人気ブログランキング |

おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2020年 10月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
症状は概ね治っていますの..
by pcsoukoukai2 at 11:09
MRI画像診断では、どち..
by おたんこナース at 22:47
舌痛症になって10年 大..
by ゆったん at 18:17
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

カテゴリ:婦人科の治療( 23 )


内膜症?・・癌? NO,2

内膜症?・・癌? NO,2_e0097212_18402477.jpg

「ウン、白髪もちょっと減ってきたような、気がする。」
これで段々収まって欲しい。

閉経になってしまえば症状は無くなるだろうか?・・其れまで体が持つだろうか?

「ハイ、上を向いて。今はどう?」
「まだ頭も痛いし、歯と咽が・・・」
やっぱり他の人よりはひどいかな・・・

「先のことを心配し過ぎますが、心の問題も大きいですよ」
「でも・・・」
心配やストレスは、必ず免疫を落とし、ホルモンのバランスを崩し何回内膜症の手術をしても同じかも・・・

「ハイ今度は?」

「あとお腹が・・・」

内膜症の異常細胞は増殖すると中に、血管や神経を作り、脳とも結びついてしまうから、痛みも酷い。

一個の器官のようになってしまう。ひどいものは、手や足にまで、異常細胞は出てくる。嫌な病気だ。

by pcsoukoukai2 | 2007-02-01 18:42 | 婦人科の治療 | Comments(0)

内膜症?・・癌? NO,1

内膜症?・・癌? NO,1_e0097212_0151291.jpg

「検査の結果は・・?」
「またお腹に水が溜まっていて・・・・」
もう4回も手術を受けているが、果果しくない。腹膜内に異常な細胞が取りきれず、あちこち残っている。いつも癌では・・・?と心配しながら検査もしているが・・何時どうなるかは判らない。

「今回も大変だね。」
「もう4日も水をちょっと飲んだだけで・・・」
多彩な症状が出るが、特に腹痛、吐き気が強く、具合が悪くなると水も受け付けなくなる。以前は、もっと頻繁に体調を崩していた。(通常の生活はほぼ不能・・・)

「もうこれ以上、治らない手術は嫌だ。」
「・・・・・・」
かなり悪くしてからの、ハリ治療、症状を和らげるのが今のところ精一杯。いろんな薬や手術も効果は無い。しかし、最近は当院の治療時間がだいぶ減ってきている・・・良い傾向かな?

「最近は、少し食べれるようになってきたし、少し太ってきたみたい」
「そうだね。髪のつやも少し出てきたかも。」
まだ若いが薬の為か,体調のためか白髪も多く、つやも無かったが・・・

by pcsoukoukai2 | 2007-01-31 00:16 | 婦人科の治療 | Comments(0)

子宮ガン?

子宮ガン?_e0097212_14255964.gif
前回登場して頂いたパニック障害のAさんのおばあちゃん。
「足の付け根がいたくって、内科の紹介で総合病院でずーと検査しているのですが・・・」
痛そうに腰を曲げて。下腹部から陰部を押さえて・・・・

「いつから?」
「だいぶ前からなんだけど。ハリに行こうと言うと怖がって・・」
心配そうにAさん付き添いながら・・あなたも最初は、随分怖がっていましたよ。

「だいぶ検査を続けていますが、まだ良くわかりません。子宮ガンですかね?」
「じゃ、ちょっと上を向いて。」
痛いらしく、膝を曲げながら・・・・おなかを触ってみる。

「たぶん腰でしょう。子宮ガンなら、この痛みでは、触ってもわかると思いますよ。」
「えっ、腰で“こんなところ”が痛むんですか?」
こんな症例は、たくさん有るのだ。
子宮ガン?_e0097212_14181853.gif
「でも近所でも総合病院のNでも判らないと・・・」
「内科でしょう?」
内科では無理かも・・・・それに病院はまず検査をするのが仕事だ。病名が確定するまでは、何もしない。

「じゃあ、治療して見ましょう。うつ伏せが、辛ければ横向きでも、好いですよ。」
当然横向きで・・・

「ハイ、ちょっと押すね。」
マッサージをしてくれると思っているらしい・・・

「あっ、ああ、驚いた!!」
「でも、痛くなかったでしょう?」
ちょっと骨を矯正したのだ。

「これで上を向いて。もうちょっと我慢してね。」
「はい。」
足は、もう伸びていた。

「はい立って見て。」
「でも・・・」

「大丈夫、今は足を伸ばしても、痛くないでしょう。」
「本当だ。????」
恐る恐る立ってみる。・・・・
子宮ガン?_e0097212_14191918.gif
「痛くありません。」
「ほら大丈夫だったでしょう。子宮ガンじゃ無いと、思いますよ。」


「じゃなんで今まで、判らなかったんですか?」
「なんとなく判っていても?病院では病名が決まるまでは、何もしないんですよ。・・・其れに、内科でしょう。」
少し安心出来たかな?

「大丈夫だったら服を着て良いですよ。これで様子を見ましょう。」
「はい、そうします。」
その後2~3回で、例の症状は消え、酷くならない様、予防の治療に見えている。・・・・後から判ったのだが、・・幹部に直接針をするのかと思い、余計に来づらかったらしい。

折角だからと、検査の継続を勧めたが、その意思は、すでに無くなっていた。

by pcsoukoukai2 | 2006-11-23 14:28 | 婦人科の治療 | Comments(0)