人気ブログランキング |

おおはし鍼治療院  古代の医学“鍼”って何だろう?針治療?ハリ治療?

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2020年 10月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
ライフログ
検索
タグ
最新のコメント
症状は概ね治っていますの..
by pcsoukoukai2 at 11:09
MRI画像診断では、どち..
by おたんこナース at 22:47
舌痛症になって10年 大..
by ゆったん at 18:17
返事が遅れましてごめんな..
by pcsoukoukai2 at 07:09
はじめまして、舌痛症歴8..
by ゆったん at 21:29
無事、完走されたんですね..
by pcsoukoukai2 at 21:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新のトラックバック
c型肝炎肝臓癌
from 肝臓癌の末期症状
ブログからHPへのリンク
from ひかるの日記
肺がんの症状 初期症状
from 肺がんの症状 初期症状
フォロー中のブログ
その他のジャンル

タグ:針治療 ( 2 ) タグの人気記事


赤ちゃんの激しい下痢

赤ちゃんの激しい下痢_e0097212_1837875.gif20年前、私が今より“ズート未熟”な・・・・・パソコンで言えば、やっとワードとエクセルが使えるようになった位の、初心の時・・・私の子供が“激しい下痢を起こした時”の事です。

「お父さん大変。20~30分毎に水様便が出て止まらんよ。赤ちゃんが死んじゃう!!」
「そりゃ、直ぐに病院に連れて行かなきゃ。」
・・・私は動転していた。・・・・急いで小児科へ・・・・
赤ちゃんの激しい下痢_e0097212_18385470.jpg
「もう大丈夫かな?」
「うん・・どうだろう?」
しかし、いくら待っても、一向に変化は無い。

「ああ、もう3日になる。・・・・・どうしよう。・・このままじゃ大変だ。」
子育てに慣れていない“親の私”は、・・・とにかく不安だった。

「よし針をしてみよう。」
・・・自分が“鍼灸師で有る事”もすっかり・・・・・忘れていたのだ。・・

「こんなに“ひどい下痢”鍼で治るの?」
「やって見なけりゃ、判らんだろう。」
新米の鍼灸師とその妻は、赤ちゃんの服を脱がせ、・・・必死だった。・・

「抱っこしてて。・・・」
「えっ!! 刺さなくていいの?」
そう、赤ちゃんには、まず刺さない。・・・それで大抵は治っていく。刺激が強ければ、逆に熱を出したりして・・悪くする事もある。

「赤ちゃんに刺して、どうする。痛くないように擦るだけで、治るものだ。」当然と言う風に・・
しかし当然?・・・?・・・1回目の治療・・・・?

「治らんな~?・・」
・・気を取り直して・・・・どこが、悪かったんだろう?・・もう一度・・・・

「よし今度は・・・・」
赤ちゃんをよく観察。そして触ってみる。・・・・・・嫌がらない箇所が在った。
“よし、此処だ。”
「今度は、嫌がらないし、・・・どうだろう?」
またまた、痛がらないよう、丁寧に針先で、2~3分擦る。・・・・・
赤ちゃんの激しい下痢_e0097212_18421764.gif
「しばらく様子を見よう。」
30分後・・・また、下痢・・・

「ああ、駄目なのかな?」
あまりの無力さに、焦燥感がこみ上げ、我と我が身を哀れみたくなっててくるが・・・

「ひどい下痢だものね~。薬もまったく効かないし・・・・」
しかし、治療の後・・最後の1回の下痢だった。・・・ぴたりととまったのだ。・・・

「“バンザイ”・・やった。・・・効いたぞ。・・」
「ああ、良かった。」
正に“ホッ“とした。・・・・・・・

「子供が治った。本当に良かった。やっと安心して休める。」
治ったと言うより“助かった”といった感じだった。
赤ちゃんの激しい下痢_e0097212_1844133.gif
「諦めずに、“ハリを信じて”治療してよかった。」
「そうだね!だいぶ心配だったけど。・・・」

赤ちゃんの治療に全く慣れていない私に、ようやく自分が鍼灸師である事の実感が、沸いてきていたのは、だいぶ後からだった。

by pcsoukoukai2 | 2006-11-21 18:45 | 小児の治療 | Comments(0)

蕁麻疹?アトピー?

