたが、使い勝手の面から、作用時間の長さからの分類、経口・外用など投与方法の違いからの分類などが行なわれています。

1回投与するすると血液中に1日間以上残って作用する長時間作用型の非ステロイド剤として、テノキシカム、オキサプロジン、ピロキシカムなどがあり、半日~1日間血液中に残っている中間型の薬としてフェンブフェン、ナプロキセン、ジフルニサルなどがあります。

非ステロイド剤を投与しているうちに変形性膝関節症や肩関節周囲炎の症状がよくなったと思わせることもありますが、多くの場合は一時的に炎症や痛みを除いて生活しやすいように助けることを目的として処方されるものです。

従って、年余にわたって非ステロイド剤を処方されている場合、内服量を減らす努力、ほかに根本的に治す方法があればその方法に変える勇気などを持つ必要があります。
 
副 作 用

ステロイド剤ほど重篤な副作用はでませんが、処方された患者さんの10~15%に胃炎・胃潰瘍などの消化管症状が出現します。腎障害も起きやすく、とくに長期間使用した後に高齢となった場合に腎機能低下の発症が危惧されます.

出血傾向やアスピリン喘息も生じやすく、ワルファリン内服患者さんでは出血時間が延長します。その他、肝障害・腎障害・貧血なども生じやすく、貧血の原因として消化管出血のほか造血臓器障害も認められます。

各薬剤別の特徴的な副作用としては、アスピリンの耳鳴り・難聴、インダシンのふらつき感・頭痛、イブプロフェン・スリンタグの髄膜刺激症状などがあげられます。

これらの副作用が出現した場合は、薬を一時中断して、よく調べ直して薬を少量から再投与するか経口剤でもほかの種類のものに切り替え、外用剤を用いたりします。
[PR]

by pcsoukoukai2 | 2007-12-27 01:01 | 病気とは | Comments(0)
<< -膝痛の予防に- “ハリ”は “痛み止め”では有... >>