蕁麻疹?アトピー?_e0097212_21531936.jpg
もう10年も前の事、以前に立山中腹から来てくれていたHさん。
「うちの孫が、蕁麻疹で毎日注射か薬を使わないと・・・ひどいんです。」

「蕁麻疹ですか?いつ頃からですかね?」
「3年前からで、」
「何歳?」
「4歳なんです。」

「Hさん蕁麻疹は、罹って2週間位までですね。それ以上長引いているのを“アトピー”と言うんですよ。」
「えっ、本当ですかアトピーにもう、成っているんですか?」

「蕁麻疹とアトピーは同じものですよ。“長い間治らない症状”をアトピーと言っているだけです。」
「じゃ、大変ですよ。どうしたら善いんですか?」
案外みんな病名で、良い悪いを決めてしまう。・・・病名が付くと安心する・・・?

だから医者は、何でも好いから、適当に病名をつける。これが病気を治りにくくしている。
「一回診てみましょうか?」
「針で治りますか?・・・・?」
不思議そうに・・・

「やってみなければ判りませんが、でも体は本来一つの物でしょう。」
「????」

「頭が自分で、足がお母さん。なんて事は無いでしょう。」
「そうだけど・・・アトピーですよ。」
ますます解らなさそうに・・・
蕁麻疹?アトピー?_e0097212_2156934.gif
「漢方では、病名は関係ないのですよ。風邪だって初期と、こじらせてからでは別物なんです。」
「どうして?」

「大抵、初期はゾクゾクとして寒いでしょう。それから熱が出て、咳も出て、痰や鼻もでる。」
「ハイでも風邪です。」
免疫マクロファージやN K細胞が、活躍するときだ。

「初期のゾクゾクとして寒い時は、体の表面が悪い。だから汗が出ないでしょう。」
「あ~、そうですね。」
気化熱が働かないから熱が出る。・・・・「葛根湯」を飲んで、汗を出す時。・・・針も汗を出す治療をする。

「それをほっておくと、中に熱がこもる為、頭や腰も痛くなる。」
適度の体温でウイルスが増えてくる。・・・熱が高ければ「麻黄湯」  
もう、マクロファージは働けない。・・新しく獲得系の免疫を作る時。・・・・

「ばい菌が増えて、だんだん酷くなると咳、鼻、痰、と出ますね。」
そろそろ、「小青竜湯」かな・・・
「はい。」
しかし新しく抗体を作るのに2週間は、掛かる。だから長引いてくる。・・・・「小柴胡湯の証だ。」

「でもあなたは、大抵パッと熱が出て、直ぐ治るでしょう。」
「そうですが・・?」

「だから、葛根湯で良いけれど、お宅のおばあちゃんは、汗は出るが、何時もあまり熱が出ませんね。」
「はい。」

「汗を出す必要が無くなっている。だからゆっくり治す時には『桂枝湯』と、同じ風邪でも違うのです。」
ドンドン解らなくなって来た。・・・でも、私のことを信じているらしく・・・・

「先生、孫です。診てください。」
「へ~、大きくなったね。いくつ?」
「4さい。」
指でやってみせる。・・・・後ろでお母さんらしい、・・・心配そうな姿。

「チョットくすぐるよ。こちょこちょ・・・・」
「あはは・・・」
その間に服を取ってもらう。もう一度・・・
「あはは・・・」

「抱っこしててください。」
針を見せずに、軽く全身を擦る・・・よし・・上手く誤魔化せそうだ。・・・

「もう一回くすぐるよ。こちょこちょ・・・・」
背中を擦りながら、こっちを向いてもらう。

「くすぐったいかな?」
「うん。」
「もう一度・・・こちょこちょ・・・・」


「ハイおしまい。面白かった?」
「うん。」
その間約5分・・・こんなんで良いのか?といった風のお母さん。

「またおじちゃんと、遊んでくれる?」
「うん。」
次も来てくれるかも?
蕁麻疹?アトピー?_e0097212_2215516.gif
5~6診目、
「先生あれから、蕁麻疹が出ません。」
良かった。効き始めたかな?

「もう薬はいりませんか?」
「もう少し様子を見てやめましょう。」
次回は、もう止めていた。・・・それ以後、あんなに続いていた蕁麻疹?は出ていない。

by pcsoukoukai2 | 2006-11-19 22:28 | 皮膚科の治療 | Comments(0)